このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二種電気工事士技能試験の重大な欠陥と軽微な欠陥

第二種電気工事士技能試験の施工(課題の製作)上の欠陥には、重大な欠陥(重大欠陥)と軽微な欠陥(軽欠陥)があります。

 

重大欠陥は1つあるだけで 一発アウト(不合格)!

 

軽欠陥は 3つでアウト(不合格)!

 

になります。

 

軽欠陥は3つで不合格ですので軽欠陥を2つやってしまってもギリギリセーフ(合格)になりますが、重大欠陥は1つやってしまうと、それだけで不合格になってしまいます。

 

ですので、

 

技能試験の本番では重大欠陥だけはなんとしても避けなければなりません!

 

このページでは重大欠陥と軽欠陥の例をあげてみましたので、技能試験の勉強の参考にしてみてください。これはやっちゃダメなんだ〜? とかは、事前に一通り確認しておいた方がいいと思いますよ。

 

ちなみに、「技能試験の本番で軽欠陥を1つとか2つとかやっちゃったけど合格した」という方はあまり多くは聞きません(いないという訳ではありませんが…)。

 

合格した方のほとんどは軽欠陥ゼロ、もちろん重大欠陥もゼロで合格している方が多いと思います。その理由は、合格する方というのは試験本番までにしっかり練習しているからではないでしょうか?

 

これから技能試験を受験するみなさんも、

 

軽欠陥ゼロ! 重大欠陥ゼロ!

 

を目指して頑張って練習しましょう。

 

それから、試験のときは問題用紙に記載されている施工条件をよく読み、

 

施工条件に必ず従うようにしましょう!(←これ大事!)

 

では、本題の技能試験の重大欠陥と軽欠陥の例です。

第二種電気工事士技能試験の重大な欠陥(重大欠陥)の例

共通的な重大欠陥

未完成なんですけど!

未完成のものは重大欠陥になります。って当たり前ですね。課題が完成していなかったら採点される以前の問題で、採点のしようもありませんので。
例としては、課題が全く作られていない、電線が接続されていない、結線されるべき電線が結線されていない、コンセントやスイッチを取り付ける取付枠が取り付けられていないなどですね。

 

ちなみに、取付枠については、施工条件で取り付け箇所を指定される場合があります。取付枠の取り付け箇所を間違えると重大欠陥になるので気を付けましょう!

 

配線や器具の配置、施工寸法が違うんですけど!

配線や器具の配置は、技能試験の問題用紙に記載されている配線図通りの配置にしなければなりません。施工寸法(器具の中心から器具の中心までの寸法)も配線図に記載されていますので、その通りに作らなければ重大欠陥になります。

 

ま、あれですね。指示に従わない人は不合格ですよ!ということです。試験なので当たり前のことです。

 

第二種電気工事士技能試験の問題用紙に記載されている配線図の例(配線や器具の配置と施工寸法の指示)

 

施工寸法については、例えば上の配線図の例では「150mm」と書かれていますが、150mmピッタリに作らなくても大丈夫です。てか、1mm単位で150mmピッタリは無理!
施工寸法は極端に短くならなければ大丈夫で、指示されている施工寸法の50%以下にならなければ大丈夫です。

 

ちなみに、第二種電気工事士試験の試験問題を作成している電気技術者試験センターから試験実施後に毎回公表されている「合否判定のための判断基準について」には、施工寸法について、

 

「配線図の寸法より著しく短い」と重大欠陥と記載されています。

 

ということは、実際に施工したときの寸法が長いのは問題なさそうですが、支給される配線(ケーブル、電線)は決まった長さ分しか支給されないので、寸法が長いところがあると他のどこかの配線が短くなってしまいます。

 

普通に長さを測って作ればケーブルが足りなくなるなんてことはありませんので、配線図に記載されている施工寸法等から必要なケーブル長を算出してケーブルを切断するようにしましょう。

 

回路が間違ってるんですけど!

作った回路が間違っていると重大欠陥になります。

 

リングスリーブや差込形コネクタで電線を接続するときに誤った電線どうしを接続してしまったり、器具や端子台などに誤った結線をしてしまうと回路間違いになります。

 

誤接続や誤結線は実際に電線を接続する作業のときだけにやってしまうものでもなく、複線図を書き間違えても誤接続や誤結線の原因になりえます。

 

間違った複線図を書いてしまうと、そのまま間違ったモノを作ってしまうことになりますので気を付けるようにしましょう!(複線図の書き方は早めにおぼえてしまった方がいいですよ。)

 

作ったモノが作ろうとしていたモノと違っていたら、やっぱり欠陥品ですよね?

