このエントリーをはてなブックマークに追加   

技能試験で使われる器具・回路

「第二種電気工事士技能試験で使われる器具・回路」の関連記事のまとめページです。

 

第二種電気工事士の技能試験でよく使われる器具や回路について解説しています。

 

技能試験の単線図で使われている回路にも色々ありますが、その中でも特に、三路スイッチ、四路スイッチを使った回路や、確認表示灯(パイロットランプ)を使った常時点灯回路、同時点滅回路は毎年公表される候補問題に含まれていますので、
どのような動きをする回路なのか?

 

どのように配線をすればいいのか?

 

勉強しておくようにしましょう。

 

※候補問題って?
候補問題とは、第二種電気工事士の試験問題を作成している電気技術者試験センターから、「今年の第二種電気工事士の技能試験ではこの中から出題しますよ!」と、毎年1月に公表される全13問の単線図です。

技能試験で使われる器具・回路 関連記事一覧

技能試験で使用するリングスリーブの種類
第二種電気工事士の技能試験は、実際に現場で使用される電線や器具などを使って、出題された課題を作り上げていく試験です。課題を作り上げていくための作業の中には色々な作業がありますが、その中でも電線の接続作業は基本中の基本の作業になります。電線の接続作業にも色々ありますが、少し細かく分けてみると、器具に電...

第二種電気工事士技能試験の極性がある器具とない器具
第二種電気工事士の技能試験では色々な器具が使われますが、器具には「極性がある器具」と「極性がない器具」があります。「極性がある器具」は、どっちの電線をどっちに結線しなければならないか?が決められてる器具で、「極性がない器具」は、どっちの電線もどっちに結線してもいいですよ!という器具になります。(極性...

三路スイッチと四路スイッチの回路
電気技術者試験センターから公表される第二種電気工事士技能試験の候補問題(全部で13問ある)には、毎年必ず、「三路スイッチと四路スイッチを使った回路」が含まれているので、技能試験を受験する方は、この三路スイッチ、四路スイッチについて分かっていなければなりません。ですので、このページでは、三路スイッチっ...

常時点灯回路の写真
第二種電気工事士技能試験の候補問題※では、毎年、確認表示灯(パイロットランプ)を使った単線図が出題されています。※候補問題とは、第二種電気工事士試験の試験問題を作成している電気技術者試験センターから毎年1月に公表される問題で、全部で13問あり、この中からどれか1問が技能試験で出題されます。確認表示灯...

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加