このエントリーをはてなブックマークに追加   

配電線(配電方式)の種類

配電線(配電方式)にはいろいろな種類があり、例えば次のように、

 

・単相2線式
 (一番簡単?分かりやすい配電方式)
・単相3線式
 (一般家庭に届いている電気のほとんどはこの配電方式)
・三相3線式
 (電動機やポンプを動かしたりする電気をいっぱい使う動力用の電気はこの配電方式)

 

などがあります。

 

第二種電気工事士の筆記試験の計算問題でよく出題されるのは、

 

「単相2線式」と「単相3線式」と「三相3線式」

 

ですので、この3つの配電方式はしっかりと勉強しておくようにしましょう!

 

って、上にかいてある全部ですね・・・

 

それから、配電線には発電所で作られた電気が送られてくるので、もちろん「交流」ですよ。

単相2線式(単相2線式100V)

単相2線式(単相2線式100V)は、配電方式の中で一番簡単で分かりやすい配電方式で、次のような回路になります。

 

単相2線式配電線の電気回路図

 

負荷には電線が2本つながれ、1本は非接地側電線(黒色)、もう1本は接地側電線(白色)になります。
電線が2本だけなので、直流回路みたいで簡単で分かりやすいですよね。

 

非接地側電線は電圧がかかっている電線で、この非接地側電線が負荷につながれているので負荷に電圧がかかります。

 

接地側電線というのは、接地されている(大地に接続されている)電線で、接地されている電線の電圧は基本的にゼロボルトになります。

 

上の図では非接地側電線と接地側電線の間が100[V]なので、非接地側電線の電圧が100[V]で接地側電線の電圧が0[V]ということになります。ですので、100[V]と0[V]で電圧の差(電位差といいます)があるので、負荷に電流が流れます。

 

単相2線式配電線の電流の流れ

 

接地の図記号は、上の図のように横棒3本で表わします。

単相3線式(単相3線式100/200V)

単相3線式(単相3線式100/200V)は、一般家庭などに最も普及している配電方式で、住宅にきているほとんどの電気はこの単相3線式で供給されています。
みなさんのおうちにもこの単相3線式で電気がきています。(と思います。まれに単相2線式もありますが・・・)

 

単相3線式は次のような回路になります。

 

単相3線式配電線の電気回路図

 

ちょっと変わった回路ですね〜 電源2個あるし・・・
負荷は3個あるし・・・

 

ここで、単相3線式とはどのようなものか考えるために、この図をちょっと変えてみます。

 

右側に3個書いてある「負荷」の意味は「ここにそれぞれ「負荷」が接続されるんですよ」という意味なので、

 

負荷が接続される=おうちの場合コンセント

 

と考えると、上の回路図の「負荷」を「コンセント」で置き換えて、次のように表わすことができます。

 

コンセントで置き換えた単相3線式配電線の回路図

 

するとこの図をみると、コンセント@とコンセントAはそれぞれ交流電源100[V]に接続されています。
ですので、コンセント@とAには100[V]の電化製品をつなぐことができます。
例えば、パソコン、テレビ、オーディオとかですね。

 

次にコンセントBですが、これは上側の交流電源100[V]と下側の交流電源100[V]の両端に接続されています。
すると、100[V]が2つなので、コンセントBは電圧200[V]に接続されていることになります。
ですので、コンセントBには200[V]の電化製品をつなぐことができます。
例えば、200[V]で動くエアコン、IHクッキングヒーターとかですね。

 

このように単相3線式は、

 

電線3本で100[V]二つと200[V]一つの電源を供給

 

することができます。

 

また、単相3線式の電流は、次のように上側の100[V]と下側の100[V]と200[V]でそれぞれ次のように流れます。

 

単相3線式配電線の電流の流れ

 

昔と違って最近は200[V]で動く電気機器が増えてきているので、単相2線式は無くなりつつあり単相3線式が増えてきているんです。

 

 


スポンサーリンク




 

三相3線式(三相3線式200V)(負荷がY結線の場合)

三相3線式(三相3線式200V)は、電線3本で三相負荷に電力を供給する配電方式です。(下の図に負荷A、B、Cとありますが、負荷A、B、Cの3つで1つの三相負荷になります。)

 

三相3線式の結線方法にはY結線やΔ結線がありますが、負荷がY結線になっている場合の三相3線式は次のような回路になります。

 

三相3線式(負荷Y結線の場合)の回路図

 