 

欠陥品は事故にもつながる可能性がありますので重大です!

 

電線の種類や色が違うんですけど!
配線図での指示とは違う種類の電線を使ってしまった!

電線は、配線図に記載されている通りの種類の電線を使わなければなりません。

 

第二種電気工事士技能試験の問題用紙に記載されている配線図の例(電線の種類の指示)

 

これも、指示に従わない人は不合格ですよ!ということです。

 

接地側電線に白色以外の電線を使ってしまった!

接地側電線に白色以外の電線を使ってしまうと重大欠陥になります。

 

接地側電線に白色の電線を使うのは技能試験で基本中の基本ですので、間違えないようにしましょう!

 

接地側電線に白色の電線が使われる例

 

電源から点滅器、コンセントまでの非接地側電線に黒色以外の電線を使ってしまった!

電源から点滅器、コンセントまでの非接地側電線に黒色以外の電線を使ってしまうと重大欠陥になります。

 

電源から点滅器、コンセントまでの非接地側電線に黒色の電線を使うのも基本中の基本ですので、間違えないようにしましょう!

 

電源から点滅器、コンセントまでの非接地側電線に黒色の電線が使われる例

 

電源からリモコンリレー、自動点滅器、タイムスイッチまでの非接地側電線にも黒色の電線を使います。

 

配線用遮断器のL側に白色の電線を結線してしまった!

配線用遮断器のL側に白色の電線を結線してしまうと重大欠陥になります。

 

配線用遮断器のL側に白色の電線を結線すると重大欠陥

 

配線用遮断器に結線するときは、次のように、N側に白色の電線を結線します。

 

配線用遮断器のN側に白色の電線を結線する

 

配線用遮断器が端子台で代用される場合にも、N側に白色の電線を結線しなければなりません。

 

配線用遮断器が端子台で代用される場合にもN側に白色の電線を結線する

 

三相200V回路の電線の色を間違えてしまった!

三相200V回路の電線の色が施工条件で指示されたときには、その施工条件に従わないと重大欠陥になります。

 

指示に従わない人は不合格ですよ!ということです。

 

例えば、施工条件で「R相に赤色、S相に白色、T相に黒色」と指示された場合には、次のように電線を端子台に結線します。

 

三相200V回路(漏電遮断器)に結線される電線の色の説明

 

ランプレセプタクルの接地側端子に白色以外の電線を結線してしまった!

ランプレセプタクルの接地側端子(受金ねじ部の端子)に白色以外の電線を結線してしまうと重大欠陥になります。

 

ランプレセプタクルの接地側端子(受金ねじ部の端子)に黒色の電線を結線すると重大欠陥

 

コンセントの接地側端子に白色以外の電線を結線してしまった!

コンセントの接地側端子(接地側極端子)に白色以外の電線を結線してしまうと重大欠陥になります。

 

コンセントの接地側端子(接地側極端子)に黒色の電線を結線すると重大欠陥

 

引掛シーリングの接地側端子に白色以外の電線を結線してしまった!

引掛シーリングの接地側端子(接地側極端子)に白色以外の電線を結線してしまうと重大欠陥になります。

 

引掛シーリングの接地側端子(接地側極端子)に黒色の電線を結線すると重大欠陥

 

接地線に緑色以外の電線を使ってしまった!

接地線に緑色以外の電線を使ってしまうと重大欠陥になります。

 

接地線には、次のように緑色の電線を使います。(写真は接地極付接地端子付コンセントの場合の例です。)

 

接地線に緑色の電線を使っていればOK

 

電線を損傷してしまったんですけど!
ケーブル外装を著しく損傷してしまった!

ケーブル外装を著しく損傷してしまうと重大欠陥になります。

 

ケーブル外装

 

このケーブル外装を著しく損傷してしまうと重大欠陥なんですが、著しくってどんな程度?

 

うわ〜! やっちまった〜!

 

という程度でなければ大丈夫だと思います。

 

これとか、

 

ケーブル外装が大きく横割れしている重大欠陥の例

 

これは、

 

ケーブル外装が大きく縦割れしている重大欠陥の例

 

マズイよね。

 

絶縁被覆を折り曲げると心線が見えちゃう!

絶縁被覆を折り曲げたときに心線が見えてしまうくらい絶縁被覆に傷を付けてしまうと重大欠陥になります。

 

絶縁被覆と心線

 

絶縁被覆を折り曲げると心線が見える重大欠陥の例

 

写真のように心線が見えてしまうとダメです。

 

心線を著しく損傷してしまった!

心線を著しく損傷してしまうと重大欠陥になります。

 

これも著しく損傷してしまうと重大欠陥なんですが、著しくってどんな程度?

