電気数学のお勉強 図形

「図形」の関連記事のまとめページです。

 

図形には三角形や四角形などさまざまな図形がありますが、図形に関する定理や公式などは電気の計算をするときにもよく使われます。

 

例えば、直角三角形の辺の長さを求めるときに使う三平方の定理(ピタゴラスの定理ともいう)がありますが、この三平方の定理は、

 

インピーダンスの計算をするとき、

 

交流回路の電圧や電流の計算をするとき、

 

交流回路の電力(有効電力、無効電力、皮相電力)の計算をするとき、などなど…

 

特に電気の交流回路の計算をするときによく使われます。

 

三平方の定理(ピタゴラスの定理)

 

ここでは図形に関する定理や公式、計算方法などについて解説していますので、図形の勉強に活用してみてください。

電気数学のお勉強 図形 関連記事一覧

図形の面積を求める公式
図形の面積を求める公式 は、ふだんあまり使っていないと、あれ? どんな公式だったかなぁ?と、忘れてしまったりします。このページでは、三角形や円などの平面図形の面積を求める公式についてまとめていますので、この図形の面積はどうやって求めるの? とか、面積を求める公式を忘れてしまった!なんてときに、参考に...

立体の体積を求める公式
立体の体積を求める公式 は、ふだんあまり使っていないと、あれ? どんな公式だったかなぁ?と忘れてしまったり…、げっ! これは体積を求める公式じゃなくて、表面積を求める公式だった!と、なったりします。(球の場合とかよくあるよね? ない?)このページでは、球や円錐などの立体の体積を求める公式についてまと...

三平方の定理
三平方の定理は、直角三角形の辺の長さを求めるときによく使われる定理です。三平方の定理を初めて習ったのは中学だったと思うのですが、三平方の定理は高校や大学の数学でも使われ、数学の中でもとても重要な定理の一つです。このページでは、三平方の定理の式(公式)、使い方、証明などについて解説していますので、この...

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事