このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二種電気工事士試験の受験者数と合格率の推移

第二種電気工事士試験の筆記試験と技能試験の合格率は、次の表のようになります。
なお、平成23年度からは上期試験と下期試験に分かれて試験が実施されていますが、表中のデータは上期試験と下期試験を合計しています。

年度

 

受験

申込者

筆記試験

技能試験

受験者

合格者

合格率

受験者

合格者

合格率

昭和60年度

84,092

62,786

33,500

53.4 %

47,415

21,026

44.3 %

昭和61年度

98,319

70,687

34,183

48.4 %

54,300

23,321

42.9 %

昭和62年度

106,099

75,098

36,412

48.5 %

58,696

14,965

25.5 %

昭和63年度

113,483

74,040

41,729

56.4 %

70,924

34,151

48.2 %

平成元年度

91,849

63,893

32,856

51.4 %

52,935

29,819

56.3 %

平成2年度

84,600

63,269

30,566

48.3 %

44,417

21,582

48.6 %

平成3年度

87,899

64,169

31,580

49.2 %

47,689

18,407

38.6 %

平成4年度

96,337

67,335

33,322

49.5 %

53,875

36,133

67.1 %

平成5年度

98,425

73,609

39,480

53.6 %

55,452

29,646

53.5 %

平成6年度

113,203

80,431

41,094

51.1 %

63,448

30,762

48.5 %

平成7年度

121,438

84,343

40,418

47.9 %

67,046

27,569

41.1 %

平成8年度

128,510

87,941

41,521

47.2 %

70,641

38,421

54.4 %

平成9年度

116,042

81,830

46,439

56.8 %

69,578

43,966

63.2 %

平成10年度

107,391

77,054

41,465

53.8 %

61,735

32,823

53.2 %

平成11年度

108,959

76,720

44,676

58.2 %

67,215

22,524

33.5 %

平成12年度

118,431

76,219

48,371

63.5 %

78,944

39,501

50.0 %

平成13年度

101,308

66,924

39,132

58.5 %

63,447

41,115

64.8 %

平成14年度

103,330

75,160

46,370

61.7 %

62,501

35,674

57.1 %

平成15年度

102,980

71,882

41,287

57.4 %

61,228

35,592

58.1 %

平成16年度

104,981

74,517

44,740

60.0 %

62,074

34,846

56.1 %

平成17年度

99,445

68,849

43,990

63.9 %

62,336

28,856

46.3 %

平成18年度

103,184

68,332

38,897

56.9 %

62,411

46,486

74.5 %

平成19年度

95,284

73,295

42,786

58.4 %

55,507

38,078

68.6 %

平成20年度

103,851

79,345

43,237

54.5 %

57,970

38,768

66.9 %

平成21年度

122,239

94,770

63,620

67.1 %

79,660

55,793

70.0 %

平成22年度

131,964

98,600

58,935

59.8 %

79,789

54,277

68.0 %

平成23年度

126,931

95,075

59,979

63.1 %

75,295

52,341

69.5 %

平成24年度

135,098

99,725

58,036

58.2 %

75,205

53,082

70.6 %

平成25年度

146,597

109,564

68,388

62.4 %

84,181

64,000

76.0 %

平成26年度

141,889

105,528

62,272

59.0 %

77,881

57,751

74.2 %

平成27年度

152,925

118,449

69,704

58.8 %

84,072

59,441

70.7 %

平成28年度

152,830

114,528

67,150

58.6 %

84,805

62,216

73.4 %

平均

112,497

81,061

45,817

56.0 %

65,396

38,217

57.0 %

※1)受験申込者数は筆記試験免除者も含む申込者数です。
※2)合格率は、合格率=合格者÷受験者×100[%]で算出しています。
※3)合格率および平均値を除く記載のデータは(一財)電気技術者試験センターのホームページのデータです。

表 第二種電気工事士試験の合格率

 

表ですとちょっと分かりにくいので、受験申込者数の推移、筆記試験の合格率の推移、技能試験の合格率の推移をグラフにしてみました。

 

第二種電気工事士試験の受験申込者数の推移

第二種電気工事士試験の受験申込者数の推移

第二種電気工事士試験の受験申込者数の推移

 

平成13年度から19年度までは受験申込者数が落ち込んでいますが、近年は増加傾向になっていて、平成22年度には13万人を突破し、平成27年度にはなんと、

 

15万人を突破! してしまいました!

 

で、しかも平成27年度は

 

過去最高の受験申込者数!

 

になっています。

 

それで、グラフをみると受験申込者数が増加している期間があるのでちょっと調べてみたら、こんな関係がありました。

 

第二種電気工事士試験の受験申込者数と景気の関係

第二種電気工事士試験の受験申込者数と景気の関係

 

調べてみて、へ〜って思ったんですが、平成元年から3年はバブルがはじけた頃で、平成20年にはリーマンショックがありました。

 

景気の大きな底があると、その後、

 

受験申込者数がぐ〜んと増加

 

しています。ということは、

 

第二種電気工事士の資格は持っていると不景気に強い資格!

 

ということになるんでしょうか??

