このエントリーをはてなブックマークに追加   

河川の年間平均流量

河川の流域面積が $A$[$ \mathrm{m^2} $]、年間降水量が $P$[$ \mathrm{m} $]、流出係数が $R$ である次のような河川を考えます。

 

河川の年間平均流量の説明図

 

このとき、河川の年間平均流量 $Q_a$[$ \mathrm{m^3 / s} $]は、次のように求められます。

 

まず、河川に1年間に流入する水の量 $V$ は、

 

$V$=河川の流域面積×年間降水量×流出係数 となるので、

 

$\therefore V = APR$ [$ \mathrm{m^3} $] …@

 

すると、求める年間平均流量 $Q_a$[$ \mathrm{m^3 / s} $]は、1秒間あたりの年間平均流量であるので、「河川に1年間に流入する水の量 $V$」を「1年間の秒数」で割ればよく、

 

$Q_a = \dfrac{V}{365 \times 24 \times 60 \times 60}$ $= \dfrac{APR}{31536000}$

 

$\therefore Q_a = \dfrac{APR}{31536000}$ [$ \mathrm{m^3 / s} $] となります。

 

補足|流出係数について

流出係数は「降った雨水のうちどのくらいが地表を流れるか」を示す係数です。
したがって河川について考えると、流出係数=1の場合は、降った雨水すべてが河川を流れることになり、流出係数=0.7の場合は、降った雨水の7割が河川を流れることになりますが、このときの残り3割は地中に浸透したりなどして河川を流れることはない雨水になります。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

河川の年間平均流量 関連ページ

水力発電所と水車の種類
水力発電の「水力発電所と水車の種類」についてまとめたページです。「水力発電所と水車の種類」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でもよく出題される重要な項目です。
水力発電所の構成と出力
水力発電の「水力発電所の構成と出力」についてまとめたページです。「水力発電所の構成と出力」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。
水力発電所の有効落差と損失落差
水力発電の「水力発電所の有効落差と損失落差」についてまとめたページです。「水力発電所の有効落差と損失落差」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。
水力発電所の出力と有効落差の関係
水力発電の「水力発電所の出力と有効落差の関係」についてまとめたページです。「水力発電所の出力と有効落差の関係」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。
比速度
水力発電の「比速度」についてまとめたページです。「比速度」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。
速度調停率
水力発電の「速度調停率」についてまとめたページです。「速度調停率」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。
周波数と発電機出力の関係(ガバナ特性)
水力発電の「周波数と発電機出力の関係(ガバナ特性)」についてまとめたページです。「周波数と発電機出力の関係(ガバナ特性)」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。
水頭
水力発電の「水頭」についてまとめたページです。「水頭」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。
ベルヌーイの定理
水力発電の「ベルヌーイの定理」についてまとめたページです。「ベルヌーイの定理」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。
揚水発電
水力発電の「揚水発電」についてまとめたページです。「揚水発電」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。