このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二種電気工事士技能試験で揃える工具の種類と選ぶときのポイント

第二種電気工事士の技能試験でそろえる工具の種類

第二種電気工事士の技能試験の練習を始めるためには、参考書、材料(電線・器具)の他に、組立作業(施工)をするための工具をそろえなければなりません。

 

それで、そろえなければならない工具の種類ですが、試験問題を作成している電気技術者試験センターから発行されている試験案内に最低限必要な技能試験の指定工具として、次の6種類の工具が記載されています。

試験案内に記載されている指定工具

  • ペンチ
  • ドライバ(プラスとマイナス)
  • ナイフ
  • スケール
  • ウォータポンププライヤ
  • リングスリーブ用圧着工具(JIS C 9711:1982・1990・1997適合品)

したがって技能試験を受験するためには、最低限これら6種類の工具をそろえればいいということになります。

 

ここでナイフは、ケーブルの被覆や電線の皮を剥くときなどに使用するものですが、最近ではナイフでケーブル・電線の皮むきをする人はほとんどいなく、電線の皮むきにはケーブルストリッパを使用する人がほとんどです。
ナイフで皮剥きをするよりもケーブルストリッパの方が早く剥くことができるので、私は受験する方にはケーブルストリッパの使用をすすめています。
(ただし、VVRケーブルはケーブルストリッパでは剥けませんので、本番でVVRケーブルがでてきたときにはナイフで剥きます。)

 

以上より、そろえてほしい工具は、

そろえてほしい工具

  • @ペンチ
  • Aドライバ(プラスとマイナス)
  • Bナイフ
  • Cケーブルストリッパ
  • Dスケール
  • Eウォータポンププライヤ
  • Fリングスリーブ用圧着工具(JIS C 9711:1982・1990・1997適合品)

の7種類になります。

 

それでは次に、これらの工具と工具を選ぶときのポイントについて説明します。

 

 


スポンサーリンク




 

 

第二種電気工事士の技能試験で使用する工具と工具を選ぶときのポイント

ペンチ

ペンチは、技能試験の練習で一番使われる工具で、切る、曲げる、掴む、輪っかを作るなどに使用します。
ペンチを選ぶポイントは、
・よく使う工具なので開閉が軽いもの(固いと疲れます)
・切る作業が多いので切れ味がいいもの
・ペンチの先で細かい作業(輪っか作りなど)をすることもあるので、先が破損していないもの
です。


簡単に言うと、壊れてなくて、開閉が固くなくて、電線がよく切れるペンチであれば何でもいいです。

 

もし自宅にペンチがあって、特に壊れているところもなく開閉も楽にできるようであれば、そのペンチを使用してもいいと思います。

 

ただし気を付けてほしいのは、自宅にあるペンチは長い間どこかに眠っていたりして、サビついているということがよくあります。
開閉が固かったり電線の切れ味が悪いとかな〜り疲れやすく、練習していると手がパンパンに痛くなります。
技能試験の練習ではペンチの開閉を何度もするので、楽なペンチを使用するようにしましょう。

 

ドライバ(プラス)

プラスドライバは、ランプレセプタクルや端子台のネジの取り付け取り外しに使用します。
プラスドライバを選ぶポイントは、
・ドライバの先端サイズが技能試験の器具に合っているもの
・グリップが太いもの
です。


 

特に注意してほしいのはドライバの先端のサイズです。

 

プラスドライバの先端サイズの大きさは規格で決められていて、よく使われるものではNo.1、No.2、No.3の三種類があるのですが、技能試験用ではNo.2のものがちょうどいいサイズになります。

 

間違えてNo.1のものを使用すると、ドライバのサイズが小さいためネジの頭部を壊してしまいます。
またNo.3のものを使用した場合には、ドライバのサイズがネジよりも大きいためネジにドライバが入らないことになってしまいます。

 

それからグリップ(=握り部分)の太さですが、これは細いものはやめておきましょう。

 

グリップが細いドライバはネジを回すときに太いものよりも力が必要なため、疲れて手が痛くなります。写真のようなボールグリップのものがおすすめです。

 

ドライバ(マイナス)