 

やっぱり…、うわ〜! やっちまった〜!

 

という程度ですかね?

 

電線の接続部分に関する重大欠陥

接続方法を間違えてしまったんですけど!

接続方法を間違えてしまうと重大欠陥になります。

 

第二種電気工事士技能試験での電線の接続方法にはリングスリーブによる接続と差込形コネクタによる接続がありますが、どこを何で接続するかは施工条件で指示されます。

 

ですので、施工条件で指示された接続方法に従って電線を接続しなければなりません、よ!

 

リングスリーブと差込形コネクタ

 

リングスリーブでの接続方法を間違えてしまったんですけど!
圧着工具を間違えてしまった!

リングスリーブで電線を接続するときに、間違った圧着工具を使ってしまうと重大欠陥になります。

 

リングスリーブで電線を接続するときは、JIS C 9711:1982・1990・1997に適合したリングスリーブ用圧着工具(ハンドルの色が黄色)を使わなければなりません。

 

私が持っているリングスリーブ用圧着工具にもちゃんとJIS C 9711って書いてます。

 

ホーザンの工具セットS-19のリングスリーブ用圧着工具(P-77)とJIS C 9711の表示

 

でもですよ、技能試験の試験会場に行ってみたら周りのみんなと工具がぜんぜん違っていた、なんてことはまずないと思いますけど…。

 

サイズが違うリングスリーブを使ってしまった!

サイズが違う不適正なリングスリーブを使ってしまうと重大欠陥になります。

 

第二種電気工事士技能試験で使うリングスリーブには、「小サイズ」と「中サイズ」の2種類のサイズがあります。

 

接続する電線の太さと本数の組合せでどちらのサイズのリングスリーブを使うかが決まりますので、間違えないようにしましょう。

 

第二種電気工事士技能試験で使う小サイズと中サイズのリングスリーブ

 

リングスリーブを潰す圧着工具のダイス(圧着マーク)を間違えてしまった!

リングスリーブを潰す圧着工具のダイス(圧着マーク)を間違えてしまうと重大欠陥になります。

 

圧着工具のダイス(圧着マーク)を間違えてしまった重大欠陥の例

 

第二種電気工事士技能試験で使う圧着工具のダイスは、「1.6×2小」「小」「中」の3種類です。

 

接続する電線の太さや本数の組合せで使うリングスリーブのサイズとダイスが決まりますので、間違えないようにしましょう。(電線を接続するときに使うリングスリーブのサイズと適切なダイスについては、こちらのリングスリーブの種類と圧着工具の適切なダイスにまとめていますので参考にしてみてください。)

 

技能試験で使われる圧着工具のダイスの種類

 

ちなみに、「1.6×2小」は「極小(ごくしょう)」と言ったりもします。

 

リングスリーブを壊してしまった!

リングスリーブを壊してしまうと重大欠陥になります。

 

リングスリーブからはみ出た心線を切断するときに、ペンチでリングスリーブまで切断しないように注意しましょう!

 

リングスリーブに心線がちゃんと挿入されていない!

リングスリーブに心線がちゃんと挿入されていないと重大欠陥になります。

 

例えば、こんな感じ。

 

リングスリーブに心線がちゃんと挿入されていない重大欠陥の例

 

黒色の電線の心線が挿入不足になっているので、リングスリーブの中に心線の先が入ってしまっています。これは見ただけで失敗してる感がプンプンしますね!

 

リングスリーブに心線がちゃんと挿入されている例

 

テープが巻けない!

絶縁被覆が出ている部分が短すぎて、テープが巻けないくらいだと重大欠陥になります。

 

テープが巻けない重大欠陥の例

 

ふつうに作れば、こんなことになることはありませんけどね。

 

第二種電気工事士技能試験では、テープを巻く作業は不要です。

 

絶縁被覆を著しく剥き過ぎてしまった!

絶縁被覆を著しく剥き過ぎてしまうと重大欠陥になります。

 

絶縁被覆を著しく剥き過ぎた重大欠陥の例(リングスリーブ)

 

著しくの程度は、うわ〜、変!ってくらいと思っておけばいいと思います。(うわ〜、変!の程度も色々ですが…。)

 

この欠陥は、絶縁被覆を剥き過ぎていなくても、リングスリーブの圧着作業で失敗するとやってしまったりします。リングスリーブによる圧着接続は初めのうちは難しいですが、慣れるまで何度も練習しましょう。

 

絶縁被覆を剥く程度はこのくらいがベスト

 

絶縁被覆の上から圧着してしまった!

