このエントリーをはてなブックマークに追加   

竣工検査

竣工検査 は、一般用電気工作物が新しく設置されたとき、または増設などの変更の工事が完了したときに行われる検査で、竣工検査をする義務は 電気供給者(電力会社) に課されています。

 

つまり、一般用電気工作物を新しく作ったよ!とか、増設したよ!というとき(工事完了後)に行う検査が竣工検査で、竣工検査は電気供給者(電力会社)がちゃんとやってね!ということです。(実際に検査をするときは、電力会社から委託された電気保安協会などが検査を行っています。)

 

竣工検査では、

  • @目視点検
  • A絶縁抵抗測定
  • B接地抵抗測定
  • C導通試験

を@〜Cの順番で行います。(ただし、「A絶縁抵抗測定」と「B接地抵抗測定」の順番は入れ替わってもいいです。)

 

@〜Cのそれぞれの測定や試験では、次のようなことをやります。

 

@目視点検

目視点検では、新設または変更の工事をした電気工作物が、
・電気設備技術基準などに適合しているか?
・電気用品安全法に適合した材料を使っているか?
・器具の取り付け方が適切か?
などを目視で点検します。目視なので、目で見て点検するってことです。

 

A絶縁抵抗測定

絶縁抵抗測定では、絶縁抵抗を測定して、その測定した絶縁抵抗値が適切な値以上か?確認します。
例えば、単相3線式だったら、絶縁抵抗値が0.1MΩ以上あるか? みたいな・・・

 

B接地抵抗測定

接地抵抗測定では、接地抵抗を測定して、その測定した接地抵抗値が適切な値以下か?確認します。
例えば、D種接地工事だったら、接地抵抗値が100Ω以下か? みたいな・・・

 

C導通試験

導通試験では、
・器具への結線の未接続はないか?
・回路の接続は正しいか?
・電線が断線していないか?
などを、回路計(テスタ)などを使って確認します。

 

第二種電気工事士の筆記試験では、
・竣工検査で行われないもの
・竣工検査(各測定や試験)の順番
・竣工検査をする義務は誰に課されているか
などを問う問題が出題されています。

 

ですので、竣工検査では何をどの順番でするのか? 竣工検査をする義務は誰に課されているのか? 必ずおぼえておくようにしましょう。

 

竣工検査で行う測定や試験とその順番

 

補足|竣工検査以外の検査

竣工検査以外の検査には、原則として4年に1回行われる定期検査、漏電などの異常があったときに行われる臨時検査があります。

 

竣工検査のポイント!
  • 竣工検査で行う測定や試験の項目と順番は、「目視点検」→「絶縁抵抗測定」→「接地抵抗測定」→「導通試験」(「絶縁抵抗測定」と「接地抵抗測定」は順番が逆になってもOK)
  • 竣工検査をする義務は電気供給者(電力会社)に課されている

 

 

 

絶縁抵抗の測定については、こちらの絶縁抵抗の測定方法と絶縁抵抗値のページを、接地抵抗の測定については、こちらの接地抵抗の測定方法のページを参考にしてみてください。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

竣工検査 関連ページ

計器の種類と計器に表示されている記号
第二種電気工事士筆記試験の「検査・測定」の分野で出題される「計器の種類と計器に表示されている記号」についてまとめています。計器の種類や計器に表示されている記号の意味をおぼえましょう。
電圧、電流、電力の測定回路
第二種電気工事士筆記試験の「検査・測定」で出題される「電圧、電流、電力の測定回路」についてまとめています。電圧、電流、電力の測定回路についての問題は2年(2回)または3年(3回)に1回くらいの頻度で出題されている重要な項目になります。回路図をおぼえるだけなので、そんなに難しくはないですよ。
力率の測定回路
第二種電気工事士筆記試験の「検査・測定」の分野で出題される「力率の測定回路」についてまとめています。力率の測定回路は、電圧・電流・電力の測定回路と同じ回路になるので、電圧、電流、電力の測定回路が分かっていれば、そんなに難しくはないです。
クランプ形電流計による電流の測定
第二種電気工事士筆記試験の「検査・測定」の分野で出題される「クランプ形電流計による電流の測定」についてまとめています。クランプ形電流計による漏れ電流の測定方法については、比較的出題頻度が高いので、必ずおぼえておくようにしましょう。
接地抵抗計による接地抵抗の測定方法
第二種電気工事士筆記試験の「検査・測定」の分野で出題される「接地抵抗計による接地抵抗の測定方法」についてまとめています。接地抵抗の測定については、各接地極の配置について問う問題がよく出題されています。各接地極の配置と並び順は必ずおぼえておくようにしましょう。
絶縁抵抗計による絶縁抵抗の測定方法と絶縁抵抗値
第二種電気工事士筆記試験の「検査・測定」の分野で出題される「絶縁抵抗計による絶縁抵抗の測定方法と絶縁抵抗値」についてまとめています。絶縁抵抗計を使った絶縁抵抗の測定については、点滅器を「入」にするとか、負荷を使用状態にするとか、ちょっとややこしかったりします。