立方体の対角線の長さの求め方

立方体の対角線の長さは、

 

立方体の辺の長さに $\sqrt{3}$ をかける

 

と求められます。

 

立方体の対角線の長さの求め方

 

なので、例えば、辺の長さが $a$ の立方体の場合には、

 

辺の長さがaの立方体

 

対角線の長さは、

 

対角線の長さ $=$ 辺の長さ $\times\sqrt{3}$ $=a\times\sqrt{3}$ $=\sqrt{3}\, a$

 

$\therefore$ 対角線の長さ $=\sqrt{3}\, a$

 

となります。

 

辺の長さがaの立方体の対角線の長さは√3a

 

また、辺の長さが $10$ の立方体の場合には、

 

辺の長さが10の立方体

 

対角線の長さは、

 

対角線の長さ $=$ 辺の長さ $\times\sqrt{3}$ $=10\times\sqrt{3}$ $=10\sqrt{3}$

 

$\therefore$ 対角線の長さ $=10\sqrt{3}$

 

となります。

 

辺の長さが10の立方体の対角線の長さは10√3

 

このように、立方体の対角線の長さは、辺の長さに $\sqrt{3}$ をかけるだけで求められます。$\sqrt{3}$ をかけるだけなので簡単ですね!

 

立方体の対角線の長さは、辺の長さに√3をかけるだけ

 

 


スポンサーリンク




 

 

立方体の辺の長さに $\sqrt{3}$ をかけると対角線の長さになるのはなぜか?

立方体の辺の長さに $\sqrt{3}$ をかけると対角線の長さになるのはなぜでしょうか?

 

これは、三平方の定理を使って対角線の長さを求めてみると分かります。

 

次のように、辺の長さが $a$ の立方体があるとします。

 

立方体

 

この立方体に対角線 $\mathrm{AG}$ を書いてみると、

 

対角線

 

となり、立方体の中に対角線 $\mathrm{AG}$ を斜辺とする直角三角形 $\mathrm{AEG}$ ができます。

 

直角三角形AEG

 

ここで、$\mathrm{EG}$ の長さを三平方の定理を使って求めてみると、

 

$\mathrm{EG} =\sqrt{a^2+a^2} =\sqrt{2a^2} =\sqrt{2}\, a$

 

$\therefore\mathrm{EG} =\sqrt{2}\, a$ …①

 

となります。

 

辺EGの長さ

 

また、$\mathrm{AE}$ の長さは立方体の辺の長さなので、

 

$\therefore\mathrm{AE} =a$ …②

 

となります。

 

したがって、①、②より、直角三角形 $\mathrm{AEG}$ は、次のような直角三角形になります。

 

直角三角形AEG

 

この直角三角形 $\mathrm{AEG}$ の斜辺 $\mathrm{AG}$ の長さ、すなわち、立方体の対角線 $\mathrm{AG}$ の長さを三平方の定理を使って求めてみると、

 

対角線 $\mathrm{AG} =\sqrt{(\sqrt{2}\, a)^2 +a^2}$ $=\sqrt{2a^2+a^2}$ $=\sqrt{3a^2}$ $=\sqrt{3}\, a$

 

$\therefore$ 対角線 $\mathrm{AG} =\sqrt{3}\, a$ …③

 

となります。

 

立方体の対角線AGの長さは√3a

 

③式は、「辺の長さ $a$ を $\sqrt{3}$ 倍すると対角線の長さになりますよ!」ということを表わしているので、つまり、立方体の辺の長さと対角線の長さの比は常に、

 

辺の長さ:対角線の長さ $=1$:$\sqrt{3}$

 

になることになります。

 

立方体の辺の長さと対角線の長さの比は1:√3

 

なので、立方体の場合、

  • 辺の長さが $1$ の場合、対角線の長さは $1\times\sqrt{3} =\sqrt{3}$
  • 辺の長さが $2$ の場合、対角線の長さは $2\times\sqrt{3} =2\sqrt{3}$
  • 辺の長さが $3$ の場合、対角線の長さは $3\times\sqrt{3} =3\sqrt{3}$ …

となり、辺の長さがどんな長さであっても、

 

辺の長さに $\sqrt{3}$ をかけると対角線の長さ

 

になります。

 

立方体の対角線の長さの求め方のまとめ
  • 辺の長さを $\sqrt{3}$ 倍すると、対角線の長さになる
  • 対角線の長さ $=$ 辺の長さ $\times\sqrt{3}$

 

 

 

対角線の長さを求めるときに使っている三平方の定理についてもうちょっと詳しく知りたい方は、こちらの三平方の定理のページを参考にしてみてください。

 

 


スポンサーリンク



 




立方体の対角線の長さの求め方 関連ページ

図形の面積を求める公式
三角形、平行四辺形、ひし形、台形、正六角形、円、扇形、楕円などの平面図形の面積を求めるときに使う公式についてまとめています。図形の面積を求めたいときや、面積の公式を忘れてしまったときなどの参考にしてみてください。
立体の体積を求める公式
直方体、三角柱、円柱、三角錐、円錐、球、中空球、楕円体などの立体の体積を求めるときに使う公式についてまとめています。立体の体積を求めたいときや、体積の公式を忘れてしまったときなどの参考にしてみてください。
三平方の定理(ピタゴラスの定理)
三平方の定理(ピタゴラスの定理)について解説しています。三平方の定理の式(公式)、使い方、証明などについて解説していますので、三平方の定理の勉強の参考にしてみてください。
正方形の対角線の長さの求め方
正方形の対角線の長さの求め方について解説しています。正方形の対角線の長さを求めるときの参考にしてみてください。
長方形の対角線の長さの求め方
長方形の対角線の長さの求め方について解説しています。長方形の対角線の長さを求めるときの参考にしてみてください。
平行四辺形の対角線の長さの求め方
平行四辺形の対角線の長さの求め方について解説しています。平行四辺形の「辺の長さ」と「高さ」が分かっている場合、平行四辺形の「辺の長さ」と「角度」が分かっている場合について解説していますので、平行四辺形の対角線の長さを求めるときの参考にしてみてください。
ひし形の対角線の長さの求め方
ひし形の対角線の長さの求め方について解説しています。「対角線の半分の長さを求めてそれを2倍して求める方法」、「対角線を斜辺とする直角三角形を書いて三平方の定理を使って求める方法」について解説していますので、ひし形の対角線の長さを求めるときの参考にしてみてください。
直方体の対角線の長さの求め方
直方体の対角線の長さの求め方について解説しています。直方体の対角線の長さを求めるときの参考にしてみてください。