このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二種電気工事士候補問題の単線図の解説 平成28年度No.13

(平成28年度の候補問題の複線図の書き方はこちらのページを参考にしてみてください。)

 

平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.13の単線図の解説です。

 

平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.13の単線図の解説図

 

※候補問題の単線図には青文字は記載されていません。

 

平成28年度(2016年度)候補問題No.13の単線図は、

 

自動点滅器とメタルラス壁がある単線図 です。

 

自動点滅器を使った候補問題は平成28年度ではこのNo.13だけで、メタルラス壁があるのは、このNo.13とNo.6です。

 

また、自動点滅器から「ロ」の屋外灯(施工省略)までにはVVRケーブル(丸形のケーブル)を使うように指示されていますので、施工(実際の製作)するときは使うケーブルを間違えないようにしましょう。

 

電源

電源は「1φ2W100V」と書かれてあるので、単相2線式100Vの電源になります。

 

単相2線式100Vの電源とは、電線2本で100Vの電気を供給する電源で、住宅などによくあるコンセントの電源と同じです。

 

使うケーブルの指示

単線図中で使うケーブルの種類が指示されているところでは、その指示されている種類のケーブルを使わなければなりません。ケーブルの種類が指示されていないところでは、VVF1.6-2CまたはVVF1.6-3Cのケーブルを使います。

 

候補問題No.13の場合、電源部分に「VVF2.0-2C」、「ロ」の屋外灯が接続されるところに「VVR1.6-2C」を使うように指示されています。

 

VVF2.0-2Cとは、
VVF:VVFケーブル(ケーブルの断面が平らなケーブル)
2.0:電線の芯線の直径が2.0mm
2C:ケーブルの芯数が2(ケーブル1本の中に電線が2本入っている)

 

VVR1.6-2Cとは、
VVR:VVRケーブル(ケーブルの断面が丸いケーブル)
1.6:電線の芯線の直径が1.6mm
2C:ケーブルの芯数が2(ケーブル1本の中に電線が2本入っている)

 

という意味です。

 

VVRケーブルを使う候補問題は少なく、平成28年度の場合はNo.8とNo.13だけになります。(No.8は芯線の直径が2.0mm)

 

ちなみに、VVRケーブルはケーブルストリッパ(ケーブルの外装を剥くための工具)で外装を剥くことができないので、ナイフを使って外装を剥くことになります。慣れないとちょっと難しいので、本番までにナイフでVVRケーブルの外装を剥く練習をしておかなければなりません。

 

 


スポンサーリンク




 

 

自動点滅器

「黒丸にA」と書かれてあるのは「自動点滅器」です。

 

この自動点滅器の横に「ロ」と書かれてあるので、「ロ」の自動点滅器がONすると「ロ」の屋外灯(施工省略)がONします。
自動点滅器とは、明るくなると自動でOFFして、暗くなると自動でONするスイッチです。街路灯や屋外灯などでよく使われています。「A」は「Auto(自動)」の「A」で、(3A)は電流の容量を表わします。

 

メタルラス壁

右側のVVF用ジョイントボックスと自動点滅器の間にあるのがメタルラス壁です。

 

建物の壁に穴をあけると金網のようなものがある場合があり、それがメタルラスです。メタルラス壁にケーブルをそのまま貫通させようとするとケーブルに傷がつくので、ケーブルに傷がつかないように防護管を使ってケーブルを保護します。

 

この候補問題No.13の場合、単線図にメタルラス壁が書かれてあるので、防護管の施工もする必要があります。第二種電気工事士の技能試験では、防護管にVE管(合成樹脂管)が使われます。

 

スイッチ(タンブラスイッチ)

「イ」のスイッチ(黒丸)をON/OFFすると、「イ」のランプレセプタクルがON/OFFします。

 

VVF用ジョイントボックス

単線図に「丸に斜め線3本」で書かれてあるのはVVF用ジョイントボックスで、VVF用ジョイントボックスがあるところで電線を接続します。

 

候補問題No.13の場合はVVF用ジョイントボックスが2つあるので、その2箇所で電線が接続されることになります。

 

施工省略(一点鎖線)

一点鎖線で囲まれたところは施工省略、つまり、「作らなくていいですよ」という意味になります。

 

この候補問題の場合、施工省略箇所は「右下の「ロ」の屋外灯のところ」になりますが、屋外灯のところを施工するときは器具を取り付ける必要がないので、自動点滅器からケーブルが出るだけになります。

 

 

 

複線図の書き方については平成28年度候補問題No.13の複線図の書き方のページを参考にしてみてください。

 

単線図で使われている図記号などの意味はこちらのページにまとめていますので、単線図の図記号をまだおぼえていない方は参考にしてみてください。

 

本ページに掲載の単線図は、(一財)電気技術者試験センターから公表された第二種電気工事士技能試験の候補問題の単線図です。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二種電気工事士候補問題の単線図の解説 平成28年度No.13 関連ページ

第二種電気工事士候補問題の単線図の解説 平成28年度No.1
平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.1の単線図について解説しています。平成28年度の候補問題No.1は、スイッチが3つある単線図です。(1つは位置表示灯内蔵スイッチ)
第二種電気工事士候補問題の単線図の解説 平成28年度No.2
平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.2の単線図について解説しています。平成28年度の候補問題No.2は、常時点灯の確認表示灯(パイロットランプ)と2口コンセントがある単線図です。
第二種電気工事士候補問題の単線図の解説 平成28年度No.3
平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.3の単線図について解説しています。平成28年度の候補問題No.3は、タイムスイッチがある単線図です。
第二種電気工事士候補問題の単線図の解説 平成28年度No.4
平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.4の単線図について解説しています。平成28年度の候補問題No.4は、配線用遮断器、漏電遮断器(過負荷保護付)、三相200V電動機、電源表示灯がある単線図です。
第二種電気工事士候補問題の単線図の解説 平成28年度No.5
平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.5の単線図について解説しています。平成28年度の候補問題No.5は配線用遮断器、漏電遮断器(過負荷保護付)、接地端子、接地極付コンセント(20A250V)がある単線図です。
第二種電気工事士候補問題の単線図の解説 平成28年度No.6
平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.6の単線図について解説しています。平成28年度の候補問題No.6は3路スイッチ、露出形コンセント、メタルラス壁がある単線図です。
第二種電気工事士候補問題の単線図の解説 平成28年度No.7
平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.7の単線図について解説しています。平成28年度の候補問題No.7は3路スイッチと4路スイッチを使った単線図です。
第二種電気工事士候補問題の単線図の解説 平成28年度No.8
平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.8の単線図について解説しています。平成28年度の候補問題No.8は、リモコンリレーの単線図です。
第二種電気工事士候補問題の単線図の解説 平成28年度No.9
平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.9の単線図について解説しています。平成28年度の候補問題No.9は、接地極付接地端子付コンセント(EETコンセント)を使った単線図です。
第二種電気工事士候補問題の単線図の解説 平成28年度No.10
平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.10の単線図について解説しています。平成28年度の候補問題No.10は配線用遮断器、同時点滅の確認表示灯(パイロットランプ)がある単線図です。
第二種電気工事士候補問題の単線図の解説 平成28年度No.11
平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.11の単線図について解説しています。平成28年度の候補問題No.11は、ねじなし電線管(E19)を使った単線図です。
第二種電気工事士候補問題の単線図の解説 平成28年度No.12
平成28年度(2016年度)第二種電気工事士技能試験の候補問題No.12の単線図について解説しています。平成28年度の候補問題No.12は合成樹脂製可とう電線管(PF管)を使った単線図です。