絶縁被覆の上から圧着してしまうと重大欠陥になります。

 

絶縁被覆の上から圧着してしまった重大欠陥の例

 

白色の電線は問題ありませんが、黒色の電線ではリングスリーブが絶縁被覆を噛んでいます。

 

この欠陥も、リングスリーブの圧着作業で失敗するとやってしまったりします。

 

差込形コネクタでの接続方法を間違えてしまったんですけど!
差込形コネクタに心線がちゃんと挿入されていない!

差込形コネクタに心線がちゃんと挿入されていないと重大欠陥になります。

 

例えば、こんな感じ。

 

差込形コネクタに心線がちゃんと挿入されていない重大欠陥の例

 

黒色の電線の心線は奥まで挿入されているのでOKですが、白色の電線の心線は奥まで挿入されていないのでダメです。

 

差込形コネクタの外部に心線が出てしまった!

差込形コネクタの外部に心線が出てしまうと重大欠陥になります。

 

差込形コネクタの外部に心線が出てしまっている重大欠陥の例

 

黒色の電線の心線は外に出ていませんが、白色の電線の心線が外に出てしまっています。

 

写真の場合、心線が手前側(電線挿入側)にはみ出ていますが、差込形コネクタはメーカにより色々な種類があり、差込み過ぎると差込形コネクタの外部(奥側)に心線が出てしまうものもあります。注意しましょう!

 

ランプレセプタクル、端子台の結線部分に関する重大欠陥

心線の締め付けを忘れてしまったんですけど!
ランプレセプタクルに結線するときに心線をねじで締め付けなかった!

ランプレセプタクルに結線するときに、心線をねじで締め付けないと重大欠陥になります。

 

心線をねじで締め付けていない重大欠陥の例(ランプレセプタクル)

 

端子台に結線するときに心線をねじで締め付けなかった!

端子台に結線するときに、心線をねじで締め付けないと重大欠陥になります。

 

心線をねじで締め付けていない重大欠陥の例(端子台)

 

赤色と白色の電線のねじは締め付けられていますが、黒色の電線のねじが締め付けられていないのでダメです。

 

配線用遮断器、露出形コンセントに結線するときも、心線を締め付けないと重大欠陥になります。

 

絶縁被覆が!
絶縁被覆を著しく剥き過ぎてしまった!

ランプレセプタクルに結線する電線の絶縁被覆を著しく剥き過ぎてしまうと重大欠陥になります。

 

絶縁被覆を著しく剥き過ぎた重大欠陥の例(ランプレセプタクル)

 

端子台に結線するときも、電線の絶縁被覆を著しく剥き過ぎてしまうと重大欠陥になります。

 

絶縁被覆を著しく剥き過ぎた重大欠陥の例(端子台)

 

赤色と白色の電線は問題ありませんが、黒色の電線は絶縁被覆を剥き過ぎているのでダメです。端子台から心線がはみ出ないくらいにしておきましょう。

 

絶縁被覆の上から締め付けてしまった!

ランプレセプタクルのねじを締め付けるときに、ねじで絶縁被覆も一緒に締め付けると重大欠陥になります。

 

絶縁被覆の上からねじを締め付けてしまった重大欠陥の例(ランプレセプタクル)

 

端子台のねじを締め付けるときも、ねじで絶縁被覆も一緒に締め付けると重大欠陥になります。

 

絶縁被覆の上からねじを締め付けてしまった重大欠陥の例(端子台)

 

赤色と白色の電線は問題ありませんが、黒色の電線はねじで絶縁被覆も一緒に締め付けられているのでダメです。

 

配線用遮断器、露出形コンセントに結線するときも、ねじで絶縁被覆も一緒に締め付けると重大欠陥になります。

 

ランプレセプタクルの台座とケーブルの位置が変なんですけど!
台座の上からケーブルを結線してしまった!

ランプレセプタクルの台座の上からケーブルを結線すると重大欠陥になります。

 

ランプレセプタクルの台座の上からケーブルを結線した重大欠陥の例

 

ランプレセプタクルに結線するときは、台座の下側(裏面側)からケーブルを通して結線するようにしましょう。

 

ケーブルをランプレセプタクルの台座の下から通して結線しているのでOK

 

露出形コンセントに結線するときも、台座の上からケーブルを結線すると重大欠陥になります。

 

引掛シーリング、埋込連用器具の結線部分に関する重大欠陥

心線の差込接続を間違えてしまったんですけど!
引掛シーリングに心線がちゃんと挿入されていない!

引掛シーリングに心線がちゃんと挿入されていないと重大欠陥になります。

 

例えば、こんな感じ。

 

引掛シーリングに心線がちゃんと挿入されていない重大欠陥の例

 

埋込連用器具に心線がちゃんと挿入されていない!

