第二種電気工事士試験の概要

第二種電気工事士の試験は、昔(平成23年度より前)は年1回だけの試験でしたが、平成23年度から試験制度が変更になり、上期試験と下期試験の年2回実施されるようになりました。

 

また、平成23年度から平成29年度までは同じ年度の上期試験と下期試験の両方を受験することはできませんでしたが(どちらか一方だけ受験可)、平成30年度の試験からは同じ年度の

 

上期試験と下期試験の両方を受験できる

 

ようになりました。(平成30年度(2018年度)の試験日程については、こちらのページで確認してください。)

 

第二種電気工事士の試験は「筆記試験」と「技能試験」の二段階になっていて、まず初めに筆記試験を受験します。

 

この筆記試験に合格すると技能試験を受験することができ、筆記試験と技能試験の両方に合格すると第二種電気工事士試験に合格となります。

 

第二種電気工事士の筆記試験について

第二種電気工事士の筆記試験は四肢択一のマークシート方式(ペーパーテスト)で、各問ごとに解答が4つあり、その中から正解を選びます。
ですので、分からない問題が出題されても、とりあえずマークシートにマークしておけば

 

正解する可能性が25%あります!

 

ので、分からない問題をマークせずに解答用紙を提出することはないようにしましょう。

 

参考に、本番の試験問題は次のようになっています。

 

平成29年度上期第二種電気工事士筆記試験の問題(問1と問2)

 

これは平成29年度上期筆記試験で実際に出題された問題の問1と問2そのまんまですが、左の欄に問題、右の欄に選択する解答が(イ)(ロ)(ハ)(ニ)とあります。ですので、左の問題を解いて、右の(イ)(ロ)(ハ)(ニ)から正しい答えを選んでマークシートにマークすればいいです。

 

また、試験時間は120分(2時間)で、出題される問題数は50問です。
120分を50問で割ると2.4分なので、1問あたり2.4分(2分24秒)以内で解けばよいことになりますが、

 

筆記試験の場合は技能試験と違って試験時間はたっぷりあります!

 

ほとんどの方は1時間から1時間ちょっとで全問解答して、早めに退出していきます。
もちろん、120分フルに使っても何も問題はありませんので、分からない問題は後回しにして残った時間でじっくり考えればいいと思います。

 

筆記試験の内容としては、次のようなものが出題されます。

 

(1)電気に関する基礎理論

(2)配電理論及び配線設計

(3)電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具

(4)電気工事の施工方法

(5)一般用電気工作物の検査方法

(6)配線図

(7)一般用電気工作物の保安に関する法令

(※(一財)電気技術者試験センターのHPより抜粋)

 

項目をみると難しそうですが、試験勉強を進めていけばだんだんおぼえられますので大丈夫ですよ。

 

 


スポンサーリンク




 

 

第二種電気工事士の技能試験について

第二種電気工事士の技能試験は受験者の「技能を試す試験」なので、実際に与えられた課題(問題)を施工していきます。

 

つまり、技能試験は、鉛筆を持って問題を解く筆記試験のようなペーパーテストではなく、

 

ペンチやドライバーを持ってガシガシ作り上げていく試験です。

 

試験時間は40分で、

 

筆記試験と違って技能試験ではほとんど時間がありません!

 

この限られた試験時間が技能試験での最大のポイントになります!

 

とは言っても、技能試験の練習に時間をたっぷりかければ制限時間内にできるようになりますので、時間をかけて練習を積みましょう。

 

第二種電気工事士技能試験の合否は練習時間に大きく左右されます!

 

それでは次に、技能試験のおおよその流れについて平成29年度上期技能試験の問題(候補No.2)を参考にして説明します。

 

まず次のような「単線図」という電気の配線について書かれたものが問題用紙に記載されています。

 

平成29年度第二種電気工事士上期技能試験で出題された単線図(候補No.2)

平成29年度上期技能試験で出題された単線図(候補No.2)

 

この単線図を「複線図」というものに直します。
「複線図」とは、「単線図」を実際の配線が分かるように配線が2本のところは2本、3本のところは3本の線で書かれた次のような図で、この複線図は自分で書きます。

 

平成29年度第二種電気工事士上期技能試験で出題された単線図(候補No.2)の複線図

平成29年度上期技能試験で出題された単線図(候補No.2)の複線図

 

複線図を書くための用紙はもらえないので、問題用紙のすみっこの余白に書くことになります。

 

この複線図を間違えてしまうと、できあがる物も違うものになってしまいますので、正確に書けるようになるまで練習する必要があります。

 

複線図を書いたら、次は施工(実際に課題を製作するという意味)です。

 

施工するための材料(ケーブルや器具など)は試験開始前に与えられるので、その材料と自分で用意した工具を使って、自分で書いた複線図を見ながら課題を作っていきます。

 

それで、制限時間(40分)以内に作り上げれば完成となります。

 

技能試験って大変そうだなぁ、

 

と思うかもしれませんが、

 

技能試験は筆記試験と違って、体でおぼえていく

 

ものなので、練習すれば自然に体(手)が動くようになります。

 

技能試験の対策はとにかく練習を積むことですので、筆記試験が終わったらすぐに技能試験の練習にとりかかることをおすすめします。

 

※筆記試験が終わったら自己採点できるように、問題用紙の選択肢にチェックを入れておくなどして自分が選んだ答えを分かるようにしておきましょう。

 

本ページに掲載の問題および単線図は、(一財)電気技術者試験センターが作成した第二種電気工事士試験の問題および単線図です。

 

 

 

第二種電気工事士全般については第二種電気工事士(総合)、筆記試験対策については第二種電気工事士(筆記試験対策)、技能試験対策については第二種電気工事士(技能試験対策)の各ページを参考にしてみてください。

 

 


スポンサーリンク



 




第二種電気工事士試験の概要 関連ページ

電気工事士とは?
電気工事士の資格と電気工事士として従事できる工事の範囲などについて説明しています。一般用電気工作物や自家用電気工作物の工事をするためには、「電気工事士」という国家資格を持っていなければ従事できません。
平成30年度試験日程
第一種電気工事士試験および第二種電気工事士試験の平成30年度(2018年度)の試験日程です。試験実施方法の変更により、第二種電気工事士試験は平成30年度(2018年度)の試験から上期試験と下期試験の両方を受験できるようになりましたので、受験する方は注意しましょう!
平成29年度試験日程
第一種電気工事士試験および第二種電気工事士試験の平成29年度(2017年度)の試験日程です。平成27年度(2015年度)より第二種電気工事士試験の受験申込受付期間が上期試験と下期試験で別になっていますので、受験する方は気を付けましょう!
受験者数と合格率推移
第二種電気工事士の受験申込者数の推移と、筆記試験、技能試験の合格率についてまとめてみました。受験申込者数は近年増加傾向で、平成27年度には15万人を突破しています。最近の合格率は、筆記試験では60%くらい、技能試験では70%くらいになっています。
試験地に注意!
第二種電気工事士の試験地について、上期試験で受験する場合にはほぼ全国どこの県でも受験できますが、下期試験で受験する場合には試験地が限られます。下期試験で受験を考えている方は試験地を事前に確認しておきましょう。要注意です!
60点未満でも筆記合格?
第二種電気工事士の筆記試験の合格基準点はいつでも60点以上と思っていませんか?合格基準点の調整(?)で60点未満でも合格する場合があるみたいです。