このエントリーをはてなブックマークに追加   

誘導電動機の無負荷試験

等価回路

三相誘導電動機の一相分のL形等価回路は次のように表わされます。

 

三相誘導電動機の一相分のL形等価回路

 

      三相誘導電動機のL形等価回路

 

V:電源の線間電圧 [V]
I0:励磁コンダクタンスに流れる電流 [A]
g0:励磁コンダクタンス [S]
b0:励磁サセプタンス [S]
I1:一次負荷電流 [A]
r1:一次抵抗 [Ω]
x1:一次漏れリアクタンス [Ω]
r2':二次抵抗(一次換算値) [Ω]
x2':二次漏れリアクタンス(一次換算値) [Ω]
s:すべり

 

このとき、無負荷試験時は負荷が何もない状態なので誘導電動機はすべりがない状態、つまり、s=0となります。
上図の等価回路の二次抵抗にs=0を代入すると、二次抵抗は等価的に無限大となるので、等価回路の右側には電流が流れません。
したがって、右側の回路は開放されているのと同じことになるので等価回路の励磁回路のみが残り、無負荷試験時の等価回路は次のようになります。

 

無負荷試験時の等価回路

 

     三相誘導電動機の無負荷試験時の等価回路

 

拘束試験時の等価回路とは逆の回路構成になります。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

誘導電動機の無負荷試験 関連ページ

直流電動機の誘導起電力
電気機器分野の「直流電動機の誘導起電力」についてまとめたページです。「直流電動機の誘導起電力」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される重要な項目です。誘導起電力の式の導出方法を理解して、公式をおぼえておきましょう。
直流分巻電動機の等価回路
電気機器分野の「直流分巻電動機の等価回路」についてまとめたページです。「直流分巻電動機の等価回路」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される重要な項目です。等価回路の書き方、出力、トルク、効率などの求め方を理解しておきましょう。
他励直流電動機の等価回路
電気機器分野の「他励直流電動機の等価回路」についてまとめたページです。「他励直流電動機の等価回路」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される重要な項目です。等価回路の書き方、出力、トルク、効率などの求め方を理解しておきましょう。
誘導電動機の同期速度
電気機器の「誘導電動機の同期速度」についてまとめたページです。「誘導電動機の同期速度」は第二種電気工事士試験、第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される重要な項目です。同期速度を与える式をおぼえておきましょう。
誘導電動機のすべり
電気機器の「誘導電動機のすべり」についてまとめたページです。「誘導電動機のすべり」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される重要な項目です。すべりを与える式をおぼえておきましょう。
誘導電動機のトルク
電気機器の「誘導電動機のトルク」についてまとめたページです。「誘導電動機のトルク」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される重要な項目です。トルクを与える式をおぼえておきましょう。
誘導電動機の固定子巻線抵抗
電気機器分野の「誘導電動機の固定子巻線抵抗」についてまとめたページです。「誘導電動機の固定子巻線抵抗」は第二種電気主任技術者試験(電験二種)でも出題される項目です。
誘導電動機のL形等価回路
電気機器分野の「誘導電動機のL形等価回路」についてまとめたページです。「誘導電動機のL形等価回路」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される重要な項目です。L形等価回路の書き方、各損失、出力、効率の求め方を理解しておきましょう。
誘導電動機の拘束試験
電気機器の「誘導電動機の拘束試験」についてまとめたページです。「誘導電動機の拘束試験」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される重要な項目です。拘束試験時の等価回路をおぼえておきましょう。
誘導電動機のスターデルタ(Y-Δ)始動法
電気機器の「誘導電動機のスターデルタ始動法」についてまとめたページです。「誘導電動機のスターデルタ始動法」は第二種電気工事士や第三種電気主任技術者試験(電験三種)の機械科目でも出題される重要で基本的な項目です。
同期電動機の等価回路とベクトル図
電気機器分野の「同期電動機の等価回路」についてまとめたページです。「同期電動機の等価回路」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される重要な項目です。等価回路とベクトル図の書き方をおぼえておきましょう。
三相回路の基準インピーダンス・基準電流の式の導出
電気機器分野の「三相回路の基準インピーダンス・基準電流の式の導出」についてまとめたページです。「三相回路の基準インピーダンス・基準電流の式」は第三種電気主任技術者試験(電験三種)でも出題される重要な項目です。公式を暗記するだけではなく、式の導出方法をおぼえておきましょう。