スポンサーリンク



電気数学のお勉強 計算の基礎

「計算の基礎」の関連記事のまとめページです。

 

ここに掲載の各ページでは、電気の計算をするときに必要な基礎知識や定理、計算方法などについて解説していますので、電気の計算の基礎勉強に活用してみてください。

 

電気の計算をするときに必要な基礎知識や計算方法(基礎的なところ)などは、中学校や高校の数学の授業でけっこう習っていたりするんですよね。(ここに掲載の各ページには、中学校や高校の数学の授業で習っていないものも含まれますが…。)

 

 

電気数学のお勉強 計算の基礎 関連記事一覧

最小の定理
2つの正の数 $a$、$b$ の積( $a\times b$ )が一定ならば、それら2つの数の和 $a+b$ は、$a=b$ のときに最小になります。これを、最小の定理(または最小定理)といいます。最小の定理は、例えば、「 $x\gt 0$ のとき、$\dfrac{4}{x} +x$ の最小値は?」...

最大の定理
2つの正の数 $a$、$b$ の和( $a+b$ )が一定ならば、それら2つの数の積 $ab$ は、$a=b$ のときに最大になります。これを、最大の定理といいます。最大の定理の証明最大の定理は、次のように証明できます。まず、$a$、$b$ を正の数とし、$a$ と $b$ との和 $a+b$ は、...



おすすめ記事(一部広告含む)