このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二種電気工事士 鑑別

第二種電気工事士筆記試験で出題される「鑑別」関連記事のまとめページです。

 

鑑別に関連した問題は出題比率が高いので、おぼえると点数を確保しやすくなり合格点(60点)に近づきやすくなります。

 

また、鑑別を勉強すると電気工事関係の用語や内容のイメージもつかみやすくなるので、筆記試験の勉強を鑑別からスタートすると、後々の勉強が楽に進められると思いますよ。

 

それから、鑑別の対象はモノ、配線図の対象もモノなので、鑑別と配線図の勉強を並行して進めるとおぼえやすいです。

第二種電気工事士 鑑別 関連記事一覧

配線器具・材料(1)
第二種電気工事士筆記試験の「鑑別」で出題される配線器具・材料のうち「スイッチ」「コンセント」「電線や照明器具を接続するもの」「電線管」「遮断器」などについてまとめています。似ているものが多いのでおぼえるのがなかなか大変ですが、鑑別をおぼえるコツは「それぞれの特徴をおさえること」と「記憶力?」です。「...

配線器具・材料(2)
第二種電気工事士筆記試験の「鑑別」で出題される配線器具・材料のうち「ボックス」「コネクタ」「カップリング」他についてまとめています。配線器具・材料は似たようなものが多いので、それぞれの特徴をおさえながらおぼえていくようにしましょう。※市販の参考書でもそうですが、同じ名称のものでもメーカにより色々ある...

第二種電気工事士筆記試験の「鑑別」で出題される機器(測定器、照明他)についてまとめています。機器それぞれの特徴をおさえながらおぼえていくことが鑑別を早くおぼええるコツになります。※市販の参考書でもそうですが、同じ名称のものでもメーカにより色々あるので、まったく同じものが問題に出てくるとは限りません。...

工具
第二種電気工事士筆記試験の「鑑別」で出題される工具についてまとめています。それぞれの工具の特徴をおさえながらおぼえていくことが鑑別を早くおぼええるコツです。※市販の参考書でもそうですが、同じ名称のものでもメーカにより色々あるので、まったく同じものが問題に出てくるとは限りません。パッと見たときの見た目...

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加