 

そういうことにしておきましょう・・・、たぶんそうなんだ・・・。

 

実際、第二種電気工事士の資格は国家資格なので持っていて損をすることはないですし、例えば電気工事会社に就職したいとか転職したいとかいうときは、必ずといっていいほど電気工事士の資格は必要になりますから。

 

これから景気が回復するのかどうかは分かりませんが、取れる資格は早めにとっておいたほうがいいですよね。

 

 


スポンサーリンク




 

 

第二種電気工事士筆記試験の合格率の推移

第二種電気工事士筆記試験の合格率をグラフにすると次のようになります。

 

第二種電気工事士筆記試験の合格率の推移

第二種電気工事士筆記試験の合格率の推移

 

平成8年度までの合格率はだいたい50%前後でしたが、平成9年度以降は60%前後になっていて、その中で一番合格率が高かったのは平成21年度の67.1%でした。

 

平成8年度を境にして、平成8年度以降は合格率が60%前後になっていますので、今は昔よりも合格しやすくなっているといえます。

 

第二種電気工事士筆記試験の合格率の変化

第二種電気工事士筆記試験の合格率の変化

 

電気の資格試験で第三種電気主任技術者試験(電験三種)というのもありますが、こちらの試験は年々合格率が低下ぎみですが、第二種電気工事士試験は今が受かりやすい時かもしれません。

 

ですので、

 

いつやるの? いまでしょ!

 

ということですね。(ちょっと古い・・・)

 

第二種電気工事士技能試験の合格率の推移

第二種電気工事士技能試験の合格率をグラフにすると次のようになります。

 

第二種電気工事士技能試験の合格率の推移

第二種電気工事士技能試験の合格率の推移

 

一番合格率が高かったのは平成25年度の76.0%で、これって、

 

受験者の4人中3人は合格!

 

ということになります。

 

これに対して一番合格率が低かったのは昭和62年度で、な、なんと、25.5%! こちらは、

 

受験者の4人中3人が不合格!

 

ということになっています。

 

ここでもう一度グラフを見てみると、平成18年度を境にして、平成18年度より前は合格率がかなり上下(平均は50%くらい)していますが、平成18年度以降は70%前後で安定しています。

 

第二種電気工事士技能試験の合格率の変化

第二種電気工事士技能試験の合格率の変化

 

これは、平成18年度に試験制度が変更になって、合格しやすくなったためと思われます。

 

ちなみに、試験制度の変更内容は次のようなものでした。

 

・従来行われてきた材料等選別試験が廃止され、単位作業試験だけになった。
・技能試験の候補問題を事前に公表することになった。

 

昔よりは簡単になった(合格しやすくなった)ということですね。

 

とはいっても、いつまた試験制度が改正されるか分からないので、やっぱり、

 

いつやるの? いまでしょ!

 

ということになります。

 

 

 

以上が第二種電気工事士試験の受験者数の推移と合格率になります。

 

一般的に第二種電気工事士試験は国家資格試験の中でも合格しやすいといわれていますが、勉強しないと合格しません。

 

ですので、合格を目指して、がんばって勉強しましょう!

 

 

 

第二種電気工事士全般については第二種電気工事士(総合)、筆記試験対策については第二種電気工事士(筆記試験対策)、技能試験対策については第二種電気工事士(技能試験対策)の各ページを参考にしてみてください。

 

平成29年度(2017年度)の電気工事士試験日程はこちら
⇒ 平成29年度(2017年度)電気工事士試験日程
平成28年度(2016年度)の電気工事士試験日程はこちら
⇒ 平成28年度(2016年度)電気工事士試験日程

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二種電気工事士試験の受験者数と合格率の推移 関連ページ

電気工事士とは?
電気工事士の資格と電気工事士として従事できる工事の範囲などについて説明しています。一般用電気工作物や自家用電気工作物の工事をするためには、「電気工事士」という国家資格を持っていなければ従事できません。
平成29年度試験日程
第一種電気工事士試験および第二種電気工事士試験の平成29年度(2017年度)の試験日程です。平成27年度(2015年度)より第二種電気工事士試験の受験申込受付期間が上期試験と下期試験で別になっていますので、受験する方は気を付けましょう!
平成28年度試験日程
第一種電気工事士試験および第二種電気工事士試験の平成28年度(2016年度)の試験日程です。平成27年度(2015年度)より第二種電気工事士試験の受験申込受付期間が上期試験と下期試験で別になっていますので、受験する方は気を付けましょう!
試験の概要
第二種電気工事士の試験の概要(内容)について説明してます。試験には筆記試験と技能試験があり、筆記試験に合格すると技能試験を受けることができ、筆記試験と技能試験の両方に合格すると電気工事士の免状を取得することができます。
試験地に注意!
第二種電気工事士の試験地について、上期試験で受験する場合にはほぼ全国どこの県でも受験できますが、下期試験で受験する場合には試験地が限られます。下期試験で受験を考えている方は試験地を事前に確認しておきましょう。要注意です!
60点未満でも筆記合格?
第二種電気工事士の筆記試験の合格基準点はいつでも60点以上と思っていませんか?合格基準点の調整(?)で60点未満でも合格する場合があるみたいです。