導体の抵抗値と温度の関係

導体の抵抗値(抵抗の大きさ)は導体の温度によって変化し、「導体の抵抗値」と「温度」の関係は次の式で表わされます。

 

$R_T=R_t\,\{ 1+\alpha_t\left( T-t\right)\}$ [$\Omega$] …①

 

$R_T$ :温度が $T$[${}^\circ\mathrm{C}$]に変化したときの抵抗値 [$\Omega$]
$R_t$ :$t$[${}^\circ\mathrm{C}$]のときの抵抗値 [$\Omega$]
$\alpha_t$ :$t$[${}^\circ\mathrm{C}$]のときの抵抗温度係数 [${}^\circ\mathrm{C}^{-1}$]

 

①式中の $T-t$ は、導体の温度が変化した後の温度( $T$[${}^\circ\mathrm{C}$])と導体の温度が変化する前の温度( $t$[${}^\circ\mathrm{C}$])との差(温度差)で、導体の温度が上昇した場合には $T-t\gt 0$ 、導体の温度が低下した場合には $T-t\lt 0$ になります。

 

導体の抵抗値と温度の関係式(温度差)

 

また、①式中の $\alpha_t$ は抵抗温度係数といって、温度 $1\,{}^\circ\mathrm{C}$ あたりに対する抵抗値の変化の割合を表わす係数です。この抵抗温度係数は、金、銀、銅、アルミニウム、鉄などの導体の場合には、正の値になります。

 

導体の抵抗値と温度の関係式(抵抗温度係数)

 

したがって、抵抗温度係数 $\alpha_t$ が正の値になる金、銀、銅、アルミニウム、鉄などの導体の場合には、

 

温度が上昇すると抵抗値は大きく

 

なります。

 

導体の抵抗値と温度の関係式(温度が上昇すると抵抗値は大きくなる)

 

導体の温度アップで、抵抗値アップ

 

ちなみに一般的には、

  • 導体の場合:温度が上昇すると抵抗値は大きくなる
  • 半導体の場合:温度が上昇すると抵抗値は小さくなる

となり、導体と半導体では逆の特性になります。

 

導体の抵抗値と温度の関係のまとめ
  • 導体の抵抗値と温度の関係式:$R_T=R_t\,\{ 1+\alpha_t\left( T-t\right)\}$ [$\Omega$]
  • 導体の場合、温度が上昇すると抵抗値が大きくなる

 

 


スポンサーリンク



 




導体の抵抗値と温度の関係 関連ページ

導体と絶縁体(不導体)
導体と絶縁体(不導体)について解説しています。「導体」と「絶縁体」は、電気でよく使われる用語ですので、おぼえておくようにしましょう。
短絡(ショート)
電気回路の短絡(ショート)について解説しています。「短絡」はショートともいい、電気でよく使われる用語ですので、おぼえておくようにしましょう。
開放(オープン)
電気回路の開放(オープン)について解説しています。「開放」はオープンともいい、電気でよく使われる用語ですので、おぼえておくようにしましょう。