このエントリーをはてなブックマークに追加   

フロアダクト工事

フロアダクト工事はフロアダクトを使う工事で、そのフロアダクトの中に電線を通して配線する工事です。

 

フロアダクトとは、床内(床の中)に埋め込んで使う配線用の「樋(とい)」で、床の上への電線の引き出しなどを目的として使われます。フロアダクトの支持にはダクトサポートが使われます。

 

フロアダクトとダクトサポート

 

それから、フロアダクトは屋内の乾燥したコンクリートの床内での埋め込みに限って施設することができます。

 

フロアダクト工事で使う電線

フロアダクト工事で使う電線は 屋外用ビニル絶縁電線(OW)以外の絶縁電線 になります。

 

電線はより線または直径3.2mm以下の単線を使います。ちなみに、「より線」とは芯線が複数本の素線でできた電線で、「単線」とは芯線が1本の導体でできた電線です。

 

より線と単線

 

電線の接続

電線を接続するときは、フロアダクト内で接続してはいけません! ジャンクションボックスの中で接続します。

 

ただし、

 

電線を分岐する場合で、接続点を容易に点検できる場合を除く。

 

つまり、原則的にはフロアダクト内で電線を接続してはダメですが、この条件を満たせばフロアダクト内で電線を接続してもいいよってことです。

 

フロアダクトの施工方法

フロアダクトの施工方法には次のような決まりがあります。

 

フロアダクトの終端部

フロアダクトの終端部は閉そくする。

 

閉そくは「ふさぐ」という意味で、つまり「はじはふさいどけ!」みたいな。

 

フロアダクトとボックスの電気的な接続

フロアダクト相互(フロアダクトとフロアダクト)、フロアダクトとボックスは堅ろうに接続し、電気的に完全に接続する。

 

フロアダクトの施工方法

 

 


スポンサーリンク




 

 

フロアダクトの接地

フロアダクトはD種接地工事で接地します。

 

フロアダクト工事にはD種接地工事を省略できる条件がないので、ダクトの長さが短くても
D種接地工事を省略することはできません。

 

フロアダクト工事のポイント!
  • 使う電線は屋外用ビニル絶縁電線(OW)以外の絶縁電線
  • フロアダクト内で電線を接続してはダメ!(ジャンクションボックス内で接続する)

    ただし、電線を分岐する場合接続点を容易に点検できる場合はフロアダクト内で電線を接続してもOK

  • フロアダクトの終端部は閉そくする
  • フロアダクトはD種接地工事で接地する
  • フロアダクト工事ではD種接地工事を省略できる条件がない!

 

 

第二種電気工事士の筆記試験ではフロアダクト工事について、「○○○なのでD種接地工事を省略した。適切?不適切?」みたいな問題が出題される場合があります。
フロアダクト工事にはD種接地工事を省略できる条件がない、つまり、D種接地工事を省略することはできないので、おぼえておくようにしましょう。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

フロアダクト工事 関連ページ

ケーブル工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ケーブル工事」についてまとめています。ケーブル工事はVVFケーブル、VVRケーブル、EM-EEFケーブル、CVケーブルなどを使った工事です。
地中埋設工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「地中埋設工事」についてまとめています。地中埋設工事は配線(ケーブル)を地面の中を通す工事です。
金属管工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属管工事」についてまとめています。金属管工事はねじなし電線管、薄鋼電線管、厚鋼電線管を使った工事で、金属管の中に電線を通して配線する工事です。
金属可とう電線管工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属可とう電線管工事」についてまとめています。金属可とう電線管工事は金属製の可とう電線管を使った工事で、電線管の中に電線を通して配線する工事です。
合成樹脂管工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「合成樹脂管工事」についてまとめています。合成樹脂管工事は硬質塩化ビニル電線管(VE管)、合成樹脂製可とう電線管(PF管、CD管)を使った工事で、合成樹脂管の中に電線を通して配線する工事です。
金属線ぴ工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属線ぴ工事」についてまとめています。金属線ぴ工事は1種金属製線ぴ(メタルモール)、または2種金属製線ぴ(レースウェイ)を使う工事で、金属線ぴの中に電線を通して配線する工事です。
金属ダクト工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「金属ダクト工事」についてまとめています。金属ダクト工事は金属ダクト(金属製のダクト)を使う工事で、金属ダクトの中に電線を通して配線する工事です。
ライティングダクト工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ライティングダクト工事」についてまとめています。ライティングダクト工事はライティングダクトを使う工事で、ダクトに取り付けた照明器具などはダクトの自由な位置に配置することができます。
がいし引き工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「がいし引き工事」についてまとめています。がいし引き工事は「がいし」を使う工事で、造営材に「がいし」を取り付け、その「がいし」に電線を固定して配線する工事です。
ネオン放電灯工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ネオン放電灯工事」についてまとめています。ネオン放電灯工事はネオン放電灯(ネオン管)を使う工事です。ネオン管は夜の街のネオンサインとしても使われていますよね。
ショウウィンドー・ショウケース内工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「ショウウィンドー・ショウケース内工事」についてまとめています。ショウウィンドー・ショウケース内工事は、街中やお店で見かけるショウウィンドーやショウケース内の工事です。
小勢力回路の工事
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「小勢力回路の工事」についてまとめています。小勢力回路は絶縁変圧器を使って最大使用電圧が60V以下に下げられた回路です。チャイム用変圧器やリモコン変圧器の二次側は小勢力回路になります。
接地工事の種類と接地抵抗値(電技解釈第17条)
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」の分野で出題される「接地工事の種類と接地抵抗値」についてまとめています。接地工事の種類と接地抵抗値(電技解釈第17条)に関する問題は毎年(毎回)出題されていますので、筆記試験対策としておさえておかなければならない重要な項目になります。
電気工事の種類(作業)と使われる工具の組み合わせ
第二種電気工事士筆記試験の「工事施工方法」で出題される「電気工事の種類(作業)と使われる工具の組み合わせ」についてまとめています。工事(作業)と工具の組み合わせは筆記試験でほぼ毎年(毎回)出題されていますので、電気工事と使われる工具の対応をおぼえておきましょう。