このエントリーをはてなブックマークに追加   

金属可とう電線管工事

金属可とう電線管工事は金属製の可とう電線管を使う工事で、その金属製の可とう電線管の中に電線を通して配線する工事です。

 

「可とう」とは「曲げることができる」という意味なので、金属製可とう電線管はグニャグニャ曲げることができる電線管ということになります。(グニャグニャといっても、ものすごくグニャグニャにできるわけではないですけどね。)

 

金属可とう電線管工事で使う電線管の種類

金属製可とう電線管には、1種金属製可とう電線管と2種金属製可とう電線管がありますが、1種金属製可とう電線管を使用する場合には次のような制限があります。

  • 展開した場所または点検できる隠ぺい場所で、乾燥した場所であること
  • 使用電圧が300Vを超える場合は、電動機に接続する部分で可とう性を必要とする部分であること
  • 管の厚さは0.8mm以上であること

このように1種金属製可とう電線管は使用場所などに制限がるため、2種金属製可とう電線管がよく使われます。1種金属製可とう電線管はJIS(日本工業規格)からも消えたとか・・・

 

2種金属製可とう電線管

(グニャっとしてます)

 


 

金属可とう電線管工事で使う電線

金属可とう電線管工事で使う電線は 屋外用ビニル絶縁電線(OW)以外の絶縁電線 になります。(金属管工事、合成樹脂管工事も同じです。)

 

電線はより線または直径3.2mm以下の単線を使います。ちなみに、「より線」とは芯線が複数本の素線でできた電線で、「単線」とは芯線が1本の導体でできた電線です。

 

より線と単線

 

電線の接続

電線を接続するときには、電線管内で接続してはいけません!

 

電線を電線管内で接続してはダメ!

 

「電線管内で電線を接続してはダメ」というのは、電線管を使う他の工事の金属管工事、合成樹脂管工事でも同じです。

 

ちなみに、図中のボックスコネクタは金属製可とう電線管をボックスに接続する(つなげる)ためのもの、コンビネーションカップリングは異なる電線管を接続するためのもので、この場合、コンビネーションカップリングは金属製可とう電線管と金属管を接続するためのものです。

 

金属製可とう電線管の施工方法

金属製可とう電線管を支持(固定)するときにはサドルなどを使います。

 

金属製可とう電線管の屈曲(どのくらい曲げて良いか?)などの施工方法にも決まりがあり、次のようになります。

 

金属製可とう電線管の屈曲

金属製可とう電線管の屈曲部の内側の半径は管内径の 6倍以上 にする。

 

ただし、露出した場所または点検できる隠ぺい場所で、管の取り外しができる場所では管内径の 3倍以上 とすることができる。

 

金属製可とう電線管とボックスの電気的な接続

管相互、管とボックスは堅ろうに接続し、電気的に完全に接続する。

 

金属製可とう電線管の施工方法

 

 


スポンサーリンク




 

 

金属製可とう電線管の接地と接地工事を省略できる条件

金属製可とう電線管の接地

漏電などによる感電を防止するため金属製可とう電線管を接地します。

 

接地工事にはA種接地工事、B種接地工事、C種接地工事、D種接地工事がありますが、使用電圧が300V以下の場合にはD種接地工事、300Vを超える場合にはC種接地工事で金属製可とう電線管を接地します。

 

ただし、300Vを超える場合でも接触防護措置を施す場合には、D種接地工事でOKです。

 

金属製可とう電線管の接地(D種接地工事とC種接地工事)

 

※金属製のものであって、防護措置を施す管と電気的に接続するおそれがあるもので防護する方法を除く。

 

金属製可とう電線管のD種接地工事を省略できる条件

電線管の長さが4m以下の場合、金属製可とう電線管のD種接地工事を省略できます。

 

金属製可とう電線管のD種接地工事を省略できる条件

 

