このエントリーをはてなブックマークに追加   

鑑別|配線器具・材料(2)

第二種電気工事士筆記試験の「鑑別」で出題される配線器具・材料のうち「ボックス」「コネクタ」「カップリング」他についてまとめています。

 

配線器具・材料は似たようなものが多いので、それぞれの特徴をおさえながらおぼえていくようにしましょう。

 

※市販の参考書でもそうですが、同じ名称のものでもメーカにより色々あるので、まったく同じものが問題に出てくるとは限りません。パッと見たときの見た目が違うものもあるので、それぞれの特徴をおぼえておくようにしましょう!

 

その他

 

VVF用ジョイントボックス(端子なしジョイントボックス)

電線と電線を接続する箇所に使われます。
VVF用ジョイントボックスは第二種電気工事士技能試験の候補問題にも出てきますが、VVF用ジョイントボックスの施工は省略されるので技能試験で実際に使うことはありません。たまに、「ジョイントボックスがありません!」と言う方がいますが、間違いなくありません。


 

アウトレットボックス

アウトレットボックス

電線と電線を接続したりする箇所に使われます。
VVF用ジョイントボックスには電線管を取り付けることはできませんが、アウトレットボックスには電線管を取り付けることができます。写真のような黒色のものの他に銀色のものもあります。
第二種電気工事士の技能試験でも使われる材料で、VVF用ジョイントボックスの施工は省略されますが、アウトレットボックスの施工は省略されません。
ですので、技能試験でアウトレットボックスを使用する課題が出たときは、ちゃんと施工しましょう。


 

プルボックス

多数の金属管が集まるところなどで使用されます。
プルボックスの中で電線を接続したりします。


 

露出スイッチボックス(金属製)

金属管を使う露出工事で使われる金属製のスイッチボックスです。
スイッチやコンセントを取り付けて使われます。


 

カップリング

電線管と電線管を接続するときに使われます。写真は薄鋼電線管用です。
名称に「カップリング」と付くものは、ほとんどの場合、電線管と電線管を接続するものになります。


 

ねじなしカップリング

ねじなし電線管とねじなし電線管を接続するときに使われます。
ねじなしカップリングからニョキニョキと2つ出ているものがありますが、ねじなし電線管はねじが切られていない(ねじを切らないで使う)電線管なので、ニョキニョキ出ているところを締め付けてねじなし電線管をカップリングに固定します。(伝わってます?)


 

TSカップリング

VE管とVE管を接続するときに使われます。
VE管とは硬質塩化ビニル電線管(硬質塩化ビニル製の電線管)のことです。


 

コンビネーションカップリング

違う種類の電線管を接続するときに使われるのがコンビネーションカップリングです。
写真は2種金属製可とう電線管とねじなし電線管を接続するものです。


 

絶縁ブッシング

絶縁ブッシング

金属管の管端などで電線の被覆を傷つけないように、金属管の管端やねじなしボックスコネクタに取り付けて電線の被覆を保護します。


 

ねじなしブッシング

ねじなし電線管の管端で電線の被覆を傷つけないように、ねじなし電線管の管端に取り付けて電線の被覆を保護します。


 

ロックナット

ロックナット

アウトレットボックスに電線管を接続するときや、アウトレットボックスにねじなしボックスコネクタを取り付けるときに使われます。


 

ねじなしボックスコネクタ

ねじなしボックスコネクタ

ねじなし電線管をアウトレットボックスに取り付けるときに使用します。


 

PF管用ボックスコネクタ

PF管用ボックスコネクタ

合成樹脂製可とう電線管(PF管)をアウトレットボックスに取り付けるときに使用します。


 

リングレジューサ

金属管をボックスに取り付けるときに、電線管よりもボックス側の穴(ノックアウトの径)が大きいときに使われます。2個を1セットで使います。


 

 


スポンサーリンク




 

 

ノーマルベンド

金属管が直角に曲がるところに使用します。
写真はねじなし電線管用です。


 

ケーブルラック

ケーブルを上に乗せて使うケーブルの棚みたいなものです。工場や配電盤などがある電気室などによくあります。


 

電線管支持金具(パイラック)

金属管を鉄骨などに固定するときに使われます。
ちなみに、パイラックという名称はネグロス電工の登録商標です。


 

低圧進相コンデンサ

力率改善用のコンデンサです。写真では分かりにくいですが「75μF」と書いてあります。F=ファラドはコンデンサンの容量の単位なので、これがコンデンサであるということは写真を見ると分かります。
第二種電気工事士の筆記試験の鑑別でよく出てくるのでおぼえておきましょう。


 

ネオン変圧器

No Photo

ネオン放電灯を点灯させるための変圧器です。
変圧器は交流の電圧を上げたり下げたりすることができるものです。
また、変圧器はトランスとも呼ばれているので、ネオントランスとも言います。


 

リモコン変圧器

リモコン配線用の変圧器です。
変圧器はトランスとも呼ばれているので、リモコントランスとも言います。


 

漏電警報器

漏電を検出すると警報を発します。
漏電とは電気が漏れる(流れるべきところではないところを電気が流れしまう)ことで、漏電が原因で火災になったりすることもあって危険なので、このような警報器があります。


 

接地金具(ラジアスクランプ)

金属管と接地用のボンド線を接続するときに使用します。


 

埋込連用取付枠

埋込連用取付枠

スイッチやコンセントなど(埋込連用器具)を取り付ける枠です。


 

パイロットランプ

パイロットランプ

パイロットランプはランプなので、点灯したり消灯したりします。
ランプが常に点灯する常時点灯回路や、スイッチのON/OFFに合わせて点灯/消灯する同時点滅回路などで使われます。


 

接地端子

接地端子

機器を接地するための端子です。
蓋をパカッと開けると端子があり、そこに機器の接地線(アース線)を接続して使います。


スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

鑑別|配線器具・材料(2) 関連ページ

鑑別|配線器具・材料(1)
このページでは、第二種電気工事士筆記試験の「鑑別」で出題される配線器具・材料のうち、スイッチ、コンセント、電線や照明器具を接続するもの、電線管、遮断器などについてまとめています。配線器具・材料は似たようなものが多いので、それぞれの特徴をおさえながらおぼえていくようにしましょう。
鑑別|機器(測定器、照明他)
このページでは、第二種電気工事士筆記試験の「鑑別」で出題される機器(測定器、照明他)についてまとめています。機器それぞれの特徴をおさえながらおぼえていくようにしましょう。
鑑別|工具
このページでは、第二種電気工事士筆記試験の「鑑別」で出題される工具についてまとめています。工具にも似たようなものが色々ありますが、それぞれの特徴をおさえながらおぼえていくようにしましょう。特徴をおさえるのが鑑別をおぼえるコツになります。