このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二種電気工事士の勉強方法(勉強の進め方)

「第二種電気工事士の勉強方法(勉強の進め方)」関連記事のまとめページです。

 

第二種電気工事士試験には筆記試験と技能試験があり、それぞれの試験の概要は次のようになります。

 

筆記試験

筆記試験は全部で50問出題され、一問あたり2点で合計100点、試験の制限時間は120分になります。

 

合格最低点は6割の60点ですので、本番の試験で60点以上の点数を採れれば筆記試験に合格となります。

 

マークシート方式のペーパー試験ですので、問題をひたすら解いて、解いたらマークシートに選択した答えをマークしていきます。

 

技能試験

技能試験は電気技術者試験センターから公表された全13問の候補問題の中から一問出題され、出題された候補問題の課題を問題用紙に書かれている施工条件に従って実際にモノを作る実技試験になります。

 

技能試験の制限時間は40分で、制限時間以内に与えられた課題を施工条件と電気工事のルールに従って作ることができれば技能試験に合格となります。

 

第二種電気工事士試験には以上のような筆記試験と技能試験がありますが、第二種電気工事士試験に合格するためには、まず初めに筆記試験に合格しなければならず、筆記試験に合格すると技能試験を受験する資格が得られ、筆記試験と技能試験の両方に合格すると第二種電気工事士試験合格となります。

 

したがって、第二種電気工事士試験に合格するためには筆記試験と技能試験の両方に合格しなければならないのですが、筆記試験はペーパーテスト、技能試験は実際にモノを作る実技試験ですので、当然、それぞれの試験によって勉強方法(勉強の進め方)が異なります。

 

筆記試験と技能試験それぞれの勉強方法(勉強の進め方)について各ページで紹介していますので、第二種電気工事士試験の勉強方法(勉強の進め方)の参考にしてもらえればと思います。

 

 


スポンサーリンク




 

第二種電気工事士の勉強方法(勉強の進め方) 関連記事一覧

第二種電気工事士筆記試験の概要
第二種電気工事士の筆記試験に合格するためのおすすめ勉強方法を紹介します。(技能試験の勉強の進め方についてはこちらのページを参考にしてみてください。)第二種電気工事士試験には筆記試験と技能試験があり、筆記試験に合格すると技能試験を受験する資格が得られ、筆記試験と技能試験の両方に合格すると第二種電気工事...

第二種電気工事士技能試験候補問題平成26年度No4完成写真
第二種電気工事士技能試験に合格するためのおすすめの勉強の進め方を紹介します。(筆記試験の勉強方法についてはこちらのページを参考にしてみてください。)第二種電気工事士試験には筆記試験と技能試験があり、筆記試験に合格すると技能試験を受験する資格が得られ、筆記試験と技能試験の両方に合格すると第二種電気工事...

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加