第二種電気工事士筆記試験 平成30年度下期問48 複線図の書き方

平成30年度(2018年度)の第二種電気工事士下期筆記試験の問48で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。

 

複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強(筆記試験対策)に活用してみてください。

 

このページに掲載している配線図は、第二種電気工事士筆記試験の試験問題に掲載されている配線図の一部(問題に関係がある部分だけ)を抜粋したものです。
配線図の全体を見たい場合は、過去問題集などの参考書(持っている場合)、または(一財)電気技術者試験センターのホームページで試験問題(PDF)をダウンロードして参照してください。(過去の試験問題をダウンロードできる(一財)電気技術者試験センターのホームページはこちら

 

平成30年度第二種電気工事士下期筆記試験の配線図(問48)

平成30年度の第二種電気工事士下期筆記試験(問48)で出題された配線図は、次のような配線図です。(問48に関係する部分のみ抜粋しています。)

 

平成30年度第二種電気工事士下期筆記試験の配線図(平面図の抜粋(問48))

 

平成30年度第二種電気工事士下期筆記試験の配線図(電灯分電盤結線図の抜粋(問48))

 

ちなみに、問48の問題は「配線図の⑱で示すボックス内で使用するリングスリーブの種類と最小個数の組合せを問う問題」です。

 

問48に関係する部分(配線図の⑱に関係する部分)の配線図を抜き出してみると、次のようになります。

 

問題に関係する部分を抜き出した配線図(平成30年度第二種電気工事士下期筆記試験問48)

 

この配線図は問48に関係する部分をそのまま抜き出した配線図ですが、この配線図をじーっと見ていると、何かに気付きます!

 

じー。(と、見る)

 

配線図を見てみると、配線図の⑱で示すボックス部分では、電源部分ⓒからボックスの右側に入ってきた配線(ケーブル)をボックスの中で3方向(ボックスの上方向と左方向と下方向)に分岐させているだけというのが分かります。

 

⑱のボックス部分では、電源からの配線を分岐しているだけ

 

ただし、上方向と下方向の接続先には接地極があるコンセント(接地極付2口コンセント、接地極付接地端子付コンセント)があり、接地線が必要なので、この2方向には電源の接地側電線と非接地側電線の他に接地線も分岐しますが、

 

上方向と下方向には電源の接地側電線と非接地側電線の他に接地線も分岐する

 

左方向の接続先には接地極付コンセントはなく、接地線は必要ないので、左方向には電源の接地側電線と非接地側電線だけが分岐します。

 

左方向には電源の接地側電線と非接地側電線だけが分岐する

 

※「VVF2.0-3C」は3心のケーブルで、この配線図の場合、3心のうちの2心は接地側電線と非接地側電線として使い、残りの1心は接地線として使います。

 

以上より、この問48の問題を解くための複線図は、配線がボックスの右側に入ってくるところから3方向に出ていくところまで書ければいいので、複線図を描く範囲は次のようになります。

 

配線図の余計な部分を削除した配線図(平成30年度第二種電気工事士下期筆記試験問48)

 

複線図を書く範囲が決まったので、では、複線図を書いてみましょう。

 

 


スポンサーリンク




 

 

平成30年度第二種電気工事士下期筆記試験 問48の配線図の複線図の書き方と手順

①電源からの線の種類を書く

電源ⓒからの線の種類を区別できるように、L(非接地側)、N(接地側)、E(接地線)と書きます。

 

平成30年度第二種電気工事士下期筆記試験問48の配線図の複線図の書き方の手順①

 

②L(非接地側)の線を書く

L(非接地側)からボックスまで線を書き、ボックス内で3方向(上方向、左方向、下方向)に分岐させます。

 

平成30年度第二種電気工事士下期筆記試験問48の配線図の複線図の書き方の手順②

 

③N(接地側)の線を書く

N(接地側)からボックスまで線を書き、ボックス内で3方向(上方向、左方向、下方向)に分岐させます。

 

平成30年度第二種電気工事士下期筆記試験問48の配線図の複線図の書き方の手順③

 

