このエントリーをはてなブックマークに追加   

ネオン放電灯工事

ネオン放電灯工事はネオン放電灯を使う工事です。(ま、そのまんまだったりするんですが・・・)
ネオン放電灯(ネオン管)は夜の街でピカピカ点いているネオンサインとしても使われているので、みんな見たことがあると思います。

 

ネオン放電灯工事では、チューブサポート、コードサポート、ネオン変圧器などが使われます。

 

チューブサポートはネオン放電灯(ネオン管)の支持に使われ、コードサポートは電線(ネオン電線)の支持に使われます。チューブサポートもコードサポートも、どちらも「がいし」です。

 

それから、ネオン変圧器は、ネオン放電灯(ネオン管)を放電させるのに必要な大きな電圧を作るために使われる変圧器です。(変圧器は、交流電圧を大きくしたり小さくしたりできる機器です。)

 

ネオン放電灯工事

 

ネオン放電灯の施工方法の規定は、使用電圧が1000V以下の場合と1000Vを超える場合で異なりますが、第二種電気工事士の筆記試験では1000Vを超える場合について出題されています。

 

なので、このページでは1000Vを超える場合の施工方法について書いています、よ。

 

ネオン放電灯の施設

ネオン放電灯を施設するときは、次のような決まりがあります。

 

簡易接触防護措置

ネオン放電灯には 簡易接触防護措置 を施し、危険のおそれが無いように施設する。
危険なのはダメだよね。

 

ネオン放電灯の分岐回路

ネオン放電灯は 15A分岐回路 または 20A配線用遮断器分岐回路 で使用する。

 

管灯回路の配線

管灯回路の配線を施設するときは、次のような決まりがあります。

 

ちなみに、管灯回路とは放電灯用安定器または放電灯用変圧器(ネオン放電灯の場合はネオン変圧器ってことです)など点灯に必要なものと放電管を結ぶ回路のことです。

 

管灯回路で使う電線

管灯回路には ネオン電線 を使用する。

 

施設できる場所

がいし引き工事により 展開した場所または点検できる隠ぺい場所 に施設する。

 

電線の支持方法(支持点間距離)

電線の支持点間距離は 1m以下 とし、電線相互(電線と電線)の離隔距離は6cm以上にする。

 

ネオン変圧器の接地

ネオン変圧器の外箱は D種接地 で接地する。

 

ネオン放電灯工事の施工方法

 

 


スポンサーリンク




 

 

ネオン放電灯工事のポイント!
ネオン放電灯
  • 簡易接触防護措置を施す
  • 15A分岐回路または20A配線用遮断器分岐回路で使用する
管灯回路
  • ネオン電線を使用する
  • がいし引き工事により展開した場所または点検できる隠ぺい場所に施設する
  • 電線の支持点間距離は1m以下
  • 電線相互の離隔距離は6cm以上
  • ネオン変圧器の外箱はD種接地で接地する

 

 

第二種電気工事士の筆記試験ではネオン放電灯工事についての問題はあまり出題されませんが、「展開した場所または点検できる隠ぺい場所に施設する」と、「電線の支持点間距離は1m以下」くらいはおぼえておくようにしましょう。

 

それから、このページでも簡易接触防護措置という言葉が出てきましたが、「接触防護措置って何?」って方はこちらの接触防護措置と簡易接触防護措置のページを参考にしてみてください。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

ネオン放電灯工事 関連ページ

ケーブル工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ケーブル工事」についてまとめています。ケーブル工事はVVFケーブル、VVRケーブル、EM-EEFケーブル、CVケーブルなどを使った工事です。
地中埋設工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「地中埋設工事」についてまとめています。地中埋設工事は配線(ケーブル)を地面の中を通す工事です。
金属管工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属管工事」についてまとめています。金属管工事はねじなし電線管、薄鋼電線管、厚鋼電線管を使った工事で、金属管の中に電線を通して配線する工事です。
金属可とう電線管工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属可とう電線管工事」についてまとめています。金属可とう電線管工事は金属製の可とう電線管を使った工事で、電線管の中に電線を通して配線する工事です。
合成樹脂管工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「合成樹脂管工事」についてまとめています。合成樹脂管工事は硬質塩化ビニル電線管(VE管)、合成樹脂製可とう電線管(PF管、CD管)を使った工事で、合成樹脂管の中に電線を通して配線する工事です。
金属線ぴ工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属線ぴ工事」についてまとめています。金属線ぴ工事は1種金属製線ぴ(メタルモール)、または2種金属製線ぴ(レースウェイ)を使う工事で、金属線ぴの中に電線を通して配線する工事です。
金属ダクト工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属ダクト工事」についてまとめています。金属ダクト工事は金属ダクト(金属製のダクト)を使う工事で、金属ダクトの中に電線を通して配線する工事です。
ライティングダクト工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ライティングダクト工事」についてまとめています。ライティングダクト工事はライティングダクトを使う工事で、ダクトに取り付けた照明器具などはダクトの自由な位置に配置することができます。
フロアダクト工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「フロアダクト工事」についてまとめています。フロアダクト工事はフロアダクトを使う工事で、フロアダクトは床上への電線の引き出しなどを目的として使われる配線用の「樋(とい)」です。
がいし引き工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「がいし引き工事」についてまとめています。がいし引き工事は「がいし」を使う工事で、造営材に「がいし」を取り付け、その「がいし」に電線を固定して配線する工事です。
ショウウィンドー・ショウケース内工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ショウウィンドー・ショウケース内工事」についてまとめています。ショウウィンドー・ショウケース内工事は、街中やお店で見かけるショウウィンドーやショウケース内の工事です。
小勢力回路の工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「小勢力回路の工事」についてまとめています。小勢力回路は絶縁変圧器を使って最大使用電圧が60V以下に下げられた回路です。チャイム用変圧器やリモコン変圧器の二次側は小勢力回路になります。
接地工事の種類と接地抵抗値(電技解釈第17条)
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「接地工事の種類と接地抵抗値」についてまとめています。接地工事の種類と接地抵抗値(電技解釈第17条)に関する問題は毎年(毎回)出題されていますので、筆記試験対策としておさえておかなければならない重要な項目になります。
電気工事の種類(作業)と使われる工具の組み合わせ
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」で出題される「電気工事の種類(作業)と使われる工具の組み合わせ」についてまとめています。工事(作業)と工具の組み合わせは筆記試験でほぼ毎年(毎回)出題されていますので、電気工事と使われる工具の対応をおぼえておきましょう。