埋込連用器具に心線がちゃんと挿入されていないと重大欠陥になります。

 

例えば、こんな感じ。

 

埋込連用器具(タンブラスイッチ)に心線がちゃんと挿入されていない重大欠陥の例

 

コンセント、3路スイッチ、パイロットランプなどの他の埋込連用器具に結線するときも、心線が挿入不足になっていると重大欠陥になります。

 

絶縁被覆が!
絶縁被覆を著しく剥き過ぎてしまった!

絶縁被覆を著しく剥き過ぎてしまうと重大欠陥になります。

 

絶縁被覆を著しく剥き過ぎた例(埋込連用タンブラスイッチ)

 

コンセント、3路スイッチ、パイロットランプなどの他の埋込連用器具に結線するときも、心線を著しく剥き過ぎていると重大欠陥になります。

 

金属管工事に関する重大欠陥

電線管に電線を通していないんですけど!

ねじなし電線管に電線を通していないと重大欠陥になります。

 

電線はねじなし電線管の中を通す

 

電線管は電線を通すものですので、必ず電線を通すようにしましょう。ちなみに、電線管に電線を通すことを「通線(つうせん)」と言います。

 

電線管と附属品をちゃんと接続していないんですけど!
アウトレットボックスとねじなし電線管の接続にねじなしボックスコネクタを使わなかった!

アウトレットボックスとねじなし電線管を接続するときに、ねじなしボックスコネクタを使わないと重大欠陥になります。

 

使わなければいけないものを使っていないと、やっぱりダメです。アウトレットボックスとねじなし電線管を接続するときは、ねじなしボックスコネクタを使ってちゃんと接続しましょう。

 

ねじなしボックスコネクタを使ったアウトレットボックスとねじなし電線管の接続例

 

ねじなしボックスコネクタとねじなし電線管の接続をしなかった!

ねじなしボックスコネクタとねじなし電線管を接続しないと重大欠陥になります。

 

ねじなしボックスコネクタとねじなし電線管が接続されていないと未完成みたいなものなのでダメですね。ねじなしボックスコネクタとねじなし電線管は、ちゃんと接続しましょう。

 

ねじなしボックスコネクタとねじなし電線管の接続例

 

ちなみに、ねじなしボックスコネクタとねじなし電線管を接続するときは、止めねじがねじ切れるまで締め付けて固定します。止めねじの締め付け(止めねじのねじ切り)を忘れないようにしましょう!

 

ねじなしボックスコネクタの止めねじ

 

止めねじを最後まで締め付けると、止めねじの頭部がねじ切れてポロっと取れます。

 

ねじなしボックスコネクタの止めねじの頭部がポロっと取れた後

 

ねじなしボックスコネクタの止めねじをねじ切るのを忘れると軽欠陥になります。

 

ロックナットの取り付けを忘れてしまった!

ロックナットの取り付けを忘れてしまうと重大欠陥になります。

 

ロックナットを忘れずに取り付けましょう!

 

ロックナットの取り付け例

 

絶縁ブッシングの取り付けを忘れてしまった!

絶縁ブッシングの取り付けを忘れてしまうと重大欠陥になります。

 

絶縁ブッシングの取り付けを忘れてしまうと重大欠陥

 

絶縁ブッシングを忘れずに取り付けましょう!

 

合成樹脂製可とう電線管工事に関する重大欠陥

電線管に電線を通していないんですけど!

合成樹脂製可とう電線管(PF管)に電線を通していないと重大欠陥になります。

 

電線はPF管の中を通す

 

電線管は電線を通すものですので、必ず電線を通すようにしましょう。

 

電線管と附属品をちゃんと接続していないんですけど!
アウトレットボックスとPF管の接続にPF管用ボックスコネクタ、ロックナットを使わなかった!

アウトレットボックスとPF管の接続にPF管用ボックスコネクタ、ロックナットを使わないと重大欠陥になります。

 

使わなければいけないものは、使わないとダメです。アウトレットボックスとPF管を接続するときは、PF管用ボックスコネクタ、ロックナットを使ってちゃんと接続しましょう。

 

PF管用ボックスコネクタを使ったアウトレットボックスとPF管の接続例

 

PF管用ボックスコネクタとPF管の接続をしなかった!

PF管用ボックスコネクタとPF管を接続しないと重大欠陥になります。

 

PF管用ボックスコネクタとPF管が接続されていないと未完成みたいなものなのでダメですね。PF管用ボックスコネクタとPF管は、ちゃんと接続しましょう。

 

PF管用ボックスコネクタとPF管の接続例

 

防護管(防護装置)に関する重大欠陥

防護管を取り付けなかったんですけど!

