このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二種電気工事士 配線図

第二種電気工事士の筆記試験で出題される「配線図」関連記事のまとめページです。

 

配線図の問題は出題数が多いですが、図記号についての問題が半分、写真(鑑別)についての問題が半分くらいですので、おぼえてしまうと得点を採りやすい分野です。

 

配線図の図記号をおぼえるコツは、

 

  • 同じような図記号をセットでおぼえること
  • 図記号の添え字は意味を考えながら勉強すること

 

です。

 

似たようなものをまとめてセットでおぼえるようにしましょう。

 

それから、配線図の対象はモノ、鑑別の対象もモノなので、配線図と鑑別の勉強を並行して進めるとおぼえやすいです。

第二種電気工事士 配線図 関連記事一覧

配線図の図記号
配線図の図記号の問題は、図記号とその内容(意味)をおぼえるだけなので比較的点数を採りやすい分野なのですが、配線図の図記号には似たようなものが多いのでなんとなくおぼえただけだと、あれ? なんだったかなぁ〜?と、なりやすかったりします。配線図の図記号を勉強するときには、それぞれの図のポイント(特徴)をお...

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加