電線の許容電流(電技解釈第146条)

電線の許容電流 の問題は、第二種電気工事士筆記試験でほぼ毎年(毎回)出題されています。

 

電線の許容電流とは、

 

電線の太さが直径○○mmまたは断面積○○mm2のときに、その電線にどのくらいまで電流を流してもよいか?

 

という値になります。

 

この電線の許容電流の値は「電気設備の技術基準の解釈(電技解釈)」の第146条で決められていて、例えば、直径 $1.6\,\mathrm{mm}$ の太さの電線の場合、この電線に流すことができる電流は $27\,\mathrm{A}$ までと決められています。

 

電線にその電線が耐えられないくらいの大きな電流が流れると電線が燃えてしまったりするので、電線に流してもよい電流の大きさ(限界電流)が決められているんです。

 

第二種電気工事士筆記試験の電線の許容電流の問題を解くためには、このページに掲載している2つの表(表1、表2)をおぼえておけばほとんどの問題を解くことができますので、最低限、表1と表2に記載されている値だけは暗記しておきましょう。

 

表1 絶縁電線の許容電流
単線 直径[$\mathrm{mm}$] 許容電流[$\mathrm{A}$]
$1.6$ $27$
$2.0$ $35$
$2.6$ $48$
$3.2$ $62$
より線 断面積[$\mathrm{mm}^2$] 許容電流[$\mathrm{A}$]
$2$ $27$
$3.5$ $37$
$5.5$ $49$
$8$ $61$

 

表1は、単線より線 に分かれていることに注意しましょう。表の上側が単線の場合で、下側がより線の場合です。

 

「単線」とは電線が1本の電線(導体)で作られている電線のことで、「より線」とは数本の細い電線(素線)をより合わせて1本の電線に作られている電線のことをいいます。

 

ちなみに、第二種電気工事士技能試験で使用されるケーブル(VVFケーブル、VVRケーブルなど)の電線は「単線」です。

 

表1をみると分かるように、例えば直径が $2.0\,\mathrm{mm}$ の単線の場合、この電線に流すことができる電流(許容電流)は $35\,\mathrm{A}$ までとなり、$5.5\,\mathrm{mm}^2$ のより線の場合、この電線に流すことができる電流(許容電流)は $49\,\mathrm{A}$ となります。

 

つづいて、表2は、電流減少係数の値です。

 

表2 電線管などに収めて使用する場合の電流減少係数
同一管内の電線数 電流減少係数
$3$ 本以下 $0.70$
$4$ 本 $0.63$
$5$ 本または $6$本 $0.56$

 

電線を金属管などに通す場合には、「表1の許容電流の値」に「表2の電流減少係数」をかけて7捨8入し、その値を許容電流とします。

 

例えば、金属管の中を直径 $2.0\,\mathrm{mm}$ の単線が $3$ 本通っているとすると、表1の許容電流の値は「$35$」、表2の電流減少係数の値は「$0.7$」なので、2つをかけると、

 

$35\,\mathrm{A}\times 0.7=24.5\,\mathrm{A}$ …@

 

と計算され、@を7捨8入して、許容電流は $24\,\mathrm{A}$ となります。

 

第二種電気工事士の筆記試験の問題では、「表1だけをおぼえておけば解ける問題」が出題されるときもありますが、「表1と表2のどちらもおぼえていなければ解けない問題」が出題されるときもあります。表1と表2はセットでどちらもおぼえておくようにしましょう。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


電線の許容電流(電技解釈第146条) 関連ページ

配線用遮断器の動作時間(電技解釈第33条)
第二種電気工事士筆記試験の「配線設計」分野で出題される配線用遮断器の動作時間についてまとめています。配線用遮断器の動作時間(電技解釈第33条)に関する問題は筆記試験でときどき出題されるのでおぼえておくようにしましょう。特に、配線用遮断器の定格電流が30A以下で定格電流の2倍の電流を通じた場合の動作時間「2分」がよく出題されます。
幹線の太さを決める根拠となる電流の最小値(電技解釈第148条)
第二種電気工事士筆記試験の「配線設計」分野で出題される「幹線の太さを決める根拠となる電流の最小値」の求め方をまとめています。幹線の太さを決める根拠となる電流の最小値(電技解釈第148条)に関する問題は、第二種電気工事士筆記試験でよく出題されていますので求め方をおぼえておきましょう。
分岐回路の開閉器および過電流遮断器の施設(電技解釈第149条)
第二種電気工事士筆記試験で出題される「分岐回路の開閉器および過電流遮断器の施設」についてまとめています。分岐回路の開閉器と過電流遮断器はどの位置(箇所)に施設しなければならないかは、電技解釈第149条で規定されています。第二種電気工事士の筆記試験でも度々出題される範囲ですので、しっかりとおぼえておきましょう。
分岐回路の電線の太さと接続できるコンセント(電技解釈第149条)
第二種電気工事士筆記試験で出題される「分岐回路の電線の太さと接続できるコンセント」についてまとめています。分岐回路を保護する過電流遮断器または配線用遮断器の定格電流、電線の太さにより接続できるコンセントの定格電流が決まります。