このエントリーをはてなブックマークに追加   

電験三種のおすすめ通信教育

電験三種(第三種電気主任技術者試験)でおすすめの通信教育の紹介です。

 

電験三種を受験する方、または、受験している方は一人独学で勉強している人が多いと思いますが・・・

 

勉強ノート

 

電験三種には科目合格制度があって、三年のうちに「理論」「電力」「機械」「法規」の四科目に合格すれば電気主任技術者の免状がもらえます。

 

この科目合格制度があるため、受験する方の中には、

 

受験を続けていれば(勉強しなくても)そのうち合格できる!

 

と考えている人も多いように感じます。

 

でも、現実はどうでしょうか?

 

受験したことがある人であれば実感していると思いますが、

 

そんな簡単には合格しません! よね?

 

なかなか合格するのが難しいから電験を持っていると電気業界では重宝されたり、会社で優遇されたり、名刺に書いていると「おっ、電験持ってるんですか?」と言われたりするわけです。

 

もちろん、大学などで電気を専門に勉強した人などは一発合格したりする人もたまにいます。

 

ですが、電験三種を受験したことがある人であれば、

 

そんな簡単にはいきません!

 

と思いますよね?

 

科目合格のよくあるパターンで、一年目は一科目合格、二年目も一科目合格、三年目に残りの二科目に合格できずに、次の年は一年目の科目が復活・・・

 

こんな感じで電験三種の受験スパイラル「電験スパイラル」に陥っていないでしょうか?

 

私の周りにはいっぱいいますが、あなたはどうでしょうか?

 

もし、電験スパイラルにはまってしまっているのであれば、それを抜け出すために、まずは原因を考えてみた方がいいと思います。

 

原因は色々あると思いますが、例えば、

 

そもそも、
・毎年、なんとなく記念受験みたいに受験しているだけ
・会社などから受験するように言われているから受験しているだけ
というただの受け身、

 

合格したい気持ちがあって、
・勉強も一年かけてしっかりやっている
・参考書もそろえて、じっくり時間をかけて勉強している
・週末だって図書館などに行って勉強している
という頑張っているのに、なかなか合格できない。

 

大きく分けるとこのように二者に分かれているのではないでしょうか。

 

それで、「受け身の人」は合格するのは難しいと思いますが、「頑張っているけど合格できない人」は勉強方法を変えてみてはいかがでしょうか?

 

電験三種の試験勉強は基本的に、参考書と過去問をそろえて、参考書を見ながら過去問を解いていったり、過去問を解いていって分からないところを参考書で調べたり、とすると思いますが、

 

毎年、同じ参考書と過去問を使用して、同じような勉強方法をしていませんか?

 

それで、 分からないところは分からないままにしていませんか?

 

毎年受験を続けて「電験スパイラル」になっている方の多くは、これが原因のように思えます。

 

そこで、違う参考書、違う勉強方法をする方法として、通信教育の受講を考えてみてはいかがでしょうか?

 

もし通信教育を受講してみようかな? と考えているのであれば、

 

おすすめの通信教育は翔泳社アカデミーの「電験3種合格特別養成講座」 です。

 

通信教育の最大手といえば、みなさんご存知のユーキャンですが、

 

「電験三種を 独学 で受験する方」

 

に向いている通信教育という面では、ユーキャンよりも翔泳社アカデミーの「電験3種合格特別養成講座」の方が良いと思います。
(ユーキャンが悪い通信教育という意味ではなく、「独学」であれば教材内容・ボリュームやサポートなどの面から翔泳社アカデミーをおすすめするという意味です。)

 

翔泳社アカデミーの電験3種合格特別養成講座

 

翔泳社アカデミーの通信教育講座「電験3種合格特別養成講座」をおすすめする理由は、

 

おすすめポイント1.
ポイントを絞り込んだ専用テキストで効率的な学習ができる!

