このエントリーをはてなブックマークに追加   

クーロンの法則とは?

クーロンの法則は電気というか、電気磁気学の分野ですご〜く有名な法則で、

 

電荷間に働く力(反発または引き合う力)は電荷の積に比例し、
電荷間の距離の2乗に反比例します

 

という法則です。

 

電荷?? 働く力??

 

ここでは、クーロンの法則をできるだけ簡単に理解しやすいように、電荷のイメージから説明します。

 

クーロンの法則の公式を暗記してしまうだけでもいいのですが、式だけではなく、その法則のイメージを持っておくことは大事です。イメージを持っておくと忘れにくくなり、理解度も深まりますよ。

クーロンの法則(電荷のイメージ)

クーロンの法則は電荷についての法則なので、まずは電荷のイメージです。

 

電荷??

 

電荷は「電気のかたまり」みたいなものとイメージしておけばいいです。

 

それで、電気にはプラスとマイナスがありますが、電荷は電気のかたまりなので、電荷にもプラスとマイナスがあります。

 

電荷を絵で書くときはほとんどの場合、プラスの電荷は「○に+」、マイナスの電荷は「○に−」で書きます。

 

電荷の絵

 

電荷にはプラスとマイナスの電荷がありますが、これらを近所に置いてみたらどうなっちゃうんでしょうか?

 

とりあえず、プラスの電荷の近所にプラスの電荷をもう1つ置いてみますか。

 

プラスの電荷を2つ置いた図

 

そうすると、磁石のN極とN極が反発し合うように、電荷も同じ種類(プラスとかマイナスという意味)どうしのときには、お互いに反発して離れてしまいます。

 

プラスどうしの電荷はお互いに離れてしまう

 

マイナスとマイナスの場合も同じ種類の電荷なので離れてしまいます。

 

マイナスどうしの電荷もお互いに離れてしまう

 

次はプラスの電荷の近所にマイナスの電荷を置いてみますか?

 

だいたい想像できますね。

 

プラスとマイナスの電荷の場合お互いに近づく

 

プラスとマイナスの場合は磁石のN極とS極が引き合うように、電荷も違う種類のときはお互いに引き合って近づきます。

 

以上の3パターン(プラスとプラス、マイナスとマイナス、プラスとマイナス)から、2つの電荷には反発する力または引き合う力が働くことが分かりましたね。

 

それから、電荷には大きさ(量)があり、その大きさを電荷量といいます。
電荷量が大きい場合は電気がいっぱい!電荷量が小さい場合は電気が少し、そんな感じです。

 

また、電荷量の単位は[C]と書いて「クーロン」と読みます。電荷量を書くときは一般的にアルファベットの「Qまたはq」が使われるので、電荷量を単位も含めて書くと、Q[C]、こんな感じになります。

 

クーロンの法則を理解するために電荷についておぼえておくことはこんなところです。

 

あ、そうそう、それから、反発する向きと引き合う向き(つまり力の向き)は2つの電荷を結んだ直線上になりますよ。

 

反発する向きと引き合う向きは2つの電荷を結んだ直線上になる

 

そりゃそうだ!

 

って思うかもしれませんが、これってものすごく大事なことなのでおぼえておきましょう。

 

ここでは電荷が2つだけの場合で説明していますが、電荷が3つとか4つのときの場合を考えるときにとても大事な考え方になります。(電験三種の理論で電荷が3個とか4個の問題がよく出題されていますね。)

 

電荷が3個の場合にお互いに働く力の方向

 

 


スポンサーリンク




 

クーロンの法則(ここからが本題)

それではここからが本題です。

 

電荷のイメージができれば、あとは簡単です。 たぶん。

 

もう一度クーロンの法則について書くと、クーロンの法則とは、

 

電荷間に働く力(反発または引き合う力)は電荷の積に比例し、
電荷間の距離の2乗に反比例します

 

でした。

 

この文章を次の@〜Bに分解して考えてみましょう。

 

クーロンの法則を3つに分解した文章

 

@電荷間に働く力

電荷のイメージのところで書いたように、プラスとプラスの電荷は反発、マイナスとマイナスの電荷も反発、プラスとマイナスの電荷は引き合いますね。このときの反発する力、引き合う力のことをいっています。

 

