このエントリーをはてなブックマークに追加   

電気のお勉強 電気磁気学

「電気磁気学」の関連記事のまとめページです。

 

電気磁気学は電気回路と同じくらい重要な分野で、電気の勉強の基礎的な分野になりますので、基本的なところはしっかりと勉強しておきましょう。

 

電気磁気学では、クーロンの法則やフレミングの法則など電気を考えるときの重要な法則が多くあります。

電気のお勉強 電気磁気学 関連記事一覧

クーロンの法則
クーロンの法則は電気というか、電気磁気学の分野ですご〜く有名な法則で、電荷間に働く力(反発または引き合う力)は電荷の積に比例し、電荷間の距離の2乗に反比例しますという法則です。電荷?? 働く力??ここでは、クーロンの法則をできるだけ簡単に理解しやすいように、電荷のイメージから説明します。クーロンの法...

フレミングの法則
フレミングの法則は、「電流の向き」と「磁界の向き」と「力の向き」の関係を表わした法則で、フレミングの左手の法則とフレミングの右手の法則があります。たぶん初めて習うのは中学校?か高校?の理科の授業で、初めにフレミングの左手の法則から習ったと思います。試験のときに左手を出して、中指、人差し指、親指をお互...

右ねじの法則の説明図
右ねじの法則は電気磁気学の基本的な法則で、電流と磁界の向き(方向)の関係を表わした法則 です。右ねじの法則は、アンペアの右ねじの法則とか、アンペールの右ねじの法則と呼ばれたりもしますが、一番初めに学習するのは小学校か?中学校?の理科の授業じゃなかったかと思うのですが、どうでしたかねぇ? ま、習ったの...

ビオ・サバールの法則
ビオ・サバールの法則は電気磁気学の法則で、電線に流れる電流によって作られる磁界の大きさ(強さ)を求めるときなどに使われる法則です。例えば、次の図のように直線状の電線や円形状の電線に電流が流れているとしますよね?このときに、ある点に作られる磁界の大きさはいくら?というときにビオ・サバールの法則を使うと...

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加