第二種電気工事士 候補問題の複線図の書き方 平成30年度No.4

平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験候補問題No.4の複線図の書き方の解説ページです。

 

技能試験の施工の練習(実際に課題を作る練習)をするときには、候補問題の単線図を複線図に直し、その直した複線図を見ながら施工していきます。
したがって、各候補問題の単線図を複線図に直せないと施工することすらできない(技能試験の勉強を進めることができない)ことになりますので、技能試験の勉強をスタートしたら、まず初めに複線図の書き方をおぼえなければなりません。(ちなみに、候補問題は上期試験と下期試験で共通で全部で13問あり、試験では13問のうちのどれか1問が出題されます。)

 

複線図の書き方は初めはよく分からないかもしれませんが、複線図を書くためには書くための手順があって、その手順を守って書いていけばだんだん慣れてきて簡単にスイスイ書けるようになります。

 

複線図を書くときの基本的な手順はだいたいどの候補問題も同じで次のようになります。

 

複線図を書く基本的な手順

①単線図に書かれている電源、器具などを同じ配置で書きます。

②電源の接地側をスイッチ以外の器具につなげます。

③電源の非接地側をスイッチとコンセントにつなげます。

④スイッチからそのスイッチに対応する器具につなげます。

⑤電線を接続するところ(VVF用ジョイントボックスとアウトレットボックス)を○または□で囲みます。(VVF用ジョイントボックスは○、アウトレットボックスは□)

⑥スリーブで接続するところには●、コネクタで接続するところには■を書きます。

⑦電源の接地側につながっている線に「シ」(白色の電線の意味)と書きます。

⑧電源の非接地側につながっている線に「ク」(黒色の電線の意味)と書きます。

⑨電線の色が書かれていないところに残りの電線の色を書きます。

 

複線図を書く基本的な手順は以上のようになり、この順番に沿って書いていくと候補問題の複線図が完成します。

 

「うーん、めんどくさそうだなー。」 とか、「難しそうだなぁー。」

 

と思うかもしれませんが、書き慣れてくるとそんなに大変でもなくなるので、まずは何度も書く練習をして慣れるようにしましょう!

 

それから、複線図を効率良くおぼえるコツは、

 

  • 書く順番を守る!
  • 練習する度に書き方や書く順番を変えない!

 

ことで、この2つが大きなポイントになります。

 

技能試験を受験する方に複線図の書き方を教えて複線図を書いているのを見ていると、毎回書く順番が違っていたり、書き方が書く度に違っていたりする方もいたりします。

 

初めのうちは仕方がないことですが、複線図を書く度に書く順番や書き方が違ってしまうと、間違いの元になったり、間違いに気付かなかったりしてしまいますので、

 

書く順番と書き方は毎回同じにする

 

ということを意識しながら複線図を書くようにしましょう!

 

 

 

複線図の基本的な書き方のページでは、簡単な単線図を例にして複線図の基本的な書き方について解説していますので、複線図の勉強をこれから始める方は参考にしてみてもいいと思います。

 

平成30年度(2018年度)候補問題No.4の単線図

 

平成30年度第二種電気工事士技能試験候補問題No.4の単線図

 

平成30年度(2018年度)候補問題No.4の単線図は、単相100V(1φ2W100V)の回路と三相200V(3φ3W200V)回路の2つの回路がある単線図です。(ちなみに、この単線図は平成29年度の候補問題No.4と同じです。)

 

(この候補問題の単線図について詳しくは、平成30年度候補問題No.4の単線図の解説のページを参考にしてみてください。)

 

この単線図を、複線図を書くときの手順に沿って複線図に直してみます。

 

ここで、複線図を書く条件(想定される電線の接続方法と電線の色別(絶縁被覆の色)など)は次のようにします。

 

電線の接続方法(想定施工条件)

  • 三相200V回路のVVF用ジョイントボックス(左側のVVF用ジョイントボックス)では、差込形コネクタによる接続とする
  • 単相100V回路のVVF用ジョイントボックス(右側のVVF用ジョイントボックス)では、リングスリーブによる終端接続とする

リングスリーブ(小サイズと中サイズ)と差込形コネクタ(2本用、3本用、4本用)

 

電線の色別(想定施工条件)

  • 三相200V回路の電源からの配線は、R相に赤色、S相に白色、T相に黒色を使用する

 

電源表示灯の接続(想定施工条件)

  • S相が接地されているものとして、電源表示灯はS相とT相間に接続する

 

※電線の接続方法と色別等は想定ですので、本番の試験では異なる可能性があります。試験のときは問題用紙に記載されている施工条件を確認し、必ずそれに従ってください。

 

なお、配線用遮断器(四角にB)および漏電遮断器(四角にBE)については、過去の出題実績に従い、次のような5極の同一の端子台で代用されるものと想定して解説します。

 