防護管の取り付けが必要な課題が出題されたときには、防護管を取り付けないと重大欠陥になります。

 

技能試験で使う防護管(合成樹脂管(VE管))

 

取り付けなければならないものは、ちゃんと取り付けましょう!

 

バインド線で防護管の支持をしなかったんですけど!

バインド線で防護管の支持を全くしなかった場合、重大欠陥になります。

 

こんな感じで防護管をバインド線で支持しておきましょう!

 

防護管のバインド支持の例

 

その他の重大欠陥

支給品以外の材料を使ってしまったんですけど!

技能試験で支給された支給品以外の材料を使うと重大欠陥になります。

 

って、これは重大欠陥というよりも不正です! 不正はダメですよ。

 

 


スポンサーリンク




 

第二種電気工事士技能試験の軽微な欠陥(軽欠陥)の例

共通的な軽欠陥

電線を損傷してしまったんですけど!
ケーブル外装に致命的な欠陥に該当しないくらいの傷を付けてしまった!

ケーブル外装に致命的な欠陥に該当しない程度の傷を付けてしまうと軽欠陥になります。

 

重大欠陥にならない程度の傷であれば軽欠陥ですね。

 

絶縁被覆、心線に致命的な欠陥に近いくらいの傷を付けてしまった!

絶縁被覆、心線に致命的な欠陥に近いくらいの傷を付けてしまうと軽欠陥になります。

 

重大欠陥にならない程度の傷であれば軽欠陥ですね。

 

電線の接続部分に関する軽欠陥

リングスリーブでの接続方法を間違えてしまったんですけど!
心線の端末処理を適切にしなかった!

リングスリーブで接続したときの心線の端末処理を適切にしていないと軽欠陥になります。

 

リングスリーブで圧着接続したときにはみ出る長い心線は、写真のように端末処理(長い部分を切断)しましょう。

 

リングスリーブで圧着接続したときの端末処理

 

ランプレセプタクルの結線部分に関する軽欠陥

ケーブル外装が台座の中まで入っていないんですけど!

ケーブル外装が台座の中まで入っていないと軽欠陥になります。

 

ケーブル外装が台座の中まで入っていないランプレセプタクルの軽欠陥の例

 

下の写真のように、ケーブル外装が台座の中まで入っていればOKです。

 

ケーブル外装が台座の中まで入っていればOK

 

露出形コンセントの場合も、ケーブル外装が台座の中まで入っていないと軽欠陥になります。

 

ランプレセプタクルの台座を欠いてしまったんですけど!

ランプレセプタクルの台座を欠いてしまうと軽欠陥になります。

 

ランプレセプタクルは壊さないようにしましょう!

 

露出形コンセントの場合も、台座を欠いてしまうと軽欠陥になります。

 

ランプレセプタクルに結線するための「のの字(輪づくり)」がちゃんと作れてないんですけど!

ランプレセプタクルに結線するための「のの字」が適切に作られていないと軽欠陥になります。

 

「のの字」が巻き付け不足になっていたり、重なっていたり、左回りに巻いていたりするとダメです。

 

ランプレセプタクルに結線するための「のの字」が適切に作られていない軽欠陥の例(巻き付け不足、重なり、左回り)

 

下の写真のように、先端がはみ出ていても軽欠陥になります。

 

ランプレセプタクルに結線するための「のの字」が適切に作られていない軽欠陥の例(先端はみ出し)

 

ランプレセプタクルの「のの字(輪づくり)」の例

 

露出形コンセントの場合も、「のの字」部分が巻き付け不足、重なり、左回り、はみ出しになっていると軽欠陥になります。

 

カバーが締まらないんですけど!

ランプレセプタクルのカバーが締まらないように作ってしまうと軽欠陥になります。

 

技能試験ではランプレセプタクルのカバーは支給されませんが、カバーが締まらないように作ってしまうと軽欠陥になってしまいます。

 

ランプレセプタクルの本体とカバー

 

引掛シーリング、埋込連用器具の結線部分に関する軽欠陥

埋込連用取付枠への器具の取り付け方法を間違ってしまったんですけど!
埋込連用取付枠を裏返しにしてしまった!

埋込連用取付枠を裏返しにして取り付けてしまうと軽欠陥になります。

 

埋込連用取付枠の表と裏を間違えないようにしましょう!

 

埋込連用取付枠の表側

 

写真の埋込連用取付枠の場合、表側に「上」とか、「Panasonic」とか書いています。

 

埋込連用取付枠に取り付けた器具がガタガタしてユルユルになってしまった!

