電気のお勉強 直流回路

「直流回路」の関連記事のまとめページです。

 

電気回路、特に交流回路の計算が苦手という方もいますが、直流回路の計算の考え方(方法)は交流回路の計算にも応用でき、電気回路の計算の基本になりますので、直流回路の計算方法はしっかりとマスターしておきましょう。

電気のお勉強 直流回路 関連記事一覧

合成抵抗を求めた手順
合成抵抗の計算は直流回路、交流回路の計算をするときの基本になります。合成抵抗の計算は、抵抗の数が多くなると複雑そうに思えてしまいますが、基本的には、抵抗が2個の場合の直列接続または並列接続の合成抵抗の求め方さえ分かっていれば、ほとんどの回路の合成抵抗を求めることができます。回路が複雑になると計算は多...

重ね合わせの理
回路中に電源が2つ以上あるような回路の計算をするときに、重ね合わせの理を利用して回路計算をすると計算が簡単になる場合があります。電源が2つ以上あるような回路とは、例えば、電圧源と電流源が混在しているような回路や、電圧源が2つ以上あるような回路のことで、次の図のような回路です。  電圧源と電流源が混在...

分圧の法則
次の図のように、電源電圧 $V$[$ \mathrm{V} $]に「抵抗 $R_1$」と「抵抗 $R_2$ と $R_3$ の並列接続」が直列に接続されている回路について考えます。この回路において、各抵抗 $R_1$、$R_2$、$R_3$ にかかる電圧 $V_1$、$V_2$、$V_3$、および各...

分流の法則
次の図のように、電源電圧 $V$[$ \mathrm{V} $]に「抵抗 $R_1$ 」と「抵抗 $R_2$ と $R_3$ の並列接続」が直列に接続されている回路について考えます。この回路において、各抵抗 $R_1$、$R_2$、$R_3$ にかかる電圧 $V_1$、$V_2$、$V_3$、および...

ループ解析
ループ解析とはキルヒホッフの第二法則(電圧則)を応用した電気回路の解析方法で、このループ解析をおぼえておくと、回路が複雑であっても機械的に解くことができるので実務でも役に立ちます。(ただし、回路によっては計算がちょっと大変になることもあります。)ちなみに解析とは、電気回路中の各部の電圧、電流を求める...

コンデンサの直列接続回路と電圧、電荷
コンデンサが直列に接続された場合や並列に接続された場合のコンデンサの静電容量、コンデンサに蓄えられる電荷についての問題は、電験三種の理論でもよく出題されていて、電気回路の計算の基礎的なところになります。このページでは、コンデンサが1個の場合、直列接続の場合、並列接続の場合のコンデンサの静電容量とコン...

合成静電容量の求め方の基本
合成静電容量の計算は直流回路、交流回路の計算をするときの基本になります。合成静電容量の計算は、コンデンサの数が多くなると複雑そうに思えてしまいますが、基本的には、コンデンサが2個の場合の直列接続または並列接続の合成静電容量の求め方さえ分かっていれば、ほとんどの回路の合成静電容量を求めることができます...

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事