マイナスドライバは、コンセントやスイッチ類を連用取付枠に取り付けたり、コンセントやスイッチ類に差し込んだ電線を抜き取るときなどに使用します。
マイナスドライバを選ぶポイントは、
・ドライバの先端サイズが技能試験の器具に合っているもの
・グリップが太いもの
です。


 

特に注意してほしいのはプラスドライバと同じで、先端のサイズです。

 

マイナスドライバの先端サイズにも色々なものがありますが、技能試験用の場合、先端の横幅が5.5mmのものがちょうどいいです。

 

このサイズよりも小さいものを使用すると、コンセントやスイッチ類に差し込んだ電線の抜き取りはできますが、コンセントやスイッチ類を連用取付枠に取り付けるときに、きっちりと取り付けることができずガタガタ、または外れてしまいます。(連用取付枠から外れると欠陥=不合格!になります。)

 

逆に5.5mmよりも大きい幅のものを使用すると、ドライバを差し込む穴にドライバが入らず、連用取付枠への取り付けと電線の抜き取りの両方ができなくなってしまいます。

 

それからグリップの太さですが、これもプラスドライバと同じ理由で細いものはやめておきましょう。

 

また、マイナスドライバの先端はマグネットになっていないものを選ぶ方がいいと思います。

 

この理由は、連用取付枠には磁石がくっつくので、連用取付枠にコンセントやスイッチ類を取り付けるときにドライバの先端がマグネットのものだと取付枠に引っ付きます。
気にならない方はならないかもしれませんが、気になる方だと毎回ちょっとイラっとします。
ちなみに私はイラっとします。

 

電工ナイフ

電工ナイフは、ケーブルの外装や芯線の被覆を剥くときや、ケーブルストリッパでケーブルの外装や芯線の被覆を剥いた後のちょっとした修正などに使用します。また、VVRケーブルの外装はケーブルストリッパで剥くことができないので、VVRケーブルの外装を剥くときは電工ナイフを使用します。
電工ナイフを選ぶポイントは、
・刃がグラグラせずにしっかりしているもの
・柄がなるべく大きく力が入りやすいもの
・切れ味がいいもの
です。


 

電工ナイフは写真のようなしっかりとした作りのナイフで、ちゃんとした刃があるナイフなので、定期的に刃を研ぐなどの手入れが必要になります。

 

ケーブルストリッパ

ケーブルストリッパは、ケーブルの外装や芯線の被覆を剥くときに使用するもので、大きく分けると左の写真のような二つのタイプに分けられます。

 

  • タイプ@

写真のタイプ@はホーザン製P-958のケーブルストリッパで、これはケーブル外装と芯線被覆を剥くのはもちろん、電線を切る、長さを測ることもできます。また、ケーブルストリッパの先を使って、輪っかを簡単に作ることもできる多機能ストリッパです。


 

  • タイプA

タイプAはケーブル外装と芯線被覆を剥くことができ、写真のケーブルストリッパ(MCC製VSS-1620)の場合、VVFケーブルおよびEM-EEFケーブル(エコケーブル)の1.6mm×2芯、1.6mm×3芯、2.0mm×2芯、2.0mm×3芯の4つのサイズに対応しています。
このタイプはケーブル外装と芯線被覆を剥くだけの機能しかありませんが、VVRケーブル以外のケーブルはこれですべて一度に剥くことができるので、外装と被覆を剥く作業が簡単に効率良くできます。
剥く作業だけ考えるとタイプAの方が早く剥くことができます。

 

どちらのタイプも一長一短ありますが、自分に合っていそうな方を選ぶといいと思います。
ケーブルストリッパは使って慣れてしまった方が「使いやすい」と感じるので、好みで選んでいいと思います。

 

個人的にはタイプAのケーブルストリッパの方が被覆を剥くのが簡単で早いのでおすすめです。

 

スケール

スケールは、電線を切断するときやケーブル外装を剥くときの長さを測ったりするのに使用します。
スケールを選ぶポイントは、
・コンパクトなもの
・ロック機能があるもの
・2mくらいまで測れるもの
です。


技能試験の会場の机はたいていの場合狭いですので、できるだけコンパクトなものを選ぶようにしましょう。
また、スケールを引っ張り出した状態で止めておくことができるロック機能があると作業がしやすくなりますので、ロック機能があるものを選んでおいた方がいいです。
スケールで測る長さは最大で1.5m程度ですので、2mくらいの長さを測れるものであれば十分です。