金属可とう電線管工事のポイント!
  • 使う電線は屋外用ビニル絶縁電線(OW)以外の絶縁電線
  • 電線管内で電線を接続してはダメ!
  • 金属製可とう電線管の屈曲部の内側の半径は管内径の6倍以上にする。ただし、露出した場所または点検できる隠ぺい場所で、管の取り外しができる場所では管内径の3倍以上とすることができる
  • 管相互、管とボックスは電気的に完全に接続する
  • 金属製可とう電線管には、使用電圧が300V以下の場合にはD種接地工事300Vを超える場合にはC種接地工事をする。ただし、300Vを超えても接触防護措置を施す場合にはD種接地工事に緩和される
  • 電線管の長さが4m以下の場合、D種接地工事を省略できる

 

 

金属可とう電線管工事と金属管工事は共通の内容が多いので、まとめていっしょに勉強すると効率がいいと思います。

 

接触防護措置については、こちらの接触防護措置と簡易接触防護措置のページにまとめていますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

金属可とう電線管工事 関連ページ

ケーブル工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ケーブル工事」についてまとめています。ケーブル工事はVVFケーブル、VVRケーブル、EM-EEFケーブル、CVケーブルなどを使った工事です。
地中埋設工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「地中埋設工事」についてまとめています。地中埋設工事は配線(ケーブル)を地面の中を通す工事です。
金属管工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属管工事」についてまとめています。金属管工事はねじなし電線管、薄鋼電線管、厚鋼電線管を使った工事で、金属管の中に電線を通して配線する工事です。
合成樹脂管工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「合成樹脂管工事」についてまとめています。合成樹脂管工事は硬質塩化ビニル電線管(VE管)、合成樹脂製可とう電線管(PF管、CD管)を使った工事で、合成樹脂管の中に電線を通して配線する工事です。
金属線ぴ工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属線ぴ工事」についてまとめています。金属線ぴ工事は1種金属製線ぴ(メタルモール)、または2種金属製線ぴ(レースウェイ)を使う工事で、金属線ぴの中に電線を通して配線する工事です。
金属ダクト工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属ダクト工事」についてまとめています。金属ダクト工事は金属ダクト(金属製のダクト)を使う工事で、金属ダクトの中に電線を通して配線する工事です。
ライティングダクト工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ライティングダクト工事」についてまとめています。ライティングダクト工事はライティングダクトを使う工事で、ダクトに取り付けた照明器具などはダクトの自由な位置に配置することができます。
フロアダクト工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「フロアダクト工事」についてまとめています。フロアダクト工事はフロアダクトを使う工事で、フロアダクトは床上への電線の引き出しなどを目的として使われる配線用の「樋(とい)」です。
がいし引き工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「がいし引き工事」についてまとめています。がいし引き工事は「がいし」を使う工事で、造営材に「がいし」を取り付け、その「がいし」に電線を固定して配線する工事です。
ネオン放電灯工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ネオン放電灯工事」についてまとめています。ネオン放電灯工事はネオン放電灯(ネオン管)を使う工事です。ネオン管は夜の街のネオンサインとしても使われていますよね。
ショウウィンドー・ショウケース内工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ショウウィンドー・ショウケース内工事」についてまとめています。ショウウィンドー・ショウケース内工事は、街中やお店で見かけるショウウィンドーやショウケース内の工事です。
小勢力回路の工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「小勢力回路の工事」についてまとめています。小勢力回路は絶縁変圧器を使って最大使用電圧が60V以下に下げられた回路です。チャイム用変圧器やリモコン変圧器の二次側は小勢力回路になります。
接地工事の種類と接地抵抗値(電技解釈第17条)
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「接地工事の種類と接地抵抗値」についてまとめています。接地工事の種類と接地抵抗値(電技解釈第17条)に関する問題は毎年(毎回)出題されていますので、筆記試験対策としておさえておかなければならない重要な項目になります。
電気工事の種類(作業)と使われる工具の組み合わせ
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」で出題される「電気工事の種類(作業)と使われる工具の組み合わせ」についてまとめています。工事(作業)と工具の組み合わせは筆記試験でほぼ毎年(毎回)出題されていますので、電気工事と使われる工具の対応をおぼえておきましょう。