スポンサーリンク



導体と絶縁体(不導体)

電気をよく通す物質を導体、電気をほとんど通さない物質を絶縁体(不導体ともいう)といいます。

 

導体と絶縁体

 

導体の代表的なものは金属で、例えば、

  • アルミニウム

などは導体です。

 

導体は電気をよく通すので、例えば銅やアルミニウムは、電気の通り道となるケーブルや絶縁電線の心線などによく使われています。

 

ケーブルと絶縁電線の心線

 

また、絶縁体の代表的なものは、

  • ガラス
  • ゴム
  • ビニル

などで、例えばゴムやビニルなどの絶縁体は、ケーブルや絶縁電線の被覆などに使われています。

 

ケーブルと絶縁電線の被覆

 

このように、電気を通したいところには電気をよく通す導体が使われ、電気を通したくないところには電気をほとんど通さない絶縁体が使われています。

 

導体と絶縁体

 

導体と絶縁体(不導体)のまとめ
  • 電気をよく通す物質を導体という
  • 電気をほとんど通さない物質を絶縁体(不導体)という

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 



おすすめ記事(一部広告含む)


導体と絶縁体(不導体) 関連ページ

導体の抵抗値と温度の関係
導体の抵抗値と温度の関係について解説しています。導体の抵抗値と温度の関係は、電気の基礎的なところですので、おぼえておくようにしましょう。
短絡(ショート)
電気回路の短絡(ショート)について解説しています。「短絡」はショートともいい、電気でよく使われる用語ですので、おぼえておくようにしましょう。
開放(オープン)
電気回路の開放(オープン)について解説しています。「開放」はオープンともいい、電気でよく使われる用語ですので、おぼえておくようにしましょう。
電気回路の電位と電位差
電気回路の電位と電位差について解説しています。「電位」と「電位差」は、電気でよく使われる用語ですので、おぼえておくようにしましょう。
定電圧源
定電圧源について解説しています。定電圧源は電源の内部抵抗がゼロΩで、接続される負荷によらず常に一定の電圧を出力する電源です。定電圧源の出力電圧が一定になる理由などについても解説していますので参考にしてみてください。
定電流源
定電流源について解説しています。定電流源は電源の内部抵抗の大きさが無限大で、接続される負荷によらず常に一定の電流を出力する電源です。定電流源の出力電流が一定になる理由などについても解説していますので参考にしてみてください。
電池の内部抵抗と端子電圧
電池の内部抵抗と端子電圧について解説しています。電池に内部抵抗があると電池の端子電圧が起電力よりも小さくなる理由や、電池から流れる電流と端子電圧の関係などについて解説していますので、参考にしてみてください。