上の回路図に「赤−白間200[V]」、「白−黒間200[V]」、「赤−黒間200[V]」と書いてありますが、これら200[V]の電圧は、電線と電線の間の電圧なので、

 

線間電圧

 

とよばれ、

 

負荷A、B、Cそれぞれにかかる電圧は、

 

相電圧

 

とよばれています。

 

また、電流については、各電線に流れる電流を

 

線電流

 

といい、各負荷A、B、Cに流れる電流を

 

相電流

 

といいます。

 

いろいろゴチャゴチャと回路図に書いてありますが、ここでおぼえておいてほしいのは、
「線間電圧」、「相電圧」、「線電流」、「相電流」 と、Y結線の場合のこれらの関係を表わす次の2つです。

 

@三相3線式(Y結線)の場合、線間電圧=√3×相電圧

 

A三相3線式(Y結線)の場合、線電流=相電流

 

この2つの式に関する問題が第二種電気工事士の筆記試験でも度々出題されているので、おぼえておきましょう。

三相3線式(三相3線式200V)(負荷がΔ結線の場合)

負荷がΔ結線になっている場合の三相3線式は次のような回路になります。(この場合も、負荷A、B、Cの3つで1つの三相負荷になります。)

 

三相3線式(負荷Δ結線の場合)の回路図

 

上の回路図に「赤−白間200[V]」、「白−黒間200[V]」、「赤−黒間200[V]」と書いてありますが、これら200[V]の電圧は、電線と電線の間の電圧なので、

 

線間電圧

 

とよばれ、

 

負荷A、B、Cそれぞれにかかる電圧は、

 

相電圧

 

とよばれています。

 

また、電流については、各電線に流れる電流を

 

線電流

 

といい、各負荷A、B、Cに流れる電流を

 

相電流

 

といいます。(先ほどのY結線と同じです。)

 

ここでおぼえておいてほしいのは、
「線間電圧」、「相電圧」、「線電流」、「相電流」 と、Δ結線の場合のこれらの関係を表わす次の2つです。

 

@三相3線式(Δ結線)の場合、線間電圧=相電圧

 

A三相3線式(Δ結線)の場合、線電流=√3×相電流

 

この2つの式に関する問題が第二種電気工事士の筆記試験でも度々出題されているので、Y結線の場合とあわせておぼえておきましょう。

 

三相3線式(負荷Y結線)の場合と三相3線式(負荷Δ結線)の場合の「線間電圧」、「相電圧」、「線電流」、「相電流」の関係を次の表にまとめておきます。

 

 

三相3線式(負荷Y結線)

三相3線式(負荷Δ結線)

線間電圧と相電圧の関係

線間電圧=√3×相電圧

線間電圧=相電圧

線電流と相電流の関係

線電流=相電流

線電流=√3×相電流

 

Y結線は「ワイけっせん」とか「スターけっせん」とか「ほしがた(星形)けっせん」とよばれています。
Δ結線は「デルタけっせん」とか「さんかく(三角)けっせん」とよばれています。

 

自分が好きなよび方でよんでいいです。

 

私の場合はそれぞれ「わいけっせん」「でるたけっせん」と言っています。このように言っている人が多いように思います。「すたーけっせん」もまあまあいるかな。

 

 

 

配電線の電圧降下や断線などについても解説していますので、配電線の種類が分かったらこちらも勉強してみましょう。

 

消費電力 ⇒ 配電方式と消費電力
電圧降下 ⇒ 配電線の電圧降下
電力損失 ⇒ 配電線の電力損失
断線 ⇒ 配電線の断線

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

配電線(配電方式)の種類 関連ページ

配電線とは?
第二種電気工事士筆記試験の「配電理論」分野でおぼえておかなければならない「配電線とは?」についてまとめています。
配電方式と消費電力
第二種電気工事士筆記試験の「配電理論」分野で出題される単相2線式、三相3線式などの配電方式ごとの負荷の消費電力についてまとめています。
配電線の電圧降下
第二種電気工事士筆記試験の「配電理論」分野で出題される単相2線式、単相3線式、三相3線式などの配電線の電圧降下についてまとめています。
配電線の電力損失
第二種電気工事士筆記試験の「配電理論」分野で出題される単相2線式、単相3線式、三相3線式などの配電線の電力損失についてまとめています。
配電線の断線
第二種電気工事士筆記試験の「配電理論」分野で出題される単相2線式、単相3線式、三相3線式(Y結線)、三相3線式(Δ結線)などの配電線が「断線するとどうなるか?」についてまとめています。