このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二種電気工事士 機器・器具

第二種電気工事士筆記試験で出題される「機器・器具」関連記事のまとめページです。

 

機器・器具で出題される問題のパターンはあまり多くないので、一通り勉強したら過去問で問題に慣れておくようにしましょう。

 

三相かご形誘導電動機のスターデルタ始動についての問題や、三相誘導電動機を逆回転させる方法などがよく出題されています。

 

知っているか?

 

知らないか?

 

で点数が採れるか採れないかが決まる問題が多いので、勉強しておけば点数を採りやすい分野です。

第二種電気工事士 機器・器具 関連記事一覧

スターデルタ始動
三相かご形誘導電動機の始動法にスターデルタ(Y-Δ)始動法というものがあります。このスターデルタ始動法は、第二種電気工事士の筆記試験で度々出題されますが、計算問題として出題されることはまずなくて、知識を問う文章問題として出題されます。つまり、知っているか?知らないか?だけで点数がとれるかどうかが決ま...

三相誘導電動機を逆回転させる回路
第二種電気工事士の筆記試験で、三相誘導電動機を逆回転させる接続方法はどのような回路か?とか、三相誘導電動機を逆回転させるためにはどうしたらいいか?のような、三相誘導電動機の正転・逆転についての問題が度々出題されます。(三相誘導電動機とは三相の交流電源で動くモーターと考えておけばいいです。)それで、こ...

三相誘導電動機の力率改善
三相誘導電動機(誘導電動機)の力率改善についての問題は、第二種電気工事士の筆記試験で度々出題されていて、2〜3年に一度くらいの頻度で出題されています。それで、出題のパターンとしてはだいたい次の2つになります。・三相誘導電動機にコンデンサを並列に接続する目的は?・三相誘導電動機の力率を改善するために使...

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加