スポンサーリンク



第二種電気工事士(総合)の目次

電気工事士試験について

 

おすすめ勉強方法(勉強の進め方)

 

おすすめ過去問題集・参考書

 

技能試験用おすすめ材料

 

技能試験用おすすめ工具

 

技能試験用おすすめお役立ちグッズ

 

第二種電気工事士の通信教育・通信講座

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

電気工事士試験について 関連記事一覧

第一種電気工事士と第二種電気工事士が従事できる工事の範囲
電気工事に従事するための資格には、電気工事士特種電気工事資格者認定電気工事従事者があります。この中の電気工事士には、第一種電気工事士と第二種電気工事士の2種類があり、第二種電気工事士は、一般住宅や小規模な店舗などの一般用電気工作物の電気工事第一種電気工事士は、第二種電気工事士の範囲の電気工事ビルや工...

令和4年度(2022年度)の電気工事士試験日程
令和4年度(2022年度)の第二種電気工事士試験の試験日程令和4年度(2022年度)の第二種電気工事士試験の日程は、上期試験と下期試験でそれぞれ次の表のようになります。令和4年度(2022年度) 第二種電気工事士上期試験の試験日程項目上期試験の試験日程等受験案内・申込書の配布2022年3月1日より受...

令和3年度(2021年度)の電気工事士試験日程
このページに掲載の試験日程は、令和3年度(2021年度)の試験日程です。令和3年度(2021年度)の第二種電気工事士試験の試験日程令和3年度(2021年度)の第二種電気工事士試験の日程は、上期試験と下期試験でそれぞれ次の表のようになります。令和3年度(2021年度) 第二種電気工事士上期試験の試験日...

第二種電気工事士試験は、昔(平成23年度より前)は年1回だけの試験でしたが、平成23年度から試験制度が変更になり、上期試験と下期試験の年2回実施されるようになりました。また、平成23年度から平成29年度までは同じ年度の上期試験と下期試験の両方を受験することはできませんでしたが(どちらか一方だけ受験可...

第二種電気工事士の受験者数と合格率の推移
第二種電気工事士試験の筆記試験と技能試験の受験者数と合格率は、次の表のようになります。平成23年度からは上期試験と下期試験に分けて試験が実施されていますが、表中のデータは上期試験と下期試験を合計しています。表 第二種電気工事士試験の合格率年度受験申込者筆記試験技能試験受験者合格者合格率受験者合格者合...

平成30年度よりも前の第二種電気工事士試験、例えば平成29年度の第二種電気工事士試験の試験地は、上期試験の試験地北海道から沖縄まで全国の47都道府県で受験できます。下期試験の試験地筆記試験:札幌市、宮城県、新潟県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄...

第二種電気工事士の筆記試験の合格点は、毎回60点以上だと思っていませんか?てか、私、合格基準点が調整されることはまずなく、毎回変わらず60点以上なんだと思っていました…。ところがですね、第二種電気工事士試験の試験問題を作成している電気技術者試験センターのホームページを見ていたら、「お知らせ」のところ...



スポンサーリンク