埋込連用取付枠に取り付けた器具の固定に緩みがあると軽欠陥になります。

 

器具はしっかりと取り付けましょう!

 

埋込連用取付枠への埋込連用器具の取り付け例

 

埋込連用取付枠への器具の取り付け位置を間違えてしまった!

埋込連用取付枠へスイッチなどの埋込連用器具を取り付けるときに、取り付け位置を間違えてしまうと軽欠陥になります。

 

配線図、施工条件に従って取り付けましょう!

 

ケーブル外装が引掛シーリングの台座の中まで入っていないんですけど!

ケーブル外装が引掛シーリングの台座の中まで入っていないと軽欠陥になります。

 

ケーブル外装が台座の中まで入っていない引掛シーリングの軽欠陥の例

 

ケーブル外装は引掛シーリングの台座の中まで入れましょう!

 

引掛シーリングの台座を欠いてしまったんですけど!

引掛シーリングの台座を欠いてしまうと軽欠陥になります。

 

引掛シーリングは壊さないようにしましょう!

 

金属管工事に関する軽欠陥

電線管と附属品をちゃんと接続していないんですけど!
アウトレットボックスとねじなし電線管の接続がユルユルになってしまった!

アウトレットボックスとねじなし電線管の接続が緩いと軽欠陥になります。

 

アウトレットボックスとねじなしボックスコネクタ、ねじなしボックスコネクタとねじなし電線管は、しっかりと接続しましょう。

 

ロックナットを裏返しに取り付けてしまった!

ロックナットを裏返しにして取り付けてしまうと軽欠陥になります。

 

ロックナットの表裏(ロックナットの向き)を間違えないようにしましょう!

 

ロックナットの表裏(凸側と凹側)

 

ロックナットは次のように、凸側がアウトレットボックスの内側、凹側がアウトレットボックスの外側を向くようにして取り付けます。

 

ロックナットを取り付ける向き

 

ねじなしボックスコネクタの止めねじをねじ切るのを忘れてしまった!

ねじなしボックスコネクタの止めねじをねじ切るのを忘れてしまうと軽欠陥になります。

 

止めねじはちゃんとねじ切りましょう!

 

ねじなしボックスコネクタの止めねじをねじ切る前とねじ切った後

 

合成樹脂製可とう電線管工事に関する軽欠陥

電線管と附属品をちゃんと接続していないんですけど!
アウトレットボックスとPF管用ボックスコネクタの接続がユルユルになってしまった!

アウトレットボックスとPF管用ボックスコネクタの接続が緩いと軽欠陥になります。

 

アウトレットボックスとPF管用ボックスコネクタの接続が緩い軽欠陥の例

 

ロックナットを締め付けて、ちゃんと固定するようにしましょう!

 

アウトレットボックスとPF管用ボックスコネクタの接続例

 

PF管用ボックスコネクタとPF管の接続がユルユルになってしまった!

PF管用ボックスコネクタとPF管の接続が緩い、またはロックされていないと軽欠陥になります。

 

PF管用ボックスコネクタとPF管を接続するときには、PF管用ボックスコネクタを締めてからPF管を挿入します。

 

PF管用ボックスコネクタを締めてからPF管を挿入する(締めるタイプ)

 

PF管用ボックスコネクタが「接続」と「解除」の切り替え式の場合には、PF管用ボックスコネクタを「接続」にしてからPF管を挿入します。

 

PF管用ボックスコネクタを「接続」にしてからPF管を挿入する(接続と解除を切り替えるタイプ)

 

ロックナットを裏返しに取り付けてしまった!

ロックナットを裏返しにして取り付けてしまうと軽欠陥になります。

 

ロックナットを裏返しに取り付けてしまった軽欠陥の例

 

ロックナットの表裏(ロックナットの向き)を間違えないようにしましょう!

 

防護管(防護装置)に関する軽欠陥

防護管を支持する方法が間違っているんですけど!

防護管を支持するバインド線の支持方法が間違っていると軽欠陥になります。

 

こんな感じで支持しておきましょう。

 

防護管のバインド支持方法(2回以上巻き、2回以上ねじる)

 

写真のように、バインド線で防護管を支持していればOKです。バインド線は、ケーブルに2回以上(2周以上)巻き、2回以上(2周以上)ねじります。

 

その他の軽欠陥

器具を壊したまま使ってしまったんですけど!

器具を壊したまま使うと軽欠陥になります。

 

技能試験では器具を壊してしまっても追加支給はしてもらえませんので、そのまま続けるしかないですね。器具は壊さないようにしましょう!(ランプレセプタクルの端子ねじ、露出形コンセントの端子ねじ、リングスリーブ、差込形コネクタは減点なしで追加支給してもらえます。)

 

ジョイントボックス(アウトレットボックス)に余分な穴を開けてしまったんですけど!

