このエントリーをはてなブックマークに追加  

平成26年度(2014年度)の電気工事士試験日程

こちらのページは平成26年度(2014年度)の試験日程です。平成25年度(2013年度)の試験日程についてはこちらのページで確認してください。

 

第二種電気工事士

平成26年度(2014年度)の第二種電気工事士試験の日程は次のようになっています。

 

第二種電気工事士の試験は平成23年度から試験制度が変わり、上期試験と下期試験の年2回実施されるようになりましたが、

 

受験できるのは上期試験または下期試験のどちらかだけ

 

ですので、注意してください。

 

項目

上期試験

下期試験

受験申込受付期間(※1)

(上期試験、下期試験共通)

・払込取扱票(ゆうちょ銀行扱い)による申込み
    ・・・2014.3.10(月)〜2014.4.7(月)
・インターネットによる申込み
    ・・・2014.3.10(月)午前10:00〜
              2014.4.7(月)午後5:00

筆記試験受験票発送

2014.5.19(月) 2014.9.19(金)

筆記試験実施日

2014.6.1(日) 2014.10.4(土)

筆記試験結果発表

2014.6.30(月) 2014.11.5(水)

筆記試験結果通知書及び

技能試験受験票発送(※2)

2014.7.2(水) 2014.11.7(金)

技能試験実施日(※3)

上期技能-1
  ・・・2014.7.26(土)
上期技能-2
  ・・・2014.7.27(日)

2014.12.6(土)

技能試験結果発表

2014.9.5(金) 2015.1.15(木)

技能試験結果通知書発送

2014.9.9(火) 2015.1.16(金)

平成26年度第二種電気工事士試験日程

 

(※1)について

受験申込受付期間は

 

上期試験と下期試験で同じ期間

 

ですので、下期試験で受験予定の方は特に気を付けてください。

 

下期試験の筆記試験が実施されるのは2014年10月ですが、申込み期間は上期試験と同じですので、試験はまだまだ先と思っていると申込みを忘れてしまいます。

 

受験の申込みを忘れてしまうと次の年まで一年待たなくてはならなくなりますので、

 

下期試験で受験をする方は申込受付期間に要注意!

 

です。

 

筆記試験免除申請をする方も受験申込受付期間は同じです。

 

(※2)について

筆記試験合格者には試験結果通知書と一緒に技能試験受験票が送付されてきます。

 

筆記試験に合格しなければ技能試験を受けることができませんので、技能試験受験票が同封されていることを祈りましょう!

 

早く筆記試験の合否を知りたい方は、筆記試験結果発表日以降(一財)電気技術者試験センターのホームページで確認することができます。

 

(※3)について

上期試験の技能試験受験者は2014.7.26(土)または2014.7.27(日)のどちらか受験票で指定された受験日に受験します。

 

上期試験で技能試験を受験する方は受験日を間違わないように!

 

してください。

 

(※4)

最新の情報については(一財)電気技術者試験センターのホームページで確認してください。

 

第二種電気工事士全般については第二種電気工事士(総合)、筆記試験対策については第二種電気工事士(筆記試験対策)、技能試験対策については第二種電気工事士(技能試験対策)の各ページを参考にしてみてください。

 

第一種電気工事士

平成26年度(2014年度)の第一種電気工事士試験の日程は次のようになっています。

項目

日程

受験申込受付期間

・払込取扱票(ゆうちょ銀行扱い)による申込み
    ・・・2014.6.30(月)〜2014.7.18(金)
・インターネットによる申込み
    ・・・2014.6.30(月)午前10:00〜
              2014.7.25(金)午後5:00

筆記試験受験票発送

2014.9.19(金)

筆記試験実施日

2014.10.5(日)

筆記試験結果発表

2014.11.7(金)

筆記試験結果通知書及び

技能試験受験票発送

2014.11.10(月)

技能試験実施日

2014.12.7(日)

技能試験結果発表

2015.1.14(水)

技能試験結果通知書発送

2015.1.16(金)

平成26年度第一種電気工事士試験日程

 

※最新の情報については(一財)電気技術者試験センターのホームページで確認してください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】



平成26年度(2014年度)の電気工事士試験日程 関連ページ

電気工事士とは?
電気工事士の資格と電気工事士として従事できる範囲について説明しています。電気工事をすることができるのは「電気工事士」という国家資格を持っている人だけで、資格を持っていない人は電気工事をすることができません。
平成25年度試験日程
第一種および第二種電気工事士の平成25年度の試験日程について説明しています。
試験の概要
第二種電気工事士の試験の概要(内容)について説明してます。試験には筆記試験と技能試験があり、筆記試験に合格すると技能試験を受けることができ、筆記試験と技能試験の両方に合格すると電気工事士の免状を取得することができます。
受験者数と合格率推移
第二種電気工事士の受験申込者数の推移と、筆記試験、技能試験の合格率についてまとめてみました。受験者数は近年増加傾向で約13万人、筆記試験の合格率は60%くらい、技能試験の合格率は70%くらいになっています。
試験地に注意!
第二種電気工事士の試験地について、上期試験で受験する場合にはほぼ全国どこの県でも受験できますが、下期試験で受験する場合には試験地が限られます。下期試験で受験を考えている方は試験地(試験会場)を事前に確認しておきましょう。要注意です!