電験三種の科目には「理論」「電力」「機械」「法規」と4科目あり、それぞれの範囲も広いです。

 

じっくりと時間をかけて勉強するだけの余裕がある方はユーキャン(テキストが多い)でもいいかもしれませんが、学生は学生で色々やることがあり、社会人の方は平日の日中は仕事をしなければなりません。すると、必然的に勉強時間が限られてしまいます。

 

翔泳社アカデミーの通信教育「電験3種合格特別養成講座」には二つのコース「DVDフルサポートコース」と「DVDコース」があって、それぞれのコースで使用されるメインテキストは、

 

DVDフルサポートコース
理論、電力、機械、法規、電験3種の数学、法規別冊の全6冊

 

DVDコース
理論、電力、機械、法規の全4冊

 

となります。他の通信教育と比較するとテキストの冊数が少ないように感じるかもしれませんが、それだけポイントを絞り込んで専用テキストを作成しているということですね。

 

翔泳社アカデミーの通信教育で使用されるメインテキスト

 

それから、翔泳社アカデミーでは「数学」も一つの科目として考えて教材を構成していますので、数学が苦手な方にもおすすめできる教材の内容になっています。

 

効率的に電験三種合格を目指したい方におすすめです!

 

※数学のテキストが付属するのはDVDフルサポートコースのみとなります。

 

おすすめポイント2.
ベテラン専任講師による質の高いライブ講義DVDで学習できる!

教材にベテラン専任講師によるライブ講義DVDが入っているので、DVDを見て学習することができます。

 

翔泳社アカデミーの通信教育を独学の方におすすめする理由の一つが、この

 

ライブ講義DVDの充実度

 

で、それぞれのコースによりDVDの収録時間は、

 

DVDフルサポートコース
理論6枚(約120分×6)、電力6枚(約120分×6)、機械6枚(約120分×6)、法規3枚(約120分×3)、数学3枚(約120分×3)

 

DVDコース
理論3枚(約120分×3)、電力6枚(約120分×6)、機械6枚(約120分×6)、法規3枚(約120分×3)

 

となっています。DVDフルサポートコースの専用DVDは合計24枚(48時間!)、DVDコースの専用DVDは合計18枚(36時間!)ですので、DVDの内容が充実しているのが分かると思います。

 

普通に自分一人で独学で試験勉強を進める場合、試験対策用のテキストや参考書を購入して、一生懸命そのテキスト・参考書を読んで勉強を進めていくと思います。

 

ですが、「本」を相手に一人独学で勉強をしていると相手が「本」なので勉強に飽きやすかったり、字を読んでいるだけで眠くなってしまったりして、結局、あまり勉強が進まないまま本番の試験を迎えてしまうことがあるかと思います。

 

翔泳社アカデミーの通信教育の教材であれば、自宅でDVDを見ながら学習することができるので、あたかも学校で授業を受けている感覚で学習でき「本対人」ではなく「人対人」に近いスタイルをとることができます。
なので、最後まで一通りやり通すことができ、勉強が進まないまま本番の試験を迎えてしまうことが少なくなると思います。(何でもそうですが、まずは一通りやってみるのが大事だと思います。)

 

また、DVDなので、分からないところは何度でも見直すことができる ので、不得意箇所の繰り返し学習も容易にすることもできますよね?

 

おすすめポイント3.
独学にうれしい12か月間回数無制限の電話サポート!

独学で勉強していると、

 

「分からないところは後回しにしてしまい、結局は分からないままで本番になってしまった」

 

なんてことは、よくあることですよね?

 

翔泳社アカデミーの通信教育であれば、独学で受験する方の強い味方になる

 

12か月間の回数無制限電話サポート があります!

 

電話サポートはもちろんフリーダイヤル(携帯可)ですので、電話料金を気にせずに安心してサポートしてもらうことができます。また、従来のようなメール・FAXのサポートもあり、こちらは24か月のサポートになります。

 

分からないところを電話で聞くことができれば、分からないまま本番に突入!ということを無くすことができますね。

 

ちなみに、電話でサポートしてくれるスタッフは電験三種を取得している方なので、その点も安心できます。

 

※12か月間の回数無制限電話サポート、および24か月のメール・FAXのサポートはDVDフルサポートコースだけになります。DVDコースの場合はメール・FAXによる12か月間のサポートのみになります。

 

おすすめポイント4.
直前対策講習と直前対策問題集で最後の総仕上げ!

試験本番前の7月には、直前対策集中講義がインターネットで配信され、また、直前対策問題集も自宅に届きますので、最後の総仕上げをすることができます。

 

こちらも90分×8回分とかなり充実しています!

 

※DVDフルサポートコースのみとなります。

 

おすすめポイント5.
受講生15,000人の実績!

翔泳社アカデミーは電気関連教育で 15,000人以上の実績 があります。実績のある通信教育は安心ですね!

