ブロック線図と伝達関数①

次のようなブロック線図を考えます。

 

基本的なブロック線図①

 

このブロック線図の伝達関数 $W(s)$ は、次式で与えられます。

 

$\therefore W(s) = \dfrac{Y(s)}{X(s)} = \dfrac{G(s)}{1+G(s)}$

ブロック線図と伝達関数②

次のようなブロック線図を考えます。

 

基本的なブロック線図②

 

このブロック線図の伝達関数 $W(s)$ は、次式で与えられます。

 

$\therefore W(s) = \dfrac{Y(s)}{X(s)} = \dfrac{G(s)}{1+G(s) H(s)}$

 

 


スポンサーリンク



 




ブロック線図と伝達関数 関連ページ

開ループ伝達関数と閉ループ伝達関数の違い
自動制御の「開ループ伝達関数と閉ループ伝達関数の違い」についてまとめたページです。伝達関数は自動制御の基本事項になります。
伝達関数の二次標準形
自動制御の「伝達関数の二次標準形」についてまとめたページです。