このエントリーをはてなブックマークに追加   

接地抵抗計による接地抵抗の測定方法

接地抵抗を測定するときは、接地抵抗計 を使います。
接地抵抗計はアーステスタともいい、接地抵抗計にはおおよそ次のようなタイプがあります。

接地抵抗計のタイプ
  • 測定ボタンを押すと、測定された接地抵抗値を針で示すアナログ表示式
  • 測定ボタンを押すと、測定された接地抵抗値を数値で表示するディジタル表示式
  • 測定ボタンを押しながらダイヤルを回して(操作して)、検流計の針がゼロを指しているときの目盛の値を読むタイプ(読んだ値が接地抵抗値)

 

(アナログ表示式の接地抵抗計の例)

(ディジタル表示式の接地抵抗計の例)


 

(ダイヤルを回して目盛を読むタイプの接地抵抗計の例)

 


 

ちなみに、接地抵抗を測定するときは、補助接地極(接地棒)を大地に打ち込みます。補助接地極(接地棒)ってこんなので、

 

 

これをズブっと大地に打ち込みます。

 

 


スポンサーリンク




 

接地抵抗の測定方法(アナログ表示式、ディジタル表示式の場合)

 

アナログ表示式の接地抵抗計の各部の説明図

 

アナログ表示式またはディジタル表示式の接地抵抗計で接地抵抗を測定するときは、次のような手順で測定します。

 

手順@

接地抵抗を測定したい接地極(被測定接地極(E))から10mくらい離れたところに1つ目の補助接地極(第1補助接地極(P))を打ち込みます。

 

アナログ表示式の接地抵抗計による測定方法@(第1補助接地極(P)を打ち込む)

 

手順A

被測定接地極(E)と第1補助接地極(P)を結んだ一直線上のさらに10mくらい離れたところに、2つ目の補助接地極(第2補助接地極(C))を打ち込みます。

 

アナログ表示式の接地抵抗計による測定方法A(第2補助接地極(C)を打ち込む)

 

手順B

被測定接地極(E)に接地抵抗計の「E」端子を、第1補助接地極(P)に接地抵抗計の「P」端子を、第2補助接地極(C)に接地抵抗計の「C」端子を接続します。

 

アナログ表示式の接地抵抗計による測定方法B(接地抵抗計のE端子、P端子、C端子を各接地極に接続する)

 

手順C

測定ボタンを押して、表示されている値を読みます。その読んだ値が接地抵抗値になります。

 

アナログ表示式の接地抵抗計による測定方法C(測定ボタンを押して接地抵抗値を読む)

 

接地抵抗の測定方法(ダイヤルを回して目盛を読むタイプの場合)

 

ダイヤルを回して目盛を読むタイプの接地抵抗計の各部の説明図

 

ダイヤルを回して目盛を読むタイプの接地抵抗計で接地抵抗を測定するときは、次のような手順で測定します。

 

手順@

接地抵抗を測定したい接地極(被測定接地極(E))から10mくらい離れたところに1つ目の補助接地極(第1補助接地極(P))を打ち込みます。

 

ダイヤルを回して目盛を読むタイプの接地抵抗計による測定方法@(第1補助接地極(P)を打ち込む)

 

手順A

被測定接地極(E)と第1補助接地極(P)を結んだ一直線上のさらに10mくらい離れたところに、2つ目の補助接地極(第2補助接地極(C))を打ち込みます。

 

ダイヤルを回して目盛を読むタイプの接地抵抗計による測定方法A(第2補助接地極(C)を打ち込む)

 

手順B

被測定接地極(E)に接地抵抗計の「E」端子を、第1補助接地極(P)に接地抵抗計の「P」端子を、第2補助接地極(C)に接地抵抗計の「C」端子を接続します。

 

ダイヤルを回して目盛を読むタイプの接地抵抗計による測定方法B(接地抵抗計のE端子、P端子、C端子を各接地極に接続する)

 

手順C

測定ボタンを押しながらダイヤルを回し、検流計の針がゼロを指しているときのダイヤルの目盛を読みます。その読んだ目盛の値が接地抵抗値になります。

 

