このエントリーをはてなブックマークに追加   

電気でよく使われるギリシャ文字

電気の勉強をしているとギリシャ文字が度々でてきます。

 

このギリシャ文字は、電気に関する量を表わしたり、単位の補助記号として使われます。(単位の補助記号とは、すごく大きい値 $10^6$ とか、すごく小さい値 $10^{-6}$ を表わすのに使われる記号です。)

 

第二種電気工事士筆記試験の試験問題などでよくみるのは、例えば、

 

抵抗の抵抗率を表わす「$\rho$」(ローと読む)や

 

コンデンサの単位の補助記号としても使われる「$\mu$」(マイクロと読む)

 

などです。

 

ここでは代表的なものについて次の表にまとめておきます。

 

ギリシャ文字 読み方 用途・意味
$\delta$ デルタ 位相角、角度
$\varepsilon$ イプシロン 誘電率
$\eta$ イータ 効率
$\theta$ シータ 位相角、角度
$\lambda$ ラムダ 波長
$\mu$ マイクロ(ミュー) 単位の補助記号で $10^{-6}$
$\nu$ ニュー 振動数
$\pi$ パイ 円周率($=3.14\ldots$)
$\rho$ ロー 抵抗率
$\sigma$ シグマ 導電率
$\phi$ または $\varphi$ ファイ 位相角、角度
$\omega$ オメガ 角周波数、角速度

 

これらの中で第二種電気工事士の筆記試験では、

 

$\theta$、$\mu$、$\pi$、$\rho$、$\phi$、$\omega$

 

がよく使われているので、少なくてもこの6個だけはおぼえておくようにしましょう。

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

電気でよく使われるギリシャ文字 関連ページ

電圧・電流・抵抗
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の問題を解くためにおぼえておかなければならない「電圧・電流・抵抗」についてまとめています。「電圧・電流・抵抗」は電気の計算をするために一番初めに理解しておかなくてはならないとても重要な項目なので、しっかりと勉強しておきましょう。
オームの法則
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の計算問題を解くときに使う「オームの法則」についてまとめています。「オームの法則」は電気の計算をするときの一番基本的な法則になりますので、しっかり勉強しておきましょう。
電線の抵抗
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の分野で出題される「電線の抵抗」についてまとめています。「電線の抵抗」は第二種電気工事士の筆記試験でよく出題される重要な項目ですので、しっかり勉強しておきましょう。
直列接続と並列接続
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の計算問題を解くためにおぼえておかなけらばならない「直列接続と並列接続」についてまとめています。「直列接続と並列接続」は電気回路の基本になる接続方法です。
合成抵抗
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の分野で出題される「合成抵抗」についてまとめています。第二種電気工事士の筆記試験では、「合成抵抗」を求める問題がよく出題されています。
キルヒホッフの法則
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の計算問題を解くときに使う「キルヒホッフの法則」についてまとめています。「キルヒホッフの法則」は電気の計算をするときの重要な法則になりますので、しっかり勉強しておきましょう。
直流回路と交流回路
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の計算問題を解くためにおぼえておかなければならない「直流回路と交流回路」についてまとめています。交流回路の最大値と実効値の関係はとても重要で、筆記試験でもたまに出題されています。
直流回路の計算(基本)
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の計算問題を解くためにおぼえておかなければならない「直流回路の計算(基本)」についてまとめています。まずは簡単な直流回路の計算をできるようになりましょう。
直流回路の計算(分圧と分流)
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の計算問題を解くためにおぼえておかなけらばならない「分圧」と「分流」についてまとめています。「分圧」と「分流」は電気回路の計算をするときの考え方の基本になります。
電力・電力量・発熱量
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の計算問題を解くためにおぼえておかなければならない「電力・電力量・発熱量」についてまとめています。「電力・電力量・発熱量」の式の違いをおぼえましょう。
正弦波交流波形
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の計算問題を解くときにおぼえておかなければならない「正弦波交流波形」についてまとめています。「正弦波交流」の最大値または実効値を求める問題は試験でも度々出題されていますので、最大値と実効値の関係式は必ずおぼえておきましょう。
交流回路の位相
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の問題を解くときにおぼえておかなければならない「交流回路の位相」についてまとめています。「位相」は交流回路の計算をするときにとても重要な考え方です。遅れ位相、進み位相はどのようなものか理解しておきましょう。
交流回路のリアクタンス
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の問題を解くときにおぼえておかなければならない「交流回路のリアクタンス」についてまとめています。コイルのリアクタンス(誘導性リアクタンス)とコンデンサのリアクタンス(容量性リアクタンス)の違いをおぼえておきましょう。
交流回路のインピーダンス
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」の問題を解くときにおぼえておかなければならない「交流回路のインピーダンス」についてまとめています。インピーダンスというとちょっとむずかしそうですが、おぼえると簡単です。
電気でよく使われる単位
第二種電気工事士筆記試験の「電気理論」分野で出題される「電気でよく使われる単位」についてまとめています。「単位」は電気を勉強するときの基本中の基本になりますので、しっかりおぼえておきましょう。