第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.4

平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.4の単線図(配線図)の解説です。

 

平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.4の単線図(配線図)

 

平成30年度(2018年度)の候補問題No.4の単線図は、

 

配線用遮断器、漏電遮断器(過負荷保護付)、三相電動機(施工省略)、電源表示灯がある単線図 です。

 

ちなみに、この候補問題No.4は、平成29年度の候補問題No.4と同じです。

 

電源

単線図に書かれている「電源 1Φ2W 100V」は、電源が 単相2線式100V であることを表わします。

 

単相2線式100Vは電線2本で100Vの電気を供給する電源で、「電源 1Φ2W 100V」の「1Φ」は単相、「2W」は2線式、「100V」は電圧100Vを意味します。

 

また、単線図に書かれている「電源 3Φ3W 200V」は、電源が 三相3線式200V であることを表わします。

 

三相3線式200Vは電線3本で200Vの電気を供給する電源で、「電源 3Φ3W 200V」の「3Φ」は三相、「3W」は3線式、「200V」は電圧200Vを意味します。

 

この候補問題No.4の場合、「電源 1Φ2W 100V」とつながっている配線用遮断器から単相100Vの電源が右側の回路に供給され、「電源 3Φ3W 200V」とつながっている漏電遮断器(過負荷保護付)から三相200Vの電源が左側の回路に供給されます。

 

平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.4の単線図の解説(電源部分)

 

配線のルート

単線図に書かれている太い線は、配線のルート(配線の配置)を表わします。

 

配線は、単線図の太い線のところを通るように配置します。

 

平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.4の単線図の解説(配線のルート)

 

使うケーブルの種類

単線図に書かれている「VVF2.0-2C」と「VVF2.0-3C」は、その部分に使うケーブルがそれぞれ VVF2.0-2CVVF2.0-3C であることを表わします。

 

平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.4の単線図の解説(使うケーブルの種類)

 

なお、第二種電気工事士技能試験の候補問題では、ケーブルまたは絶縁電線の種類が書かれていない部分の配線は、VVF1.6-2CまたはVVF1.6-3Cのケーブルになります。

 

施工省略

施工省略と書かれていて一点鎖線で囲まれているところは、施工省略の範囲(施工しなくてよい範囲)を表わします。

 

この候補問題No.4の場合、配線用遮断器と漏電遮断器(過負荷保護付)の左側の部分と、三相電動機の部分が施工省略範囲になっています。

 

なので、配線用遮断器と漏電遮断器(過負荷保護付)の左側の部分と、三相電動機の部分の施工は不要です。

 

平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.4の単線図の解説(施工省略部分)

 

器具の種類と配置

単線図に書かれている器具の図記号は、取り付ける器具の種類と配置 を表わします。

 

なので、この候補問題No.4の場合、

 

平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.4の単線図の解説(器具の種類と配置)

 

となります。

 

ただし、第二種電気工事士技能試験ではVVF用ジョイントボックスは支給されないので、VVF用ジョイントボックスの取り付けは省略されます。

 

また、第二種電気工事士技能試験では例年、この候補問題No.4のような単線図の場合、配線用遮断器と漏電遮断器(過負荷保護付)の実物は使われず、配線用遮断器と漏電遮断器(過負荷保護付)は5極の同一の端子台で代用されています。なので、例年通り配線用遮断器と漏電遮断器(過負荷保護付)が端子台で代用される場合には、単線図の配線用遮断器と漏電遮断器(過負荷保護付)の図記号のところには端子台が取り付けられます。

 

スイッチと器具の対応

単線図に書かれているカタカナは、スイッチと器具の対応 を表わします。

 

なので、この候補問題No.4の場合、

 

平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.4の単線図の解説(スイッチと器具の対応)

 

となります。

 

 

 

単線図で使われている図記号などの意味はこちらのページにまとめていますので、単線図の図記号をまだおぼえていない方は参考にしてみてください。

 

平成30年度の各候補問題の複線図の書き方はこちらのページ、平成30年度の候補問題の単線図(配線図)と複線図の一覧表はこちらのページを参考にしてみてください。

 

このページに掲載の単線図は、(一財)電気技術者試験センターから公表された第二種電気工事士技能試験の候補問題の単線図です。

 

 


スポンサーリンク



 




第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.4 関連ページ

第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.1
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.1の単線図(配線図)について解説しています。平成30年度の候補問題No.1の単線図は、3つのスイッチ(1つは位置表示灯内蔵スイッチ)で3種類の器具をON/OFFする単線図です。
第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.2
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.2の単線図(配線図)について解説しています。平成30年度の候補問題No.2の単線図は、常時点灯の確認表示灯(パイロットランプ)と、2口コンセントがある単線図です。
第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.3
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.3の単線図(配線図)について解説しています。平成30年度の候補問題No.3の単線図は、タイムスイッチがある単線図です。
第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.5
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.5の単線図(配線図)について解説しています。平成30年度の候補問題No.5の単線図は、配線用遮断器、漏電遮断器(過負荷保護付)、接地端子、接地極付コンセント(定格20A250V)がある単線図です。
第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.6
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.6の単線図(配線図)について解説しています。平成30年度の候補問題No.6の単線図は、3路スイッチと露出形コンセントがある単線図です。
第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.7
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.7の単線図(配線図)について解説しています。平成30年度の候補問題No.7の単線図は、3路スイッチと4路スイッチがある単線図です。
第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.8
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.8の単線図(配線図)について解説しています。平成30年度の候補問題No.8の単線図は、リモコンリレー(リモコン回路)の単線図です。
第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.9
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.9の単線図(配線図)について解説しています。平成30年度の候補問題No.9の単線図は、接地極付接地端子付コンセントがある単線図です。
第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.10
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.10の単線図(配線図)について解説しています。平成30年度の候補問題No.10の単線図は、配線用遮断器、同時点滅の確認表示灯(パイロットランプ)がある単線図です。
第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.11
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.11の単線図(配線図)について解説しています。平成30年度の候補問題No.11の単線図は、ねじなし電線管(E19)がある単線図です。
第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.12
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.12の単線図(配線図)について解説しています。平成30年度の候補問題No.12の単線図は、合成樹脂製可とう電線管(PF16)がある単線図です。
第二種電気工事士 候補問題の単線図の解説 平成30年度No.13
平成30年度(2018年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.13の単線図(配線図)について解説しています。平成30年度の候補問題No.13の単線図は、自動点滅器がある単線図です。