このエントリーをはてなブックマークに追加   

電力量と熱量の関係(換算)

電力量と熱量の関係(換算)は次のように、

 

電力量1[W・s]=熱量1[J]

 

となります。

 

電力量の単位でよく使われるのは[W・h]ですが、これは、1[時間]は3600[秒]なので、

 

電力量1[W・h]=熱量3600[J]

 

となります。

 

また、電力量[kW・h]の熱量への換算は、[k(キロ)]なので、

 

電力量1[kW・h]=熱量3600[kJ] となります。

 

電力量1[W・s]=熱量1[J]が基本になりますのでおぼえておくようにしましょう。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

電力量と熱量の関係(換算) 関連ページ

火力発電の概要
火力発電の「火力発電の概要」についてまとめたページです。「火力発電の概要」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。
火力発電所の損失と出力
火力発電の「火力発電所の損失と出力」についてまとめたページです。「火力発電所の損失と出力」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。
火力発電所の効率
火力発電の「火力発電所の効率」についてまとめたページです。「火力発電所の効率」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。
タービン室効率
火力発電の「タービン室効率」についてまとめたページです。「タービン室効率」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。
復水器で海水へ放出される熱量
火力発電の「復水器で海水へ放出される熱量」についてまとめたページです。「復水器で海水へ放出される熱量」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。
熱消費率
火力発電の「熱消費率」についてまとめたページです。「熱消費率」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される項目です。