このエントリーをはてなブックマークに追加   

電気数学のお勉強 ラプラス変換

ラプラス変換のまとめページです。

 

ラプラス変換は自動制御でよく使われる数学で、主に、微分方程式を解くときなどに使われています。

 

自動制御以外にも、例えば過渡現象解析などで微分方程式を解くときにラプラス変換を使うと計算が楽にできたりしますので、使い方をおぼえておくと何かと便利です。

 

まず初めは、ラプラス変換の定義式とラプラス変換表(ラプラス変換の公式)から勉強するといいと思います。

電気数学のお勉強 ラプラス変換 関連記事一覧

ある時間tの関数f(t)のラプラス変換F(s)は次式で定義されます。ある時間tの関数f(t)のラプラス変換は、f(t)にe-stをかけて0〜∞で積分すると求められます。記号です。また、ラプラス変換後の関数を書くときは一般的に大文字(F(s))を使います。ラプラス変換を使って微分方程式を解くときなどは...

ラプラス変換の公式
ラプラス変換表(ラプラス変換の公式)をまとめてみました。ラプラス変換の公式は、あれもこれもと並べると数多くあり、すべての公式をおぼえるのは大変です。なので、このページでは電気数学で「よく使うラプラス変換」、「ほとんど使わないラプラス変換」※に分けてみました。ラプラス変換(t領域の関数からs領域の関数...

ラプラス変換の定理・法則
線形性a、bを定数とすると、相似法則a>0のとき、移動法則微分法則積分法則初期値の定理ある時間領域の関数 f(t) があるとして、この f(t) の時間 t がゼロのときの値 f(0) は、s 領域に置き換えると次のようになります。これを初期値の定理といいます。上式をみると分かるように、時間 t→0...

ランプ関数と単位ステップ関数
aをある定数としたとき、f(t)=aで表わされる関数を単位ステップ関数といいます。    単位ステップ関数この単位ステップ関数f(t)のラプラス変換F(s)を求めてみます。ラプラス変換の定義式よりF(s)は次式となります。ここで、aは定数なので積分の前に出して、e-stを積分して求めます。tで積分な...

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加