ジョイントボックス(アウトレットボックス)に余分な穴を開けてしまうと軽欠陥になります。

第二種電気工事士技能試験で欠陥にならない例

技能試験のときに電線や器具などの材料は追加支給してもらうことができませんが、

 

・ランプレセプタクル用端子ねじ
・露出形コンセント用端子ねじ
・リングスリーブ
・差込形コネクタ

 

については、減点なしで追加支給してもらえます。

 

試験開始前に支給される材料の中にはリングスリーブの予備品が入っていますが、予備品も使ってしまった場合には試験監督員の方に申し出て追加支給してもらいましょう。

第二種電気工事士技能試験の重大な欠陥と軽微な欠陥のまとめ

重大欠陥は一発でアウト!

 

軽欠陥は三発でアウト!

 

施工条件には必ず従いましょう!(←これ大事!)

 

このページに記載の重大欠陥と軽欠陥の例は、技能試験実施後に(一財)電気技術者試験センターから公表されている「合否判定のための判断基準について」を基にして作成しています。
今後出題される課題によっては、判断基準が変わる、または軽欠陥が重大欠陥に変わる、ということもないともいえませんので、試験のときには軽欠陥もゼロを目指して頑張りましょう!

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二種電気工事士技能試験の重大な欠陥と軽微な欠陥 関連ページ

過去に出題された単線図
第二種電気工事士技能試験で過去に出題された単線図(候補問題)について、出題される問題に傾向があるのか?過去に出題された単線図から考えてみました。
単線図とは?
第二種電気工事士の技能試験の試験対策として、まず初めに「単線図」を読めなければなりません。このページでは、単線図とはどういうものなのか解説しています。
単線図で使われる図記号
第二種電気工事士の技能試験の試験対策では、まず初めに「単線図」を読めなければなりません。このページでは単線図に使われている図記号について解説していますので、技能試験の勉強に活用してみてください。
平成28年度単線図の解説
平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題の単線図について解説しています。
平成27年度単線図の解説
平成27年度(2015年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題の単線図について解説しています。
平成26年度単線図の解説
平成26年度(2014年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題の単線図について解説しています。
平成25年度単線図の解説
平成25年度(2013年度)の単線図について各候補問題ごとに解説しています。電気技術者試験センターから毎年出題される候補問題(単線図)は全部で13問あり、技能試験の対策をするためにはこれら13問すべての単線図を理解しなければなりません。
複線図の基本的な書き方
第二種電気工事士技能試験の候補問題の複線図の基本的な書き方について解説しています。複線図を書くためには基本的な手順があって、その手順を守って書けば誰でも簡単に複線図を書くことができます。複線図を正確に書くコツは「書く順番を守ること」ですので、まずは書く順番をおぼえましょう。
平成29年度複線図書き方
平成29年度(2017年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題の複線図の書き方について解説しています。候補問題のNo.毎に複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、複線図の書き方の参考にしてみてください。
平成28年度複線図書き方
平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題の複線図の書き方について解説しています。候補問題のNo.毎に複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、複線図の書き方の参考にしてみてください。
平成27年度複線図書き方
平成27年度(2015年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題の複線図の書き方について解説しています。候補問題のNo.毎に複線図の書き方を順を追って解説していますので、複線図の書き方の参考にしてみてください。
平成26年度複線図書き方
平成26年度(2014年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題の複線図の書き方について解説しています。候補問題のNo.毎に複線図の書き方を順を追って解説していますので、複線図の書き方の参考にしてみてください。
平成25年度複線図書き方
平成25年度(2013年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題の複線図の書き方について解説しています。技能試験の練習は、電気技術者試験センターから毎年公表される全13問の単線図(候補問題)を複線図にすることから始まります。候補問題毎に複線図の書き方を順を追って解説していますので書き方の参考にしてみてください。
技能試験の施工条件
第二種電気工事士技能試験の施工条件について解説しています。技能試験の本番で試験問題に書かれている施工条件の意味が分からないと、間違ったモノを作ってしまったりします。間違ったモノを作ると不合格になりますので、施工条件に書かれている内容を理解できるようにしておきましょう。
技能試験の器具・回路
第二種電気工事士技能試験で使う器具や回路などのポイントをまとめています。技能試験では、三路スイッチや四路スイッチなどのスイッチ類、確認表示灯(パイロットランプ)などのランプ類などの器具を使用し、色々な回路を施工します。ここでは技能試験にでてくる器具や回路について勉強しましょう。