④E(接地線)の線を書く

E(接地線)からボックスまで線を書き、ボックス内で2方向(上方向、下方向)に分岐させると複線図完成です!(ボックスの左側の回路には接地線は必要ないので、接地線を分岐させるのは上方向と下方向だけです。)

 

平成30年度第二種電気工事士下期筆記試験問48の配線図の複線図の書き方の手順④

 

平成30年度下期筆記試験 問48の配線図の複線図の完成図

 

平成30年度第二種電気工事士下期筆記試験問48の配線図の複線図の完成図

 

このページに掲載の配線図(抜粋)は、(一財)電気技術者試験センターが作成した第二種電気工事士筆記試験の試験問題に掲載されている配線図です。

 

 

 

第二種電気工事士筆記試験で出題された配線図と複線図の一覧表はこちら

 

 


スポンサーリンク



 




第二種電気工事士筆記試験 平成30年度下期問48 複線図の書き方 関連ページ

第二種電気工事士筆記試験 平成24年度下期問14 過去問と解説
第二種電気工事士筆記試験の平成24年度下期問14の問題と解説です。この過去問は三相誘導電動機の逆回転についての問題で、平成21年度問14と同じ問題です。第二種電気工事士の筆記試験では、このようにまったく同じ問題が出題されることもありますので、過去問はしっかり勉強しておきましょう。
第二種電気工事士筆記試験で出題された配線図と複線図の一覧表
第二種電気工事士筆記試験で出題された配線図とその複線図を一覧表にまとめました。筆記試験の複線図の書き方の勉強などに活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成30年度上期問39・46・47 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成30年度(2018年度)上期問39・46・47)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成30年度上期問41 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成30年度(2018年度)上期問41)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成30年度下期問40・49 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成30年度(2018年度)下期問40・49)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成30年度下期問41 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成30年度(2018年度)下期問41)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成29年度上期問38・47・48 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成29年度(2017年度)上期問38・47・48)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成29年度上期問42 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成29年度(2017年度)上期問42)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成29年度下期問32・46 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成29年度(2017年度)下期問32・46)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成29年度下期問41・44 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成29年度(2017年度)下期問41・44)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成28年度上期問38 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成28年度(2016年度)上期問38)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成28年度上期問41 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成28年度(2016年度)上期問41)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成28年度上期問43・44 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成28年度(2016年度)上期問43・44)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成28年度上期問45 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成28年度(2016年度)上期問45)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成28年度下期問31・42・43 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成28年度(2016年度)下期問31・42・43)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成28年度下期問41 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成28年度(2016年度)下期問41)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成28年度下期問44・46 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成28年度(2016年度)下期問44・46)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成27年度上期問23 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成27年度(2015年度)上期問23)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成27年度上期問34 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成27年度(2015年度)上期問34)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成27年度上期問43・45・46 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成27年度(2015年度)上期問43・45・46)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成27年度下期問37 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成27年度(2015年度)下期問37)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成27年度下期問45・46・47 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成27年度(2015年度)下期問45・46・47)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成26年度上期問33・42・43 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成26年度(2014年度)上期問33・42・43)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成26年度下期問38・44・46 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成26年度(2014年度)下期問38・44・46)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成25年度上期問34・44・45 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成25年度(2013年度)上期問34・44・45)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成25年度下期問45・46 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成25年度(2013年度)下期問45・46)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成24年度上期問34・44 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成24年度(2012年度)上期問34・44)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成24年度下期問46 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成24年度(2012年度)下期問46)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成23年度上期問40 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成23年度(2011年度)上期問40)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成23年度上期問49 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成23年度(2011年度)上期問49)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成23年度下期問39 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成23年度(2011年度)下期問39)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成23年度下期問49 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成23年度(2011年度)下期問49)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成22年度問38 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成22年度(2010年度)問38)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成22年度問42 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成22年度(2010年度)問42)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成21年度問33 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成21年度(2009年度)問33)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。
第二種電気工事士筆記試験 平成21年度問46 複線図の書き方
第二種電気工事士筆記試験(平成21年度(2009年度)問46)で出題された配線図の複線図の書き方について解説しています。試験で出題された問題の配線図の複線図の書き方を一つ一つ順を追って解説していますので、筆記試験の勉強に活用してみてください。