 

他にもおすすめポイントがありますが、

 

独学で受験する方には特におすすめの通信教育です!

 

これなら、勉強方法を変えることができ、

 

分からないところが分からないままになりません よね?

 

もし翔泳社アカデミーの通信教育に興味があれば、資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか?

 

通信教育の詳しい資料は無料で取り寄せることができますので、とりあえず資料を眺めてみてもいいかもしれません。

 

それから、資料を取り寄せるとサンプルDVDももらえます。このDVDを私も見てみましたが、電気主任技術者とは?というところから始まって、通信教育の教材の詳しい内容からライブ講義DVDの内容まで確認することができます。

 

翔泳社アカデミーの通信教育を受講しようかどうしようか迷っている方は、まずはサンプルDVDを見てみてから決めてもいいかと思いますよ。

 

↓ 翔泳社アカデミーの資料のお取り寄せ・通信教育の詳細はこちら ↓

 

翔泳社アカデミーの他に、通信教育大手のユーキャンやヒューマンアカデミー(たのまな)、技術講座専門のJTEX(ジェイテックス)にも電験三種の通信教育・講座がありますので、資料を取り寄せて比較してみてもいいかもしれません。資料請求はもちろん無料でできます。

 

ユーキャンの通信教育の内容についてはこちら、ヒューマンアカデミー(たのまな)の通信教育の内容についてはこちら、JTEX(ジェイテックス)の通信教育の内容についてはこちらを参考にしてみてください。

 

代表的な通信教育会社の資料を並べてみると、通信教育の内容やサポート体制の違い、電験三種の通信教育の相場も比較できます。どの通信教育会社も資料の取り寄せは無料でできますので、まとめて取り寄せてしまってもいいと思います。

 

資料を眺めてみるだけでも試験に向けて役に立つ情報が入ったりすることもありますよ!

 

※通信教育の内容については変更になる場合もあるかもしれませんので、必ず、取り寄せた資料やホームページで最新の内容を確認するようにお願いします。

 

 

 

翔泳社アカデミーの電験三種の通信教育はこんな感じ
JTEX(ジェイテックス)の電験三種の通信教育はこんな感じ
ユーキャンの電験三種の通信教育はこんな感じ
ヒューマンアカデミーたのまなの電験三種の通信教育はこんな感じ
迷ったときはランキングを参考にしてみましょう ⇒ 電験三種のおすすめ通信教育・通信講座ランキング!

スポンサーリンク




 


 おすすめ記事



 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

電験三種のおすすめ通信教育 関連ページ

電験三種のおすすめ通信教育・通信講座ランキング!
電験三種(第三種電気主任技術者試験)を受験する方におすすめの通信教育をランキング形式で紹介しています。電験三種の通信教育・講座にも色々あるので迷うと思いますが、電験三種の通信教育をランキングしてみましたので参考にしてみてはいかがでしょうか?
翔泳社アカデミーの電験三種通信教育の内容
電験三種(第三種電気主任技術者試験)の通信教育「翔泳社アカデミーの電験3種合格特別養成講座」の内容について紹介しています。こちらの通信教育は教材(ライブ講義DVD)・サポートの充実度が特徴で、コースによっては電話による直接サポートも受けることができます。
JTEX(ジェイテックス)の電験三種通信教育の内容
電験三種(第三種電気主任技術者試験)の通信教育「JTEXの電験三種受験講座」の内容について紹介しています。こちらの通信教育は、他と比べて受講料がかなり安い!のが特徴です。技能・技術系専門の通信教育講座を開講して42年以上の実績があり、受講者数も200万人を突破しています。
ユーキャンの電験三種通信教育の内容
電験三種(第三種電気主任技術者試験)の通信教育「ユーキャンの電験三種合格指導講座」の内容について紹介しています。こちらの通信教育は、業界最大手の一つのユーキャンだけあって内容と受講料ともにバランスがとれています。スマホを有効活用できるユーキャン受講生限定のWEB学習サービス「学びオンラインプラス」も利用できますよ。
ヒューマンアカデミー「たのまな」の電験三種通信教育の内容
電験三種(第三種電気主任技術者試験)の通信教育「ヒューマンアカデミーたのまなの電験三種DVD通信講座」の内容について紹介しています。こちらの通信教育は、電験三種の通信教育の中でも特に動画解説DVDが充実しています。