配線用遮断器および漏電遮断器代用の端子台

 

 


スポンサーリンク




 

 

平成30年度(2018年度)候補問題No.4の複線図の書き方

①単線図に書かれている電源、器具などを同じ配置で書きます

単線図の配置そのままで電源、器具などを書きます。

 

第二種電気工事士技能試験平成30年度候補問題No.4の複線図の書き方の手順①

 

この候補問題の単線図の電源周り(単線図の左側)をみると、電源には単相100Vと三相200Vがあって、単相100V回路には配線用遮断器(B)から、三相200V回路には漏電遮断器(BE)から電源が供給されるようになっています。ここでは、配線用遮断器(B)および漏電遮断器(BE)は同一の端子台で代用されるものと想定しているので、これらを同一の端子台で書きます。端子の数は配線用遮断器(B)で2個、漏電遮断器(BE)で3個になるので、合計で5個(5極)になります。端子台には、配線用遮断器(B)のところには上から「N」(接地側)「L」(非接地側)、漏電遮断器(BE)のところには上から「T」「S」「R」と書いておきましょう。

 

それから、施工省略のところは施工省略範囲が分かるように、単線図と同じように点線(一点鎖線)で囲っておきます。この点線が意外に大事で、点線を書かないで施工すると、作らなくてもいいのに間違って作ってしまったりして、がっかりしますよ。少しでも時間短縮したい人は「施工省略」とわざわざ書かなくてもいいですが点線だけは必ず書きましょう。

 

スイッチと器具の対応を表わすカタカナの「イ」も忘れずに書きましょう。

 

②電源の接地側をスイッチ以外の器具につなげます

電源の接地側をスイッチ以外の器具につなげます。

 

第二種電気工事士技能試験平成30年度候補問題No.4の複線図の書き方の手順②

 

(※初めに単相100Vの回路を書き、そのあと三相200Vの回路を書きます。)

 

この候補問題の単相100V回路の電源の接地側は端子台(配線用遮断器)の「N端子」、スイッチ以外の器具は「引掛シーリング(角形)」「コンセント」なので、端子台のN端子から引掛シーリング(角形)とコンセントに線をつなげます。

 

ここで、線を書くときに気を付けてほしいのですが、線のつながりを表わす「●」を忘れずに必ず書きましょう。複線図を書き進めて線が多くなって重なってくると、線のつながりが分からなくなり混乱してしまいます。本番のときに「●」を書き忘れていると最後の方で焦っちゃいますよ!

 

③電源の非接地側をスイッチとコンセントにつなげます

電源の非接地側をスイッチとコンセントにつなげます。

 

第二種電気工事士技能試験平成30年度候補問題No.4の複線図の書き方の手順③

 

この候補問題の単相100V回路の電源の非接地側は端子台(配線用遮断器)の「L端子」なので、端子台のL端子からスイッチとコンセントに線をつなげます。コンセントには、「イ」のスイッチから渡らせます。

 

④スイッチからそのスイッチに対応する器具につなげます

スイッチからそのスイッチに対応する器具につなげます。

 

第二種電気工事士技能試験平成30年度候補問題No.4の複線図の書き方の手順④

 

スイッチ「イ」に対応する器具は「イ」の引掛シーリング(角形)なので、「イ」のスイッチから「イ」の引掛シーリング(角形)に線をつなげます。

 

⑤三相200V回路の電源を電動機につなげます

三相200V回路の電源を電動機につなげます。

 

第二種電気工事士技能試験平成30年度候補問題No.4の複線図の書き方の手順⑤

 

この候補問題の場合、単相100V回路の他に三相200V回路もあるので、三相200V回路も書かなければなりません。

 

三相200Vの電源と電動機のつながりは、三相200Vの電源を電動機に供給するだけなので、三相200V回路の電源「T」「S」「R」をそのまま電動機につなげるだけでいいです。3本ぴゅーっと引いておきましょう。

 

⑥電源表示灯に電源をつなげます

電源表示灯に電源をつなげます。

 

第二種電気工事士技能試験平成30年度候補問題No.4の複線図の書き方の手順⑥

 

電源表示灯に必要な電源は単相(つまり電線2本だけ)で、ここでは電源表示灯はS相とT相間に接続するものと想定しているので、三相200V回路の「S相」と「T相」を電源表示灯につなげます。

 

なお、本番の試験のときの施工条件で、電源表示灯に接続する相(R、S、T)を他の相で指示されたときには必ずそれに従ってください。

 

⑦電線を接続するところを○または□で囲みます

電線を接続するところを○または□で囲みます。

 

第二種電気工事士技能試験平成30年度候補問題No.4の複線図の書き方の手順⑦

 