 

ウォータポンププライヤ

ウォータポンププライヤは、ねじなしボックスコネクタをアウトレットボックスに固定するときのロックナットの締め付けなどに使用します。
ウォータポンププライヤを選ぶポイントは、
・コンパクトなもの
です。


 

技能試験では、ウォータポンププライヤはロックナットの締め付けや、ねじなしボックスコネクタの止めねじのねじ切り以外の用途はありませんので、できるだけ邪魔にならないコンパクトなものがいいです。
各メーカから「電気工事士試験推奨品」などと書かれているものがありますので、その中からできるだけコンパクトなもの(全長200mmくらい)を選ぶといいです。

 

ウォータポンププライヤを使用する候補問題は数少ないですが、持っていないと締め付け作業ができませんので必ず準備しておきましょう。
価格的にも\1,200前後のものもあり、そのようなもので十分です。

 

リングスリーブ用圧着工具

リングスリーブ用圧着工具は、電線をスリーブで接続するときに使用します。
リングスリーブ用圧着工具を選ぶポイントは、
・リングスリーブ用であるもの(柄が黄色)
・JIS C 9711:1982・1990・1997適合品のもの
・柄の形状が真っ直ぐではなく湾曲しているもの(写真のようなもの)
です。


第二種電気工事士技能試験の電線の接続は、差込コネクタまはたリングスリーブを使用して接続します。
それで、リングスリーブで接続するときに使用するのがリングスリーブ用圧着工具ですが、圧着工具にはいくつか種類があって見た目が似ているものが多いです。JISに適合しているリングスリーブ用の圧着工具(柄が黄色)を選ぶようにしましょう。

 

それから、圧着工具の握り部分ですが、「真っ直ぐなもの」と写真のように「湾曲しているもの」があります。
握力と体力に自信がある方は「真っ直ぐなもの」でもいいですが、「湾曲しているもの」の方が格段に扱いやすく疲れません。
リングスリーブの圧着にはけっこうな握力が必要になりますので、「湾曲しているもの」を選ぶことをおすすめします。

 

最近は女性の受験者も多くなってきていますが、女性の方は必ず「湾曲しているもの」を選んでおいた方がいいですよ!
「湾曲しているもの」でもそれなりに辛いと思いますが頑張りましょう。

 

以上、工具選びの共通的なポイントをまとめると、

第二種電気工事士技能試験で使用する工具を選ぶときのポイント

 

・間違った工具を選ばないようにしましょう!
・技能試験の練習は体力・筋力勝負なので疲れない工具を選びましょう!
・技能試験の会場の机は狭いのでコンパクトな工具を選びましょう!

となります。

 

 

 

このページに掲載している写真の工具のうち、「ペンチ」「ドライバ(プラス)」「ドライバ(マイナス)」「電工ナイフ」「ウォータポンププライヤ」「リングスリーブ用圧着工具」はホーザンのS-19電気工事士技能試験セットに含まれています。

 

工具はバラで買いそろえるよりも電気工事士技能試験用セット品を購入した方が買い間違いもなく楽でお得ですよ。工具セットについてはおすすめ工具セットのページで紹介していますので参考にしてみてください。

 

 

 

第二種電気工事士の技能試験用のおすすめ参考書は第二種電気工事士のおすすめ過去問・参考書、材料セットは第二種電気工事士技能試験の練習用おすすめ材料セット(電線と器具のフルセット)、工具セットは第二種電気工事士技能試験用おすすめ工具セットのページで紹介していますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二種電気工事士技能試験で揃える工具と選ぶときのポイント 関連ページ

おすすめ工具セット
第二種電気工事士技能試験用おすすめ工具セットの紹介です。技能試験の練習には色々とそろえなければならないものがあります。練習するための材料(電線や器具類)もそうですが、組立作業(施工)をするためには工具ももちろん必要で、おすすめはホーザンの工具セットです。
おすすめ単品工具
第二種電気工事士技能試験用のおすすめ単品工具の紹介です。工具は単品で揃えるよりもセットのものを購入した方がお得ですが、技能試験に必要な工具の中で自分で何種類か持っている場合には、足りない工具だけを買い足せばいいと思います。そこで、おすすめの単品工具(バラ売り)を紹介しますので参考にしてみてください。