このエントリーをはてなブックマークに追加   

電線・ケーブルと電線を接続する材料

第二種電気工事士筆記試験の鑑別問題で出題される「電線・ケーブルと電線を接続する材料」についてまとめています。

 

600Vビニル絶縁電線(IV)

600Vビニル絶縁電線(IV)

600Vビニル絶縁電線(IV)は、屋内配線に使われる絶縁電線です。

 

IVは、絶縁被覆がビニル(塩化ビニル樹脂)の絶縁電線で、最高許容温度は60℃です。

 

ケーブル

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVFケーブル)

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVFケーブル)

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVFケーブル)は、屋内、屋外、地中で使えるケーブルです。

 

VVFケーブルは、絶縁被覆およびシース(外装被覆)がビニル(塩化ビニル樹脂)のケーブルで、最高許容温度は60℃です。

 

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形(VVRケーブル)

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形(VVRケーブル)

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形(VVRケーブル)は、屋内、屋外、地中で使えるケーブルです。

 

VVRケーブルは、絶縁被覆およびシース(外装被覆)がビニル(塩化ビニル樹脂)のケーブルで、最高許容温度は60℃です。

 

VVFケーブルとVVRケーブルとの大きな違いはケーブルの断面の形で、VVFケーブルは断面が 平ら になっていますが、VVRケーブルは 丸く なっています。

 

VVFケーブルとVVRケーブルの断面の形状の違い

 

ちなみに、これは介在物で、

 

VVRケーブルの介在物

 

絶縁被覆とシースの間に入っている紙みたいなものです。

 

600Vポリエチレン絶縁耐燃性ポリエチレンシースケーブル平形(EM-EEFケーブル)

600Vポリエチレン絶縁耐燃性ポリエチレンシースケーブル平形(EM-EEFケーブル)

600Vポリエチレン絶縁耐燃性ポリエチレンシースケーブル平形(EM-EEFケーブル)は、屋内、屋外、地中で使えるケーブルです。

 

EM-EEFケーブルは、絶縁被覆がポリエチレン、シース(外装被覆)が耐燃性ポリエチレンのケーブルで、最高許容温度は75℃です。

 

EM-EEFケーブルの材質と最高許容温度

 

燃焼時に有害ガスを発生しないケーブルで、エコケーブルとも呼ばれているケーブルです。

 

600V架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(CVケーブル)

600V架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(CVケーブル)

600V架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(CVケーブル)は、屋内、屋外、地中で使えるケーブルです。

 

CVケーブルは、絶縁被覆が架橋ポリエチレン、シース(外装被覆)がビニルのケーブルで、最高許容温度は90℃です。

 

 


スポンサーリンク




 

 

リングスリーブ

リングスリーブ

リングスリーブは、電線相互を接続(圧着接続)するのに使われます。

 

リングスリーブには「小」「中」「大」の3種類があり、接続する電線の太さや本数により適切なリングスリーブを使います。

 

リングスリーブで電線を接続するときは、リングスリーブに電線を通し、リングスリーブ用圧着工具 でリングスリーブを潰して接続します。

 

リングスリーブによる電線の接続例

 

ちなみに、リングスリーブ用圧着工具は、こんな工具です。

 

リングスリーブ用圧着工具

 

差込形コネクタ

差込形コネクタ

差込形コネクタは、電線相互を接続するのに使われます。

 

差込形コネクタには「2本用」「3本用」「4本用」などがあり、接続する電線の本数に合った差込形コネクタを使います。

 

差込形コネクタで電線を接続するときは、差込形コネクタに電線を差し込んで接続します。

 

差込形コネクタによる電線の接続例

 

圧着端子(裸圧着端子)

圧着端子(裸圧着端子)

圧着端子は、電線を機器の端子に接続するときに使われます。

 

電線を圧着端子に接続(圧着接続)するときは、電線を圧着端子の穴に通し、専用の工具で圧着端子を潰して接続します。

 

電線を圧着端子の穴に通して接続する

 

ちなみに、写真のような裸圧着端子を潰すときは、圧着端子用圧着工具 を使います。

 

圧着端子用圧着工具

 

このページで使用している写真は、一部を除き、(一財)電気技術者試験センターが作成した第二種電気工事士筆記試験の試験問題に掲載されている写真です。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

電線・ケーブルと電線を接続する材料 関連ページ

スイッチ(機器をON/OFFする器具)
このページでは、第二種電気工事士筆記試験の鑑別問題で出題される「スイッチ(機器をON/OFFする器具)」についてまとめています。スイッチには似たようなものが多いですが、それぞれの特徴をおさえながらおぼえていくようにしましょう。
コンセント
このページでは、第二種電気工事士筆記試験の鑑別問題で出題される「コンセント」についてまとめています。コンセントには色々な種類のものがあり、また、見た目も似ているのが多いのでおぼえるのが大変ですが、コンセントそれぞれの使用電圧、定格電流、用途などに着目しておぼえていくようにしましょう。
遮断器と開閉器
このページでは、第二種電気工事士筆記試験の鑑別問題で出題される「遮断器と開閉器」についてまとめています。遮断器と開閉器には似ているものがありますが、それぞれを見分けるポイントをおさえておけば大丈夫です。
照明器具(照明と照明を取り付ける器具)
このページでは、第二種電気工事士筆記試験の鑑別問題で出題される「照明器具(照明と照明を取り付ける器具)」についてまとめています。照明と照明を取り付ける器具は、どこに取り付ける照明・器具なのか? 照明の光源の種類は何か? など、取り付け場所や光源の種類などに着目しておぼえていくと比較的おぼえやすいです。
電線管工事で使う材料
このページでは、第二種電気工事士筆記試験の鑑別問題で出題される「電線管工事で使う材料」についてまとめています。電線管工事で使う材料は、材料の材質(金属製か?樹脂製か?)や、その材料に使われる電線管の種類(ねじなし電線管か?PF管か?)などに着目しておぼえていくとおぼえやすいです。
コンデンサなどその他の機器・器具・材料
このページでは、第二種電気工事士筆記試験の鑑別問題で出題されるコンデンサなど「その他の機器・器具・材料」についてまとめています。
電気工事で使う工具
このページでは、第二種電気工事士筆記試験の鑑別問題で出題される「電気工事で使う工具」についてまとめています。
測定や検査に使う測定器・検出器
このページでは、第二種電気工事士筆記試験の鑑別問題で出題される「測定や検査に使う測定器・検出器」についてまとめています。