電線を接続するところとはVVF用ジョイントボックス部分またはアウトレットボックス部分のことで、VVF用ジョイントボックスの場合は○で、アウトレットボックスの場合は□で囲みます。この候補問題の場合は電線を接続するところが2箇所あって、どちらもVVF用ジョイントボックスなのでどちらも○で囲みます。

 

ちなみに、VVF用ジョイントボックスとアウトレットボックスはこういうので、

 

VVF用ジョイントボックスとアウトレットボックス

 

技能試験では、VVF用ジョイントボックスは支給されないので取り付けは省略されますが、アウトレットボックスは支給されるので取り付けが必要です。

 

⑧スリーブ接続には●、コネクタ接続には■を書きます

電線をスリーブ(リングスリーブ)で接続するところには●を、コネクタ(差込形コネクタ)で接続するところには■を書きます。

 

第二種電気工事士技能試験平成30年度候補問題No.4の複線図の書き方の手順⑧

 

ここでは、三相200V回路のVVF用ジョイントボックス(左側のボックス)では差込形コネクタによる接続、単相100V回路のVVF用ジョイントボックス(右側のボックス)ではリングスリーブによる終端接続と想定しているので、三相200V回路の電線を接続するところには■を、単相100V回路の電線を接続するところには●を書きます。

 

このときに、電線を2本だけ接続するところに●または■を書き忘れる人が多いので気を付けましょう!

 

⑨電源の接地側につながっている線に「シ」と書きます

電源の接地側につながっている線に「シ」と書きます。

 

第二種電気工事士技能試験平成30年度候補問題No.4の複線図の書き方の手順⑨

 

この「シ」の意味は電線の絶縁被覆の色が白色という意味で、電源の接地側につながる電線の色は基本的に白色になります。電源の接地側(この場合N端子)からたどっていって、つながっている線にだけ「シ」と書けばいいです。

 

複線図に電線の色を書いていくときも、必ず順番を守ってください。書く順番を守ることが複線図を間違えずに書くコツですので。

 

(※三相200V回路の電線の色については最後にまとめて書きます。)

 

⑩電源の非接地側につながっている線に「ク」と書きます

電源の非接地側につながっている線に「ク」と書きます。

 

第二種電気工事士技能試験平成30年度候補問題No.4の複線図の書き方の手順⑩

 

この「ク」の意味は電線の絶縁被覆の色が黒色という意味で、電源の非接地側につながる電線の色は基本的に黒色になります。電源の非接地側(この場合L端子)からたどっていって、つながっている線にだけ「ク」と書けばいいです。

 

「イ」のスイッチからコンセントへつながるわたり線のところの色も忘れずに書きましょう!

 

(※三相200V回路の電線の色については最後にまとめて書きます。)

 

⑪電線の色が書かれていないところに電線の色を書きます

電線の色がまだ書かれていないところに残りの電線の色を書きます。

 

第二種電気工事士技能試験平成30年度候補問題No.4の複線図の書き方の手順⑪

 

2心ケーブルの電線の絶縁被覆の色は「黒色と白色」、3心ケーブルの電線の絶縁被覆の色は「黒色と白色と赤色」なので、まだ使われていない残りの電線の色を書けばいいです。

 

2心と3心のケーブルの絶縁被覆の色(VVF2.0-2C、VVF2.0-3C、VVF1.6-2C、VVF1.6-3C)

 

(※三相200V回路の電線の色については最後にまとめて書きます。)

 

⑫三相200V回路の電線の色を書きます

最後に三相200V回路の電線の色を書くと完成です。

 

第二種電気工事士技能試験平成30年度候補問題No.4の複線図の書き方の手順⑫

 

三相200V回路の電線の色は「黒色と白色と赤色」で、ここではR相に赤色、S相に白色、T相に黒色と想定しているので、「R」「S」「T」の順に「ア」「シ」「ク」と書きます。(端子台の下から「ア」「シ」「ク」です。)

 

電源表示灯につなげる電線の色は、三相200V回路の電源の電線の色に合わせておきます。ここでは、電源表示灯はS相とT相間に接続するものと想定しているので、S相から電源表示灯につなげるところは白色(「シ」)、T相から電源表示灯につなげるところは黒色(「ク」)になります。

 

複線図完成!

以上で、平成30年度(2018年度)候補問題No.4の複線図が完成しました!

 

第二種電気工事士技能試験平成30年度候補問題No.4の複線図の完成図

 

複線図を書くときには書く順番があって、その順番を守って書けば誰でも簡単に書けるので頑張って複線図の書き方をおぼえましょう!

 

それから、技能試験の練習(技能試験対策)を進めるためには、まず複線図が書けないとどうにもなりませんので、技能試験の練習を効率よく進めるためにも複線図の書き方は早めにおぼえておいた方がいいですよ。

 

  • 複線図を書くときは書く順番を必ず守ろう!
  • 施工条件を必ず確認しよう!

