このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二種電気工事士技能試験用おすすめ単品工具(バラ売り)

第二種電気工事士の技能試験の練習をするためには、参考書、材料(電線・器具)の他に、組立作業(施工)をするための工具を揃える必要があります。

 

第二種電気工事士の技能試験に必要な工具はセット品としても販売されていますが、必要な工具の中で何種類か持っている方は技能試験の練習に足りない工具だけを買い足せばいいと思います。

 

そこで、単品で工具を購入する場合(バラ売り)のおすすめ品を紹介しますので工具選びの参考にしてみてください。

 

練習に必要な工具を一式揃えられる「工具セット」については、こちらのページを参考にしてみてください。

 

ペンチ

このペンチはホーザンの「P-43-175」で、ホーザンのS-19電気工事士技能試験セット(工具セット)に入っているペンチです。

 

価格もお手頃で、ホーザンの電気工事士技能試験セットに入っているペンチなので間違いはありません。

 

私も持っていますが、使ってみて特に問題はないのでこれで大丈夫ですよ。


 

プラスドライバ

プラスドライバを選ぶときはドライバの先端のサイズに注意してください!

 

技能試験用はNo.2がちょうどいいので、先端サイズがNo.2のものを選びましょう。

 

このプラスドライバはホーザンの「D-332-100」で、ホーザンのS-19電気工事士技能試験セット(工具セット)に入っているペンチです。

 

私も持っていますが、使ってみて特に問題なく、握り(グリップ)もボールグリップなので力が入りやすく扱いやすいです。疲れません。


 

それから、このドライバの先端はマグネットになっていますのでGOOD!です。
プラスドライバはマグネットのものを選んでおいた方がいいですよ。

 

マイナスドライバ

マイナスドライバを選ぶときもドライバの先端のサイズに注意してください!

 

技能試験用は先端の横幅が5.5mmのものがちょうどいいです。この幅よりも広かったり狭かったりすると連用取付枠にコンセントがうまく取り付けられなかったりしますよ。

 

このマイナスドライバはホーザンの「D-655-100」で、ホーザンのS-19電気工事士技能試験セット(工具セット)に入っているペンチです。

 

これも持っていますが、使ってみて特に問題ありません。


 

それから、このドライバのおすすめポイントは先端がマグネットになっていないところです。
プラスドライバとマイナスドライバでは用途が違うので、マイナスドライバは技能試験用としてはマグネットになっていない方がおすすめです。

 

電工ナイフ

電工ナイフのおすすめは、マーベルの電工ナイフ「MEK-70」です。

 

この電工ナイフは折り畳めるのでコンパクトで、見た目がそれっぽくていいです。(見た目はどうでもいいか・・・)

 

ただし、私が持っているMEK-70は開閉が硬いです。すべてのMEK-70がそうなのかは分かりませんが、硬かった場合には開閉時にケガをしないように注意しましょう!


 

ケーブルストリッパ

タイプ@

 

楽天はこちら

 

タイプA

 

楽天はこちら

ケーブルストリッパを大きく分けるとこのタイプ@と次のタイプAに分かれます。どちらがいいかは好みで選んでいいと思います。

 

おすすめのタイプ@のケーブルストリッパはホーザン「P-958」、タイプAのケーブルストリッパはMCC「VSS-1620」です。

 

タイプ@の特徴は、ケーブルの外装と電線被覆を剥くこと以外に、技能試験で必須の輪っか作り(のの字作りとも言います)もできます。それから、電線の切断もできたりする電気工事士試験用の多機能ストリッパです。

 

タイプAの特徴は、ケーブルの外装と電線被覆を剥くことに特化したストリッパで、ガチャンと握り部を握ると被覆をむくことができます。被覆を剥くことを考えれば、このタイプAの方が格段に簡単で早いです。
ちなみに、写真のケーブルストリッパ(MCCのVSS-1620)の場合、第二種電気工事士の候補問題に毎年必ず1問は含まれているEM-EEFケーブル(エコケーブル)の皮むきもできます。

 

どちらも一長一短ありますが、タイプAの方が被覆を剥くのがかなり簡単で早いので、私としてはタイプAのケーブルストリッパをおすすめします。


 

ちなみに、私はMCCのVSS-1620で技能試験を受験しました。ガチャンと剥くのは結構気持ちいいですよ!

 

価格的にはタイプ@(ホーザンのP-958)の方が安いので、価格で選ぶならタイプ@でいいと思いますが。

 

スケール

スケールのおすすめはパオック「NSC-1320」です。

 

このスケールのおすすめポイントは、
・コンパクト
・ロック機能あり
・2m測れる
・安い!
です。

 

第二種電気工事士の技能試験では厳密に長さを測る必要性はないので、1.5〜2mくらいが測れるもので、コンパクト、ロック機能ありのものなら何でもいいと思います。


 

自宅などにスケールがあって、コンパクト、ロック機能あり、2mくらいは測れるのであればそれでもいいと思いますので、もしあれば買う必要はないですよ。

 

ウォータポンププライヤ

このウォータポンププライヤはホーザンの「P-244」で、ホーザンのS-19電気工事士技能試験セット(工具セット)に入っているウォータポンププライヤです。

 

ウォータポンププライヤは締め付けだけに使用するので、締め付けられれば安いものでもいいです。
(このウォータポンププライヤは安いです!)

 

私も持っていますが、使ってみて何も問題はないのでこれで大丈夫ですよ。


 

リングスリーブ用圧着工具

圧着工具を選ぶときは必ずリングスリーブ用(柄が黄色)のものを選びましょう!

 

このリングスリーブ用圧着工具はロブテックスの「HAK17A」です。

 

価格的にも安く、この圧着工具は柄が湾曲していてすご〜く使いやすいです。

 

私は技能試験のときにこの圧着工具を使って練習し、本番ももちろんこの工具を使いましたが、他の圧着工具に比べるとぜんぜん扱いやすくて疲れにくいです。


 

工具をセットで買ったとしても、これだけでも単品で買ってほしいくらいの工具です。
ま、無理に買う必要は全然ないのですけど。

 

 

 

第二種電気工事士の技能試験の練習をするためには、工具の他に材料と参考書も準備しなければなりません。技能試験用の材料セットは第二種電気工事士技能試験の練習用おすすめ材料セット(電線と器具のフルセット)、参考書は第二種電気工事士のおすすめ過去問・参考書のページで紹介していますので参考にしてみてください。

 

なお、練習に必要な工具を一式揃えることができる工具セットについては、こちらのページを参考にしてみてください。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二種電気工事士技能試験用おすすめ単品工具(バラ売り) 関連ページ

揃える工具とポイント
第二種電気工事士技能試験の練習をするためには、練習に使用する材料の他に工具もそろえなけらばなりません。技能試験の練習用にそろえなければならない工具の種類と工具を選ぶときのポイントについてまとめています。
おすすめ工具セット
第二種電気工事士技能試験用おすすめ工具セットの紹介です。技能試験の練習には色々とそろえなければならないものがあります。練習するための材料(電線や器具類)もそうですが、組立作業(施工)をするためには工具ももちろん必要で、おすすめはホーザンの工具セットです。