このエントリーをはてなブックマークに追加   

電気工事の種類(作業)と使われる工具の組み合わせ

第二種電気工事士の筆記試験で「電気工事の種類(作業)と使われる工具の組み合わせ」がほぼ毎年(毎回)出題されています。

 

出題される問題は、例えば、

 

○○電線管の切断、曲げ作業に使用する工具の組み合わせとして適切なものは?

 

とか、

 

○○○工事で○○○を使用する主な目的は?

 

という内容です。

 

工具の名称と用途をおぼえておけば解答できるレベルなので、鑑別をしっかり勉強しておけばほぼ問題なく解くことができます。

 

ここでは、よく出題されている金属管工事、合成樹脂管工事、地中配線工事で使われる主な工具についてまとめておきますので、それぞれの電気工事の種類(作業)と使われる工具の名称とその用途をおぼえておきましょう。

 

金属管工事で使われる工具とその用途

金切りのこ

金属管を切断するときに使用します。

 

パイプカッター

金属管を切断するときに使用します。パイプ=管、カッター=切断するもの。

 

やすり

金属管を切断した後の切り口の仕上げに使用します。金属管を切断するとギザギザができるので、やすりで削ってギザギザを取り除きます。

 

リーマ

金属管の内側のバリを取るときにクリックボールに取り付けて使用します。

 

パイプベンダ

金属管を曲げるときに使用します。パイプ=管、ベンダ=曲げるもの。

 

パイプレンチ

金属管をカップリングに締め付けるときに使用します。

 

リード型ねじ切り器

金属管にねじを切るときに使用します。金属管にねじを切るとは、金属管の管端にねじの溝(山)を作ることです。

 

パイプバイス

金属管を切断するときや金属管にねじを切るときに金属管を固定するために使用します。

 

 


スポンサーリンク




 

 

合成樹脂管工事で使われる工具とその用途

トーチランプ

硬質塩化ビニル電線管(VE管)を曲げるときに使用します。ガスバーナーみたいなもので、VE管をバーナーで熱して曲げます。

 

塩ビカッタ

硬質塩化ビニル電線管(VE管)を切断するときに使用します。

 

地中配線工事で使われる工具とその用途

金切りのこ

防護管(FEP(波付硬質合成樹脂管))を切断するときに使用します。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

電気工事の種類(作業)と使われる工具の組み合わせ 関連ページ

ケーブル工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ケーブル工事」についてまとめています。ケーブル工事はVVFケーブル、VVRケーブル、EM-EEFケーブル、CVケーブルなどを使った工事です。
地中埋設工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「地中埋設工事」についてまとめています。地中埋設工事は配線(ケーブル)を地面の中を通す工事です。
金属管工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属管工事」についてまとめています。金属管工事はねじなし電線管、薄鋼電線管、厚鋼電線管を使った工事で、金属管の中に電線を通して配線する工事です。
金属可とう電線管工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属可とう電線管工事」についてまとめています。金属可とう電線管工事は金属製の可とう電線管を使った工事で、電線管の中に電線を通して配線する工事です。
合成樹脂管工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「合成樹脂管工事」についてまとめています。合成樹脂管工事は硬質塩化ビニル電線管(VE管)、合成樹脂製可とう電線管(PF管、CD管)を使った工事で、合成樹脂管の中に電線を通して配線する工事です。
金属線ぴ工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属線ぴ工事」についてまとめています。金属線ぴ工事は1種金属製線ぴ(メタルモール)、または2種金属製線ぴ(レースウェイ)を使う工事で、金属線ぴの中に電線を通して配線する工事です。
金属ダクト工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属ダクト工事」についてまとめています。金属ダクト工事は金属ダクト(金属製のダクト)を使う工事で、金属ダクトの中に電線を通して配線する工事です。
ライティングダクト工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ライティングダクト工事」についてまとめています。ライティングダクト工事はライティングダクトを使う工事で、ダクトに取り付けた照明器具などはダクトの自由な位置に配置することができます。
フロアダクト工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「フロアダクト工事」についてまとめています。フロアダクト工事はフロアダクトを使う工事で、フロアダクトは床上への電線の引き出しなどを目的として使われる配線用の「樋(とい)」です。
がいし引き工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「がいし引き工事」についてまとめています。がいし引き工事は「がいし」を使う工事で、造営材に「がいし」を取り付け、その「がいし」に電線を固定して配線する工事です。
ネオン放電灯工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ネオン放電灯工事」についてまとめています。ネオン放電灯工事はネオン放電灯(ネオン管)を使う工事です。ネオン管は夜の街のネオンサインとしても使われていますよね。
ショウウィンドー・ショウケース内工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ショウウィンドー・ショウケース内工事」についてまとめています。ショウウィンドー・ショウケース内工事は、街中やお店で見かけるショウウィンドーやショウケース内の工事です。
小勢力回路の工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「小勢力回路の工事」についてまとめています。小勢力回路は絶縁変圧器を使って最大使用電圧が60V以下に下げられた回路です。チャイム用変圧器やリモコン変圧器の二次側は小勢力回路になります。
接地工事の種類と接地抵抗値(電技解釈第17条)
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「接地工事の種類と接地抵抗値」についてまとめています。接地工事の種類と接地抵抗値(電技解釈第17条)に関する問題は毎年(毎回)出題されていますので、筆記試験対策としておさえておかなければならない重要な項目になります。