 

 

 

単線図がよく分からないという方はこちらの第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.4のページを参考にしてみましょう。施工条件についてはこちらの技能試験の施工条件の解説を参考にしてみてください。

 

技能試験対策用のおすすめの参考書はこちら材料セットはこちら工具セットはこちらのページで紹介していますのでこちらも参考にしてみてください。

 

(平成30年度(2018年度)の候補問題の単線図(配線図)と複線図の一覧表はこちら。)

 

このページに掲載の単線図は、(一財)電気技術者試験センターから公表された第二種電気工事士技能試験の候補問題の単線図です。

 

 


スポンサーリンク



 




第二種電気工事士 候補問題の複線図の書き方 平成30年度No.4 関連ページ

第二種電気工事士 候補問題の複線図の書き方 平成30年度No.1
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.1の複線図の書き方について解説しています。複線図を書く手順と書き方について解説していますので、複線図の書き方の勉強の参考にしてみてください。平成30年度のNo.1は3個のスイッチで3個の器具をON/OFFする回路の候補問題です。
第二種電気工事士 候補問題の複線図の書き方 平成30年度No.2
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.2の複線図の書き方について解説しています。複線図を書く手順と書き方について解説していますので、複線図の書き方の勉強の参考にしてみてください。平成30年度のNo.2は、常時点灯の確認表示灯(パイロットランプ)がある候補問題です。
第二種電気工事士 候補問題の複線図の書き方 平成30年度No.3
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.3の複線図の書き方について解説しています。複線図を書く手順と書き方について解説していますので、複線図の書き方の勉強の参考にしてみてください。平成30年度の候補問題No.3は、タイムスイッチがある候補問題です。
第二種電気工事士 候補問題の複線図の書き方 平成30年度No.5
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.5の複線図の書き方について解説しています。複線図を書く手順と書き方について解説していますので、複線図の書き方の勉強の参考にしてみてください。平成30年度の候補問題No.5は、100V回路と200V回路の2つの回路がある候補問題です。
第二種電気工事士 候補問題の複線図の書き方 平成30年度No.6
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.6の複線図の書き方について解説しています。複線図を書く手順と書き方について解説していますので、複線図の書き方の勉強の参考にしてみてください。平成30年度の候補問題No.6は、3路スイッチが2個と露出形コンセントがある候補問題です。
第二種電気工事士 候補問題の複線図の書き方 平成30年度No.7
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.7の複線図の書き方について解説しています。複線図を書く手順と書き方について解説していますので、複線図の書き方の勉強の参考にしてみてください。平成30年度の候補問題No.7は、3路スイッチと4路スイッチがある候補問題です。
第二種電気工事士 候補問題の複線図の書き方 平成30年度No.8
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.8の複線図の書き方について解説しています。複線図を書く手順と書き方について解説していますので、複線図の書き方の勉強の参考にしてみてください。平成30年度の候補問題No.8は、リモコンリレーがある候補問題です。
第二種電気工事士 候補問題の複線図の書き方 平成30年度No.9
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.9の複線図の書き方について解説しています。複線図を書く手順と書き方について解説していますので、複線図の書き方の勉強の参考にしてみてください。平成30年度の候補問題No.9は、接地極付接地端子付コンセント(EET)がある候補問題です。
第二種電気工事士 候補問題の複線図の書き方 平成30年度No.10
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.10の複線図の書き方について解説しています。複線図を書く手順と書き方について解説していますので、複線図の書き方の勉強の参考にしてみてください。平成30年度のNo.10は、配線用遮断器と、同時点滅のパイロットランプがある候補問題です。
第二種電気工事士 候補問題の複線図の書き方 平成30年度No.11
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.11の複線図の書き方について解説しています。複線図を書く手順と書き方について解説していますので、複線図の書き方の勉強の参考にしてみてください。平成30年度の候補問題No.11は、ねじなし電線管(E19)がある候補問題です。
第二種電気工事士 候補問題の複線図の書き方 平成30年度No.12
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.12の複線図の書き方について解説しています。複線図を書く手順と書き方について解説していますので、複線図の書き方の勉強の参考にしてみてください。平成30年度の候補問題No.12は、合成樹脂製可とう電線管(PF管)がある候補問題です。
第二種電気工事士 候補問題の複線図の書き方 平成30年度No.13
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.13の複線図の書き方について解説しています。複線図を書く手順と書き方について解説していますので、複線図の書き方の勉強の参考にしてみてください。平成30年度の候補問題No.13は、自動点滅器がある候補問題です。
平成30年度 第二種電気工事士技能試験 候補問題の単線図と複線図の一覧表
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題の単線図(配線図)と複線図を一覧表にまとめました。候補問題の複線図の書き方の勉強などに活用してみてください。