ダイヤルを回して目盛を読むタイプの接地抵抗計による測定方法C(測定ボタンを押しながらダイヤルを回して接地抵抗値を測定する)

 

接地抵抗計による接地抵抗の測定方法は、以上のようになります。

 

第二種電気工事士の筆記試験では、被測定接地極(E)、第1補助接地極(P)、第2補助接地極(C)の配置と並び順について問う問題がよく出題されています。どのタイプの接地抵抗計で測定する場合でも、接地極の配置と並び順は、一直線上に「E」→「P」→「C」の順番 になるので、必ずおぼえておくようにしましょう。

 

補足@|接地抵抗の簡易測定方法

接地抵抗を簡易的に測定する方法として、金属製の水道管を補助接地極として使う方法があります。

 

金属製の水道管を使って簡易的に測定するときは、次のように接地抵抗計の「P」端子と「C」端子を水道管に接続します。

 

接地抵抗の簡易測定方法

 

補足A|C種接地工事とD種接地工事の接地抵抗値

C種接地工事とD種接地工事の接地抵抗値は、電気設備の技術基準の解釈に、次のように規定されています。ついでに、おぼえておきましょう。

接地工事の種類

接地抵抗値

C種接地工事

10Ω以下

※1の場合

500Ω以下

D種接地工事

100Ω以下

※1)地絡を生じた場合に0.5秒以内に自動的に電路を遮断する装置を施設する場合

 

ちなみに、上の表の接地抵抗値を見ると、○○Ω以下と書かれているので、接地抵抗値は表に記載の値よりも小さくしてね!ってことになります。

 

接地抵抗の測定方法のポイント!
  • 「E」「P」「C」は一直線上に配置する
  • 並び順は「E」→「P」→「C」の順番
  • 「E」と「P」、「P」と「C」の間の距離は10mくらい

接地抵抗を測定するときの各接地極の配置と並び順

 

 

 

ところで、接地抵抗ってなんでしたっけ? という方は、こちらの接地工事の種類と接地抵抗値のページを参考にしてみてください。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

接地抵抗計による接地抵抗の測定方法 関連ページ

計器の種類と計器に表示されている記号
第二種電気工事士筆記試験の「検査・測定」の分野で出題される「計器の種類と計器に表示されている記号」についてまとめています。計器の種類や計器に表示されている記号の意味をおぼえましょう。
電圧、電流、電力の測定回路
第二種電気工事士筆記試験の「検査・測定」で出題される「電圧、電流、電力の測定回路」についてまとめています。電圧、電流、電力の測定回路についての問題は2年(2回)または3年(3回)に1回くらいの頻度で出題されている重要な項目になります。回路図をおぼえるだけなので、そんなに難しくはないですよ。
力率の測定回路
第二種電気工事士筆記試験の「検査・測定」の分野で出題される「力率の測定回路」についてまとめています。力率の測定回路は、電圧・電流・電力の測定回路と同じ回路になるので、電圧、電流、電力の測定回路が分かっていれば、そんなに難しくはないです。
クランプ形電流計による電流の測定
第二種電気工事士筆記試験の「検査・測定」の分野で出題される「クランプ形電流計による電流の測定」についてまとめています。クランプ形電流計による漏れ電流の測定方法については、比較的出題頻度が高いので、必ずおぼえておくようにしましょう。
絶縁抵抗計による絶縁抵抗の測定方法と絶縁抵抗値
第二種電気工事士筆記試験の「検査・測定」の分野で出題される「絶縁抵抗計による絶縁抵抗の測定方法と絶縁抵抗値」についてまとめています。絶縁抵抗計を使った絶縁抵抗の測定については、点滅器を「入」にするとか、負荷を使用状態にするとか、ちょっとややこしかったりします。
竣工検査
第二種電気工事士筆記試験の「検査・測定」の分野で出題される「竣工検査」についてまとめています。竣工検査については、竣工検査で行う測定や試験の項目と順番、それから、竣工検査をする義務は誰に課されているかなどを問う問題が出題されています。