電荷間に働く力

 

A電荷の積

電荷の積の「電荷」は電荷量のことなので、2つの電荷量をかけたものということになります。

 

2つの電荷の積

 

B電荷間の距離

電荷間の距離とは、そのままの意味ですね。電荷と電荷の間の距離になります。

 

電荷間の距離

 

すると、@〜Bより、クーロンの法則をもうちょっと分かりやすく書くと次のようになります。

 

2つの電荷が反発または引き合う力は、2つの電荷の電荷量をかけたものに比例し、2つの電荷間の距離を2乗したものに反比例します

 

あまり変わっていないような気もしますが・・・ 
ちょっとは分かりやすくなってますか? ほぼ同じか・・・

 

これを式で書いたのがクーロンの法則の公式で次のような式になります。

 

クーロンの法則の公式

 

この式の各値についてちょっと説明すると、

 

F:2つの電荷が反発または引き合う力、単位は[N](ニュートンと読みます)
Q1:1つ目の電荷の電荷量、単位は[C]
Q2:2つ目の電荷の電荷量、単位は[C]
r:2つの電荷間の距離、単位は[m]
比例定数k
 (ε0は真空の誘電率)

 

図で書いてみると、

 

クーロンの法則の公式の説明図

 

となります。

 

このクーロンの法則の公式を、さきほどでてきた図と対応させてみましょう。

 

まず、プラスとプラスの電荷の場合は、こんな感じです。

 

プラスとプラスの場合のクーロンの法則の公式の各値の説明図

 

次に、プラスとマイナスの電荷の場合は、こんな感じです。

 

プラスとマイナスの場合のクーロンの法則の公式の各値の説明図

 

上の図をみていると、クーロンの法則の公式の意味が分かってきますね! どういう意味??

 

クーロンの法則は、

 

2つの電荷量と電荷間の距離が分かると、2つの電荷が反発または引き合う力の大きさが分かる

 

という法則だったんですね!

 

クーロンの法則はQ1、Q2、rが分かればFが分かるという法則

 

 

 

補足(比例定数kについて)

kは比例定数で、kについてちょっと詳しく書くと、

 

比例定数k=1/4πε0

 

πは円周率のπ(パイ=3.141592・・・)ですが、なんですか??ε0というのがあります。
ε0は真空の誘電率といって、

 

ε0≒8.854×10-12[F/m]  という値になります。

 

誘電率の単位のFはコンデンサの容量の単位のファラドですね。

 

すると、円周率πと真空の誘電率ε0は決まった値なので、これらを比例定数kの式に代入すると比例定数kの値を求めることができますね。 kの値は、

 

比例定数kの値の計算

 

となります。

 

ちなみに、ε0は真空の誘電率とよばれていますが、空気の誘電率は真空の誘電率にほぼ等しいので、空気中での計算で誘電率を使うときは真空の誘電率を使っています。

クーロンの法則のまとめ

以上、クーロンの法則をまとめると次のようになります。

 

@プラス、マイナスが同じ場合は反発、違う場合は引き合う
A反発する向きと引き合う向きは2つの電荷を結んだ直線上になる
クーロンの法則の公式
C2つの電荷量と電荷間の距離が分かっている場合、2つの電荷が反発または引き合う力をクーロンの法則の公式で求めることができる

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

クーロンの法則 関連ページ

フレミングの法則
電気磁気学の「フレミングの法則」とその使い方について解説しています。フレミングの法則にはフレミングの左手の法則とフレミングの右手の法則がありますが、「力の向き」を求めるときは左手の法則、「電流の向き」を求めるときは右手の法則を使います。これけっこう迷う人が多いので、おぼえておくようにしましょう。
右ねじの法則
電気磁気学の「右ねじの法則」とその使い方についてできるだけ簡単に解説しています。右ねじの法則は電流と磁界の向き(方向)の関係を表わした法則で、アンペールの右ねじの法則とか、アンペアの右ねじの法則と呼ばれたりもします。
ビオ・サバールの法則
電気磁気学の「ビオ・サバールの法則」とその法則を使った磁界の計算方法について解説しています。直線状電流の磁界の計算方法や円形コイル電流の磁界の計算方法はビオ・サバールの法則の使い方の基本になりますので、おぼえておくようにしましょう。